2006年 F1 第14戦 トルコGP

    2


2006年F1グランプリも早いもので残すところあと5戦。見所は個人的には2つ。1つはチャンピオン争いが激しくなってきたフェラーリVSルノー、ミハエルVSアロンソの両タイトル争い。もう1つはトルコGPで投入されるSAF1の完成形と呼ばれていたSA06Bの投入です。
まずレースのほうですが、マッサが初優勝。ミハエルはアロンソの前に出ることが出来ず3位に終わり2ポイントの差を逆につけられてしまいました。しかしコンストラクターズ争いはフェラーリが1・3フィニッシュを決めた為、ルノーに2ポイント差まで詰め寄る形となりました。


私が一番気になったのは、SC中に2台同時ピットに入れたフェラーリの判断です。このときミハエルとアロンソの差は殆ど無かったので、ここのピットでのロスは必ずこの後の順位変動をもたらすと思ったのですが、マッサを先に入れミハエルを後ろで待たすという形で終えた為、結果アロンソが先行する形となりました。しかしミハエルの2スティント目がかなり遅く(予想したタイムと比べると)、先に入ったアロンソとのマージンを広げる事が出来なかったようですね。しかし、何故SC中のピット戦略で勝負に徹しなかった(ミハエルを先にピットに入れてマッサを待たす)のか・・。ハンガリーでは2位を狙う為にアグレッシブな戦略を取ったフェラーリが今回はかなりコンサバに見えてしまったのは気のせいでしょうか・・。

いずれにしても残り4戦で12ポイント差。何か大きな出来事が起こらない限り逆転チャンプは厳しくなってきたと思います。また次戦モンツァでは、ミハエルの来期の去就が発表されるとのもっぱらのウワサですが、ここにきてGPDA選挙をモンツァレース前に行う予定だったのをミハエル自ら延期を申し出た、という事です。もし来期現役を考えているなら、選挙を何時やっても問題ないはずですが、引退を考えているなら、来期去就(引退)発表をする前に選挙で「来年の役員職を再選」した場合など、その直後に引退を公表したら選挙を再度やり直しをする必要が出てきます。
このことを考えると、やはり今季限りの引退が考えられそうな気配です。そしてライコネンがマッサのチームメイトとしてフェラーリ入りが発表・・と大騒ぎのモンツァになりそうです(あくまで個人的な予想ですが)。


期待のSAF1ですが、1周目1コーナーでの不運なアクシデントで琢磨は戦列を離れ、マシン修復した後はデータ取りという形で最後まで走りきりました(規定周回数未満の為、完走扱いにはなっていませんが)。多重事故が発生した1コーナーで、追突されたミッドランド?のマシンがSAF1っぽいマシンに横向きながら突っ込んでいくシーンが一瞬見えました。この瞬間、琢磨はジャンプアップ・左近は3戦連続1周目リタイアか?と思ったのですが、今回ばかりは逆だったようです・・。
修復後もマシンは完調子には程遠かったようですが、何とか32~33秒台をコンスタントに周回していました。貴重なデータを次戦モンツァ前の合同テストで生かして欲しいです。

左近は1周目のアクシデントで12位まで順位を上げ、その後は速い他車に順位を譲るもタイムペースは決して遅くなく、周回ごとにタイムを上げていく力強い走りでした。しかし再度ミスによる1コーナーでのスピンオフによりレースを終えてしまいました。マシントラブルなら仕方ありませんが、テストも出来ない厳しい状況下でチームに求められるのは速さよりもデータを取ることだと思います。残すはモンツァ(事前テスト含む)・中国でどれだけアップデートを行い、鈴鹿で集大成を見せれるか・・・。これが出来なければ一年間辛抱して応援してきていた私たちも浮かばれません(;;)。

そのためにも左近には、来年以降がどのような立場になるのか分からないですが、何とかチームに貢献出来るよう頑張ってデータを取って欲しいと思います。
琢磨に関しては本当に今年一年で成長したと思います。扱い難いマシンを最大限走らせるテクニックもそうですし、ここ一発でみせる速さ、それに加えたミスの少なさ。昨年とは別人と思えるその走りに、もう一度「走るクルマ」でレースをさせてあげたいと思ってしまいます。

前戦で初優勝したホンダはバトン4位・バリチェロ8位とダブル入賞でした。とりわけバトンはそれなりに評価出来ると思います。マッサがミハエルを待っていたとはいえトップと12秒差でしたし、レース中のファステストもかなり良かったですので、あともう少しといったところでしょうか。着実に上位と差は詰まってきていると思います。

最後にマッサの初優勝は良かったですね。2戦連続で初優勝シーンが見れるとは思いもしませんでした。いつ見ても、初々しい初優勝シーンは感動的です。