2021年 F1 最終戦 アブダビGP

このカテゴリーに投稿するのは7年ぶりです(笑)

私の事をTwitterで知ってる方はずっと見続けていてレースの度にうるさいツイート連発しているのはご存じかと思いますが(汗)、久々に書きたくなるレース、そしてシーズンだったので書いてみました。

いやー、今シーズンはここ数年でも本当に面白いシーズンだったのではないでしょうか。

メルセデスAMGの支配下にあった近年のF1ですが、遂にその牙城が崩れたと言いますか。色んな要素があったにせよ最終的にマックス・フェルスタッペンが優勝しワールドチャンピオンを獲得。ホンダは1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりのドライバーズタイトルを手にしたシーズンでした。今宮さんやセナも空から喜んでいるのでは・・

とはいえ、今回のアブダビGPは決して大満足の内容という感じではなかったのはご覧になっていた皆さんもご承知の通り。正直レースの展開的には完敗だったと思います。予選Q2でのレースタイヤにフラットスポットを作ってしまった時に、これはまずいと思いましたが(もしかしたらメルセデスとストラテジーを分ける為にワザとロックアップさせた?という気も一瞬したりしましたが)、それが有っても無くても決勝ペースはどうにもならない感じで、ジリジリと引き離されていく展開。もちろんスタートで前に出ていたら展開も変わったかもしれませんし、止む無しのソフトタイヤスタートでそれも頭にあったと思いますが、それも叶わずといった状況で、正直レッドブル陣営としても何かが起こらない限り、打つ手なしという状況だったように思えます。

そんな最終盤にラティフィクラッシュからのSC出動。しかし残り周回も少なくこのままチェッカーかも?という展開でしたし、ハミルトンとフェルスタッペンのタイム差11秒(だったかな?)という展開からハミルトンはピットに入ってしまうとフェルスタッペンがステイアウトしたら前に出られる、そしてSCのままレースが終わる可能性もあったので入れなかったと思われるので、ステイアウトをするしかなかった。一方のフェルスタッペンはこの段階で勝てる見込みはほぼ無かったため、SCエンディングを信じてソフトタイヤで終盤攻め立てるという方法しかなかった。この両チームの思惑や状況が最終的にレースの行方を決める状況となってしまったように思います。

もちろんここにレースコントロールの混乱もあって、実際あの時ならどうするべきだったのか、という判断は色々とあるかと思いますが、最終的にはハミルトンとフェルスタッペンの間にいた周回遅れのみを同一ラップに戻すべくコントロールされ、そこが決定的にレッドブル優位な状況になってしまったという点では、本当にメルセデス陣営そしてハミルトンにとって99%手に入れかけてたワールドチャンピオンの座が転がり落ちた瞬間でもあり、本当に気の毒だったなと思います。

なので私自身も最終ラップの攻防はホント心拍数がやばかったですし(笑)、物凄いファイナルラップになる!って感じでしたけど、正直これはどう考えてもフェルスタッペンが抜いてしまうだろうと思ったし、メルセデスチームやハミルトンの事を考えると(完全にこのレースを支配していたのもあり)、100%の感情で喜べなかったというのもありました・・

ただ冷静に考えた時、最終戦を支配していたのはハミルトンであり、何事も起こらなければ恐らくそのまま勝っていたでしょうし、チャンピオンに相応しい最終戦だったと思っていたでしょう。でもフェルスタッペンも同じくらい今シーズンを支配していたと思いますし、表彰台に乗ったレースは18にも及び、それが全て1位か2位しかなかったという点、そしてハミルトンよりも勝利数が多かったという点、それらを見ても、フェルスタッペンが王者に相応しかったというのは誰もが認める点であり、ホントどちらがチャンピオンでもすっきりしていた今シーズンだったのではないかな?と個人的には思います。

フェルスタッペンはアゼルバイジャンでのタイヤバーストによるリタイア、イギリスでのクラッシュなど、落としたレースのうち幾つかの運があればもっと早く決まっていたかもしれませんし、反対にハミルトンはイモラでノーポイントだったはずが2位だったりと、これまでのように運を味方につけて食らいついてたという部分もありますので、感覚的にはメルセデス支配が終わる期待感、それとホンダ最終年のシーズンということで、フェルスタッペンの方がチャンピオンになってほしかったという気持ちはありましたが、今シーズンほど毎レース見どころだらけだったシーズンもなかなか無いのでは?という感じの1年だったように思います。

ホンダにとってもラストイヤーでの30年ぶりの王者返り咲き。関係者の方も本当に嬉しかっただろうなーと思いますし、来年からは「名目上」ホンダは撤退となりますけど、HRCが後を継ぎますし実質2025年まではホンダPUが走る事になっていますので、来年の日本GPではレッドブルとアルファタウリのマシンにHONDAのロゴを付けて王者凱旋レースをしてほしいなと思っています。

ほんと面白いシーズンでした。

おめでとう、マックス。そしてホンダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。