最終戦2大会 終了

    24


遂に全大会日程が終了いたしました。参加されていた皆様、当ブログに書き込みして頂いた皆さん、そしてGTTA運営スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
テスト大会から含めるとちょうど1年間という長丁場のシリーズでした。私自身、単発のTAは何度か出場しましたがGTTAがこれほど長いシリーズ戦になるとは思ってもいませんでしたので、途中色々と愚痴をこぼしながら(笑)もよく最後まで頑張れたと思っています。これも沢山の素晴らしい参加者の皆さんの走り・タイム・ランキングで感化された部分が大きいと思います。最終結果が5/31にありますのでそれまでは実質終了という訳ではありませんが、表彰ページや賞品等の発表・公開も残っていますので、ゆっくりしながら待ちたいと思っております。


しかし重点的に走りこんだモナコ、YAMさんがトップに来るのは予想していましたが46秒5台とは、ちょっとというか思いっきりビックリです・・。本当に凄まじいタイムだと思います・・。私の中での理論値タイムは46秒9台でした。これは実際走りのイメージとして具体的に頭の中にありましたし、YAMさんのタイムは必ず46秒台と想定していましたので46秒台に入らなければ勝てる可能性ゼロと思っていましたので、それを実現させる為かなり走りこみましたが、いつものように1周まとめる事が結局出来ず1'47.099で暫定3位で終了した次第です。
まあそれでもタイムを見る限り、個人的に力は出し切れたかな?とは思いましたし満足はしていました。しかし私の理論値よりさらに0.4秒も速いとは・・。ちょっと次元が違いました;;。やはり彼は本当に凄いといわざるをえません。そして最終戦ということで参戦されたと思われるC.1さんにもあっさり抜かれてしまいました・・。恐らく真剣に時間をかけてアタックされていたならば、YAMさんと良い勝負をされていたのかもしれませんね。改めてこのお二人の凄さに完敗(乾杯?)です。


モナコのポイントはやはりシケイン、タバコ屋、プール横出口、ラスカスという後半セクションの4箇所であったかと思っております。前半がダメでもこの後半区間を頑張るとタイムが出たりしましたので。そして良い走りが出来たとき、普通の時、悪い時、のタイムの差がかなり大きかったのもこの区間だと思います。どうしても対ゴーストで先行しているときはこの辺りのプレッシャーも大きいですし、壁接触を恐れて何とか無難にまとめようと意識してしまい保守的な走りになってしまいますので、後半セクションでゴーストに抜かれタイムが出ない事が多々ありました。なので後半も自分的に限界ギリギリの走りをしなければタイムは出ないと思ってはいたのですが、それで壁接触でため息・・が何度あったかわかりません(笑)。

GW前に47秒18まではタイムを出していましたが、ランキングの変動が全くなかったので皆さんがどれだけタイムを出しているのか全く分からず結構焦っていました(笑)。そして先週金曜日の時点で47秒13まで出たのですが、この時T1タイムが47秒18の時より0.2秒遅かったので、これは46秒台いけると思ったので、日曜日にも関わらず子供もほったらかしで(笑)ひたすら走りこみましたが結局タイムが出せず日曜深夜(正確には月曜)の2時頃に1'47.099が出て力尽きた次第です(笑)。でもここまで持っていけた事は素直に満足しています。

-------------------------------

鈴鹿は完全な走りこみ不足です(笑)。今週中盤まで何度か走りましたが、とにかく1周をまとめる事ができず、気が狂いそうになりましたので(笑)35秒台が出た時点で諦めました。まあそれでもその時点で想定できたタイムは35秒7台くらいだったと思いますので、走りこめばもう少し縮められたと思いますが仕方ないでしょう。土曜日の夜に爆睡してしまったのが痛かったです(笑)。それでも暫定5位で終われたのですから上出来だと思っております。
本当はトロフィーランク争いで炎のロータリー乗りさんと熾烈な(笑)2位争いをしていましたので、私が2位確定する為には2大会どちらも炎さんより上位で終わることが必須だと思っていました。しかし最終戦とあって皆さん手の内を見せてくれず(笑)どこまで出せばいいのか全然分かりませんでした。モナコは二人ともゴールドトロフィーは確実と思っていましたので、残る鈴鹿が焦点となっていましたが、35秒9で諦めた後に登録された炎さんの35秒5台を見て、あー負けたと思いました(笑)。

肝心のトロフィーの行方ですが、結果発表までトロフィー獲得ラインが分かりませんので何ともいえないのですが炎さんと0.4秒開いていますので、これは厳しいかなと思っています。しかし最後にYAMさんが凄まじいタイムをきっと出してくるからまだ分からないな、って思っていましたらやっぱり34秒6台という恐ろしいタイムを出されていましたので、結果がどうなるか今からドキドキしながら待つことにします(笑)。

-------------------------------

さて、これでGTTA公式大会が全て終了した訳ですが、オンラインバージョンのGT4が当選するとなると話がまた違ってきます(笑)。まあテストバージョンなので期間も短いですし公式アタックのような本格的な状況でもないと思いますので、空いた時間に気軽に参加すればいいかなーって思ってはいますがブログの良いネタにもなりますので当選したら結構楽しみではありますけどねー。オンラインでのタイムアタックってどんな風になるんでしょうか。皆が見ている中でアタックとかするんでしょうかね(笑)。そんな状況では恐らく力を全然出し切れないと思いますけど;; 公式サイトの更新された文章を見ていましても「パスワード方式」のタイムアタックは終了、とかかれていますのでやはりオンラインでリアルタイム登録できるのでしょうね。

最後にGTTAに参加された皆様、本当にお疲れ様でした!