FZR250R タイヤ交換(1サイズアップ BT-39)

FZR250R(3LN系)はリアのサイズが130/70-17と同年代同クラスのマシンと比較してワンサイズ小さい幅のタイヤが付いています。これは恐らくヤマハが意図して考えたサイズであり、ヤマハ特有のヒラヒラ感のあるハンドリングを考えてのサイズか、もしくは250ccクラスに140サイズは必要ない、その分バネ下重量を軽くする方が良い、という意図があるのかもしれません。
しかし!ですよ。リアタイヤはやっぱり太い方がかっこよい。太さは正義ですよね(笑)。
若い時に乗ってたCBR250Rも当時は激太サイズだと言われた140サイズ。リアから見てそのタイヤの太さにかっこええなあと思ってたくらいなので(笑)、どうせタイヤ交換するなら太いサイズを履きたい。と言う事で色々と調べてみたところ、ワンサイズアップしてる方は結構いるようで。でもチェーンとのクリアランスがどうなのか、という部分まで追求してる情報は見つけられなかったので悩むな~と思ってました。

タイヤの幅の実寸を色々見てたら、バトラックスBT-39が147mmある事に気が付きます。ほとんど150サイズの太さです。これしかない。
BT-39を履いている実例も見つけましたが、やはり干渉するかどうかまでは記述されてません。さてどうする、ということで考えてましたが、一度買ってみる、ダメなら戻そう。それならリスクは少しでも低い方が良いかなと、中古でタイヤを探す事にしました。

ワンサイズアップなので、フロントは110/70-17(純正は100/80-17)、リアは140/70-17(純正は130/70-17)となり、現行250クラスの標準タイヤサイズとなり、選び放題選べる感じで豊富に出ています。その中で気に入ったのが、サーキット走行したタイヤ。40分のみ走行とか120分走行とかで保管されてたタイヤが多く(ヤフオクなので信ぴょう性は分かりませんけど)、いずれもセンターは殆ど新品状態、サイドウォールは溶けてるような状態。ツーリング主体なのでサイドは摩耗してても問題なし、たまに山間部を飛ばして走ったとしてもそこまで無理な走行は当然しませんので(しないというか、万が一の事を考えたらクローズトコース以外ではとても怖くてできない)、こういう類の中古タイヤを探し、2016年製造の1時間ほど走行のみのタイヤを格安で購入しました。

2017-04-19 19.05.01.jpg


早速交換です。タイヤレバー使えば自分でもできるかもですが(レバーは持ってる)、ビードを落とすのは困難なので、J.BOYさんに持っていきました。改めて宣伝しておきます。

バイク車検とメンテナンス 京都 J.BOY motorcycle
http://www.jboy-mc.com/
※持ち込みタイヤは工賃が高くなりますとのことです。

2017-04-19 19.05.02.jpg


タイヤチェンジャーで交換中のところを盗撮しながら待ちます(笑)

2017-04-19 19.05.03.jpg


写真を撮るのを忘れてましたが(笑)、フロント側は100/80-17から110/70-17に変更したのですが、太くなった感じはせず同じくらいにしか見えません。またタイヤの外径が少し小さくなりましたので、スピードメーターに誤差が生じるかと思います(実測より速く表示されるのかな)。フロントは想像してたイメージとは違いましたが、まあリアとのバランスを考えるとこのサイズがベターでしょう。

さてリアです。太くなると思ってましたが、実際太くなりました(笑)。良い感じでリアにスパルタンさが出た感じです(笑)。
左が交換前(TT900GP)、右が交換後(BT-39)です。厳密な同一角度で撮れてませんのであくまで参考ですが、結構太くなりましたね~

2017-04-19 19.05.04.jpg


お次はチェーンのクリアランス。
想像以上に接近してます(汗)。サイズ的に片側9mm前後出る形かと思うので、こうやってみればこれくらいになるわな、って感じですが結構ヤバそうな感じ。私は付けていませんでしたが、少なくともチェーンカバーには干渉するんじゃないかな、と思います。チェーンカバーは樹脂なので、タイヤの干渉部分を丸く削ってやれば問題ないとは思いますが、チェーンとタイヤが干渉するとタイヤが削れる恐れがありますので、この辺は実際走ってみないとどうなのかは分からないですね・・・

2017-04-19 19.05.05.jpg


何はともあれカッコよくなりました。あとは実走して感覚はどうなるかですね。チェーン干渉もそうですが、コーナー時の感覚なども。

2017-04-19 19.05.06.jpg


J.BOYさんを後にし、帰宅途中走らせてみた感じですが、やはりトレッド拡大によりコーナリング時の感覚は少し変化しました。ただヤマハ車特有のヒラヒラ感が失われたかといえばそうではなく、リアにすごい安心感を感じるような挙動といいましょうか。昔乗ってたCBRは何時も「リアタイヤからターンインしているかのような」感覚だったのですが、そういう感じが少し追加されたような印象を受けました。個人的には全然悪くない感じで、曲がりにくくなったとか、走りにくくなったとかが無かったので安心しました。次は安心して新品でタイヤを購入出来そうです(笑)。

20kmほど走って帰宅し、左側トレッド端を調べてみましたが、チェーン干渉による跡は特に見られませんでした。
走行時の状況次第で一瞬擦ったりしてるのかもしれませんが、現状はそこまで気にするようなレベルではない感じです。こちらも一安心。