eスポーツいよいよ始動

    0



以前こちらでも少し話題になったeスポーツですが、いよいよ国内でも「日本eスポーツ協会設立準備委員会」が発足し、始動したようですね。今朝の日本経済新聞にも記事が出ていて、食事休憩中に「おお!」と思いながら読んでいたのですが、私自身、春くらいに当ブログで教えていただいて初めて知ったように、世界ではプロゲーマーの存在というのは結構多いみたいなんですね。ジャンル的には野球・サッカーなどの球技、FPS系、レースゲーム系に分けられるようです。やはりレースゲームが対象になっているのは、私としても皆さんにしても素晴らしいですよね(笑)。一般の方から見たら「ゲームがスポーツ?」と思われる事でしょうが・・・。

ちなみに、アジア・オリンピック評議会は、近頃マカオで始まった「アジア室内大会」でeスポーツをはじめて公式種目に採用したとの事で、早速公式ページを調べてみました。
こちらを見ると、NBA Live 2007、FIFA 2007、Need for Speed Most Wanted、この3タイトルが種目になっているようです。日本準備委員会は2009年ベトナム大会への選手派遣を目指している、とのことなので、今大会は日本人の参加は居ないと思われますが、今後GTシリーズが正式種目となって(過去の世界大会等ではGT4が実際に種目になっていたようです)、知ってる方がもし参加されるような事があれば、このブログからも大応援させてもらいたいと思います(笑)。




対戦ゲーム=「eスポーツ」、プロ化計画が始動
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20071029AT1D1806N26102007.html

 家庭用ゲームなどを通じた対戦を「eスポーツ」と呼び、プロスポーツ競技として育てる取り組みが動き始めた。日本eスポーツ協会設立準備委員会(委員長=西村康稔衆院議員)が発足、12月に初の「日韓戦」を開く。米国や韓国では既にプロチームができ、1億円を稼ぐプロ選手も生まれている。将来オリンピック種目への採用も視野に、選手やファンのすそ野を広げていく。

 準備委は電通が事務局となり、家電やパソコン、通信、ゲーム会社などに参加を呼びかける。12月に都内で日本と韓国の代表選手が対戦する交流戦を開くのを皮切りに、大会の企画運営やスポンサー獲得、世界大会の誘致などに取り組む。2009年の正式な協会設立を目指す。


参考リンク

日本eスポーツ協会設立準備委員会(JESPA)
http://www.japan-e-s-a.jp/

エレクトロニック・スポーツ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/エレクトロニック・スポーツ