奥深き筑波

    4


日曜日にちょっと時間をかけて(といっても2時間くらいですが)筑波を走りこみました。どうもこのオペラ350Zはリアから流れる挙動を抑えて、出来るだけロスなく立ち上げていくことがタイムアップの秘訣っぽいですね。まあ当たり前ですが(笑)。





コーナー立ち上がりでラフにアクセルを開けると、リアからずるずると流れていく(オーバーステア)時があります。それは恐らくフロント荷重時のアクセルオンでのオーバー傾向だと思いますので、アクセルをゆっくり開けつつ、荷重をリアに持っていきながらアクセルを全開にしていくという感じでオーバー傾向は抑えられると思います。一番難しいのがダンロップブリッジ下の右高速ですねー。ここは出来るだけ減速を抑えつつ高速で抜けたいところですが、そうなると大きいRで回りたいとなりますので、どうしてもイン側の縁石を大胆にカットしていきたいところです。しかし縁石カットするとクルマの挙動がかなりシビアになり、リアが流れたりすると加速が鈍り大きくタイムロスをしてしまいます。このあたりの妥協点を探すのが難しいです・・。

上位入賞には1秒を切るタイムが必要っぽいですが、なんかカンタンには出そうにない雰囲気となってきました;; ところで昨日はわくわく宝島の決勝戦?でしたよね。優勝者は誰だったんでしょうか。賞品のTAKATA NSXは誰が乗ったんでしょうかね。