CRF250L MD47 ZETA ラジエターガード装着

久々にバイクネタです。昨年11月に日帰りツーリングに出かけてからバイク冬眠中となってまして(笑)一切見たり触ったりもしていなかったのですが、昨年末に買っておいたラジエターガードを装着がてらバイクの様子もチェックしてみようかなと重い腰?を上げて作業する事にしました。

購入したのは表題の通り、ZETAさんのCRF250L(MD47)用ラジエターガード。こちらの製品はタンク右シュラウド(またがった時の右足側)にあるラジエターを転倒の際にガードするものです。今はまだ500kmしか走ってないので(笑)林道や転倒リスクのある酷道へは走りに行ってないのですが、今年春には購入して1年経ちますし何時までもキレイなままで乗ってたい気持ちもありますけどそろそろそういう場所にも行かないとなーとは思ってまして。となると水冷バイクのキモであるラジエターの破損とかになると山の中でバイク放置して帰らなければいけないなどシャレにならないので(笑)前からガードは付けたいと思っていました。

ジータレーシング(ZETA RACING) ラジエターガード CRF250L/(S)/RALLY/(S)(MD47)'21-23 板厚3mm 補強リブ 衝撃保護 ラジエターブレース ダートフリーク Dirtfreak ZE52-2033

勿論林道だけでなく公道走行時でも右側面に衝撃を受けるとラジエターコアの亀裂や破損を起こして水漏れから走行不能になるケースも考えられます。転倒した後に「付けとくべきだった」では遅いので事前予防としても是非装着をお勧めしたいパーツかと思います。


では早速取り付け手順です。説明書も同封されていましたが、ちゃんと読んで取り付けしないとあとから辻褄が合わなくなる可能性が大きいパーツかと思いました。
まずはシュラウドを取り外しますが、シュラウドを外すにはシートを外さないといけません。シートを外してシュラウドを取り外します。説明書ではタンクに固定されている4か所のボルトも取りはずすと記載されていたので、シュラウドは左右取り外さないといけないという事でしたが、この段階ではタンクも左シュラウドもそのままです(後で理由が分かりましたが)。

ラジエター前面についている樹脂製のカバーも外します。こちらはネジなどで固定されておらず刺さっているだけです。簡単に外れます。

車体側を外し終えたらラジエターガードを組みます。え?ここで組んでしまうの?って私も思ったんですが、一旦仮固定してから再度ばらします。奥側で固定されているシャフトは組んだ後に本締め出来ない位置になってしまうので、まず仮組で位置決めをしてからシャフト奥側のボルトのみを本締めして固定するようです。ちなみにこの六角ボルトは1本だけ長さが長いものがあります。最後に使うものなので間違えて違う所で使わないようにします。また4本のシャフトの写真手前側の2本は上下で長さが微妙に違います。こちらも長さを間違えて組んでしまうと面倒な事になりますので気を付けてください。そしてこの写真手前側の2本は手前側が「斜めにカット」されてます。写真を見てお分かりのように表側に来るアルミ板が曲がってますのでその形状に合わせるためシャフト先端が斜めカットされています。ここで本締め固定しつつシャフト先端の向きも合わせる為の仮固定かと思われます。

シャフト固定の裏側のボルトを3本だけ本締めしてから再度ばらします。このような状態になります。

次にラジエターと車体を固定しているボルトを2本外します。写真に見える上下2か所です。

ラジエターを少し手前に引っ張ったら、ラジエターコアとフレームの間に引っ付いているゴムスペーサーを剥がして取ってしまいます。

先ほど組んだラジエターガードの奥側プレートをラジエターの奥側から差し込みます。シャフトが3本固定されておりなおかつ本締めしているのでシャフトの遊びは当然ありません。なので結構手前にラジエター本体を引っ張って上手いこと中に入れるようにします。ちょうどラジエターファンの上下にシャフトが飛び出るような形です。このスペースしかない、という所からちゃんと出るようになっていました。

ラジエターガード手前側の大きなアルミ板を取り付ける前に樹脂製のカバーを再度元に戻します。私はこれを忘れてて少し組んだ後に入れられない事に気付いてやり直しました(笑)。また樹脂製フィンを固定する直前にラジエター本体とフレームへの固定用ボルトで本締めしないとフィンが邪魔で固定が出来なくなってしまうかと思います。

最後に残っていた1本のシャフトを固定します。裏側から六角レンチが入らない位置になりますが、シャフト自体に10mmスパナが固定できるガイドがあるので、それを使って本締め固定します。これでシャフトが4本固定出来ました。

横から見たところ。ラジエターファン上下に2本、ラジエター前方の上下に2本のシャフトが見えているかと思います。この状態まで来たらもう少しです。

次に表側のガード本体を固定していきます。まず写真のように樹脂製フィンの間に隙間があるので、その部分にアルミ板を1か所差し込みます。

差し込む位置はこんな感じです。まあシャフトの固定穴の関係上ここだと必ず分かると思います(笑)

次に付属のゴム板をフレームに巻き付けてステンレスバンドで固定するのですが、ゴム幅が大きいと感じたのでバンド幅から大きくはみ出ない程度に幅が狭くなるようカットしました。ここはそのまま使っても良いですしお好みで良いかと思います。気になるのはこういうゴムってフレームの変色を起こさないかなという点です。よく黄色く変色するようなアレです。大丈夫なのかな・・

フレームの固定箇所にゴムを巻いてその上からステンレスバンドで固定するんですが、ここが大変難儀しました。隙間があまりないのでまずゴムをうまく巻けない。何とか巻いたとしてもステンレスバンドがまた通らないのでゴチャゴチャしてると折角巻いていたゴムが外れる。これの繰り返し。イライラしましたが前述の「タンクの固定ボルトを4か所外す」ことを思い出します。あーここを付けやすくするためにタンク固定ボルトを外して浮かしながら固定するのかと。早速ボルトを外しますが左シュラウドに隠れた1本のボルトが取れない(シュラウドを左右外せというのはこういう事ですね)ので、一旦3本だけ外します。その状態でもタンクは多少上方向へ動くようになったので、その状態で何とかやってみてようやく写真の状態まで来ます。ここが一番時間かかりました(笑)

バンドの本締め前に全体の固定位置を調整します。ZETAフレームガードの取り付けに関して幾つかのインプレをネット上で見ておりましたが、一度転倒したりしてると固定が出来なくなるなどの弊害があるみたいですので新しいうちに装着するのがやはりベターかと思います。またシャフト4か所のネジ穴の位置もやはり微妙に合わないので(ある程度は仕方ないですけどね)、シャフト部分をグイっと手で動かしながらボルト位置に合わせて固定していきました。写真正面の細長いステーのようなものは、最初に樹脂製フィンを挿したところとガード本体をボックス化するためのモノだと思います。これで強度を増しているのでしょう。最初これを装着し忘れてしまいましたので(笑)、これを取り付けた状態でネジ位置を合わせて仮組します。ちなみにこの細長いステー下側のボルトが、付属ボルトで1本だけ長かったボルトを使います。間違えて他で使ってしまいますと大変面倒な事になります(笑)

仮組した状態。正面からは5箇所のネジ固定となります。シャフトの1~2本が少し位置が合わない感じでしたが誤差範囲かと思います。初見ではほぼほぼ位置は合っていましたので問題ありませんでした。全て無理なくボルト位置が決まったら本締めします。

フレーム側のステンレスバンドを最後に本締めします。

ラジエターガードの取り付けは概ねこちらで完成です。参考までに実際取り付けしたらこのような見た目になるという写真を数枚貼っておきます。ネット上ではシュラウドが装着された写真しかあまり見なかったのでむき出し状態での写真は取り付け時に参考になるかなと思います。

最後にこの部品。アルミ板にシュラウドのボルトを1か所固定する形になりますので、この位置に付属のネジ穴が切ってあるステー?をはめ込みます。この穴の真後ろにシュラウド固定用の本来のネジ穴がある形なので10mmくらいオフセットするような感じになるのかと。

シュラウドを戻したところ。装着した感じどこにも干渉している感じはなかったので精度は高そうでした。ZETAのロゴがチラっと見えるのが良いですね。フレームへのバンドは見えない位置なら最高なんですけど仕方ないですね。

斜め前から。シュラウド下から結構突き出てるように見えますが、あまり気になる感じではありませんでした。

真横から。良い感じです。どんどん重量増させてる感じではありますけど(笑)林道で遊ぶようになったら必需品だと思ってましたので今のタイミングで装着しておいて満足です。
セロー250に乗ってた時は空冷ですしキャブのボロセローでしたので(笑)、山で転倒したり斜面でひっくり返ったりする事に一切気を遣う事も無かったんですがCRFも1回コケたりしてもうええわ!と早い事その段階に行きたいところです(笑)。それか格安のボロ車をもう一台手に入れても良いかもなーとアホな事を考えたりもします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です