2006年 F1 第8戦 イギリスGP

    2


今回のレースは久しぶりにフジTVの地上波で見ました。祖父が亡くなって日曜日昼から月曜日夜まで愛知県の方まで出ておりましたので、疲れも溜まっておりレース終盤で爆睡してしまって(笑)イマイチ展開がよくわかっておりませんが、かなり退屈なレースだったかと・・。

予選は上位陣のタイム応酬で楽しめましたが決勝は殆ど見所もなくピットインタイミングで若干順位が変動しただけのレースでした。


アロンソがポールトゥウィンで優勝でポイント上での差を更に広げる結果となりました。既にミハエルの自力でのワールドチャンピオン獲得は無くなっていますのでアロンソが取りこぼしなければこのままいってしまいそうですね。ルノーの信頼性は凄いものがありますし、低速・高速コースどこでも速いですから死角らしい部分が全く見えてきません。アロンソも殆どミスをしませんので、チャンピオン争いは私個人的には既に興味対象外となってきています(笑)。

あと今回のレースから山本左近がSAF1の3rdドライバーとして遂に契約となりましたね。噂が出ていましたので確定かなと思っていましたが、やはりでした。タイムはとにかく扱いにくいマシンをしっかりコントロールしてフリープラクティスをこなしたのは評価出来ると思いますね。また亜久里代表からも北米ラウンド終了後にSA06のシェイクダウンが予定されているようですので、今回のレースでは2台完走を果たしましたが戦えるスピードが全く足りない現状ですので、第11戦フランスGPは本当に楽しみです。


【番外編】
サッカーは日本代表の試合くらいしか見ませんので詳しくはないのですが(笑)、ワールドカップ、日本負けてしまいましたね・・。クロアチア・ブラジル戦を控えている状況から確実に勝ち点が欲しいところだったのですが、かなり厳しい状況になってしまいました・・。戦術など詳しくはないのですが、守りを固めるのか更に攻めに行くのか、この辺りの方向性がイマイチ見えませんでした。小野の投入もそうでしたし、ロスタイムでの大黒投入も時既に遅しという感じでしたし・・。全て後手に回った感が強かったです。
いずれにしてもクロアチアには必勝!、ブラジル戦では勝ち点1を望めればまだ可能性はあるはずですので(オーストラリア・クロアチアの展開次第ですが)、まだ諦めずに応援したいと思っております。