GT5Pプレイ記&感想

    72



まさか昨晩届いているとは思いもしませんでしたので、予定が大幅に狂いました(笑)。サッカー見てからと思ってましたが、気になって仕方が無いのでプレイ開始(笑)。嫁も子供も完全放置状態ですorz
インストールは5分位?は掛かっていたみたいですが、それ程時間が掛かった印象はありませんでした。まあ最初だけなので10分でも15分でも待てますけどね(笑)。インストール直後には「PS3本体の時間が合っていません」とか出るのですが、意味不明なので放置・・。まずオープニングですが、今回は体験版と違ってしっかり入っていました。フルHD画質の凄まじいクオリティのムービーに見とれてしまいます。音楽がMoon over the Castleじゃなかったのが残念でしたが・・。これはGT5本編に取っておくのかな?。
最初レースを始めるために車を買わなければいけませんが、350万cr所有で何が買えるか色々見ましたが、エボとかインプとか350万を微妙に超えてるんですよね(笑)。結局軽自動車かインテグラTypeRしか選択肢が無さそうでしたのでインテRを購入します。そうするとメイン画面上に実写と言われても気が付かないのでは?と思えるようなクオリティの背景画をバックに現在乗っている車が表示されます。この画面だけ眺めていても飽きないような雰囲気です(笑)。では早速イベントモードへ。




イベントはクラスがC→B→Aに進むようになっており、1クラスに7~8個のイベントがあります。まずCクラスを制覇すればBクラスに進むことが出来るようです。イベントは車種無制限のものから車種指定イベントといった過去GTではお馴染みのモードに加え、制限時間内(10分)に他車を避けながら規定タイムをクリアする、といった新しいものまであります。またカーディーラーにはその車ワンメイク?の個別イベントも用意されていましたので、こなすレースはそこそこあるようです。
早速走り始めましたが、Cクラスは殆ど一発でゴールドを取れてしまいます。しかし1つだけスイフト?で鈴鹿東コースを1分2秒以内(ゴールドタイム)で走るというのがありましたが、普通に走ると1分4秒とかで全然届きません・・。他車が10台以上走っている走行会のような状況なので、これはスリップを使わないと無理っぽいなと色々やってみてアタックするも2秒5;;。どうしても1秒台突入は厳しそう・・。そこでモードをスタンダードモードに変えてみたところ、一発でクリアしてしまいました(笑)。プロモードでクリアするのは結構難しそうです;;。プロモードでクリアするには、他車の位置関係とスリップをどう効かせるか、がポイントでしょう。

1位通過なら賞金が満額もらえるので、それで増えたお金で車種指定イベント用のクルマを買って、また参戦するという感じでしょうか。上手く金額設定されているので、スムーズに進みましたが、Bクラス最後にアウディR8(1600万cr)を購入しないといけないので、どこかでお金を貯めなければいけません。それに最適だったのがお馴染みアイガーでした(笑)。ここはエボIX指定なのですが、エボ+アイガーって凄い懐かしい組み合わせですよね(笑)。ゴールドタイムは1分15秒以内なのですが、スタンダードモードなら12秒台突入しますので、1分ちょいで一気に100万cr強獲得です(笑)。これを何度も繰り返してガンガン稼ぎました。 このコース、GTHDよりもコース幅が広くなっていて、雰囲気的に路面改修したような感じに作られています。ここでカネを稼ぎアウディR8を購入し、Bクラス全制覇してAクラスへ。そこで2~3イベントこなして体力の限界からプレイ終了(笑)。噂ではAクラス制覇でSクラスなるものが出現するそうですが、今晩中に何とかそこまで辿り着きたいところです。コース的にはアイガーも楽しかったですが、ロンドン市街地コースも綺麗で走って楽しいコースですし、デイトナオーバルが予想以上に楽しかったです。

-------------------------------------------------------

さて感想ですが、操作感はGT5P体験版とは別物のように感じました。正確には微調整といいますかマイナーチェンジっぽい印象なのですが、明らかに良い進化を遂げています。個人的にはかなり良い感じになったのではないでしょうか。ホント嬉しい誤算です(笑)。
鈴鹿+R35GT-R+プロモードで走った体験版では、1コーナー進入のブレーキング開始から全然止まらない印象でしたし、直進しながらのブレーキにも関わらず物凄いスキール音でまるでロックしているかのようでした。それはステアリングを切り始めてからも変わらずなので、ブレーキング開始からコーナリング中までのタイヤのグリップ感がFFBからは勿論、音でも全く分からなかったのですが、GT5Pでは初期ブレーキングであの悲鳴にも似たスキール音は完全に無くなり(正確には僅かになっていますが)、ターンインを始めたポイントから音でしっかり分かります。スキール音もそのものも以前より大分良くなっていますし、壁に当たったときの音も変わっている感じです。エンジン音に関しては変わっていないように思いますが、音に関して少し改善してきているのは良い方向だと思います。
またタイヤグリップも若干向上した感じで、縦横のタイヤグリップが大分バランスよくなったと感じました。なので、鈴鹿1コーナーでもアウト側へ吹っ飛んでいくといった事が少なくなり、レイトブレーキングでも何とか踏みとどまれるようなコントロール性になったと感じました。以前私が言っていた、GTFPから伝わるタイヤインフォメーションは相変わらず殆ど感じられませんが、スキール音を鳴らすポイントの変更とタイヤの縦横グリップ値のバランス修正(と思われる)で、これだけでも大分コントロールが分かりやすくなったと思います。

デイトナの高速オーバルでアウディR8を走らせた時も、敵車と接触した時とか壁にコツンと当たった時とかにリアからスライドし始めてコントロール不能に陥る辺りもリアルでしたし、高速域でのスライド発生直前付近のシビアな挙動・操作感は、肩に力が入ってしまうくらいのレベルになっていると感じました。これらは体験版のような面白くない難しい挙動ではなく、楽しいと思える難しい挙動なんですね(笑)。言葉で表現するのが難しいのですが・・。

あと良いと思ったのは、コースオフした後にグラベル上やサンドトラップ上で速度が出せなくなった事です。GTR2とかでもサンドトラップに入ると脱出に凄い時間が掛かりますが、これを再現しています。これで勢いよくコース復帰してしまった際の後続との事故も起こりにくくなるでしょうし、コースオフしたら代償は大きいよ!と感じさせようとする点では良いことだと思います。
またペナルティモードも、コースオフペナルティ・壁走りペナルティ(名前もこのままでした(笑))・衝突ペナルティ・幅寄ペナルティなどがあり、これらのペナルティ発動基準点を4段階で設定できるようです。なので対戦時には設定変更で色々なペナモードが作れるでしょうし、GT4オンラインで問題だった、コーナー立ち上がり地点で縁石をはみ出して微妙に4輪コースオフした際の急激な減速による後続との玉突き事故が起こらないような工夫もされています。
具体的には、ペナルティ発動時の減速はGT4オンラインのような急激なものではなく、アクセルオフした時のような感じといいますか、緩やかに下がっていきアクセル無効という感じです。またペナルティ中は当たり判定が無くなっているようで、後続のクルマは私をすり抜けていってました(笑)。始めバグかと思いましたが、リプレイ確認すると自車は点滅状態になっていたので、恐らく意図的に当たり判定を無くしているのだと思います。
これらを考えると、オンライン対戦時にペナルティ発動による2次的な事故発生は避けられるはずですし、コースオフした際の復帰まで掛かる時間など、対戦をかなり考えたシステムになっていると思います。コース外で滑ると、スケートのように滑りまくって全然止まらないのはちょっとやりすぎかなとも思いましたが(笑)。

-------------------------------------------------------

しかし、体験版からここまで良くなっているとは思いもしませんでした・・。体験版からプロローグ発売まで2ヶ月でしたから、挙動面で変更は殆ど無いと思っていましたので意外でした。これまで色んな声がポリフォニーさんに届いていたのだと思いますし、各種ネット上の声も見られていたことかと思いますが、体験版からの進化の方向性はまさにビンゴだったと思います(笑)。勿論細かい点を言えば色々ありますし、全ての車種・駆動方式の車に乗った訳ではないのですが、全体像で言えば現時点でかなり良い感じに仕上がっているのではないでしょうか。こう考えると、体験版を出した事のメリットって凄く大きいように思えますね。体験版があってこその今回の挙動変更だと思いますので。リアスライド量は少ないですが、正直GTHDにそれなりに近い挙動になったんじゃないでしょうか。アイガーを走っててホントそう思いました。
オフラインでこれだけ長い時間遊んだのはホント久々ですし、走っていて思ったのは、早くこのシステムで皆さんと対戦がしたい!絶対面白いはず!という強い思いでした。