オンラインとオフラインのタイム差

    6



先ほど鈴鹿にて、来月行われるtohyaさんのワンメイクレースに向けての合同テストが行われました。参加して走ってきた訳ですが、オフラインとオンラインの差がある、ってのがようやく体感出来ました(笑)。今回オンラインで走ってみて、セッティングもそうですが私なりにかなり詰めた走りをしていましたが、31秒台には入れませんでした・・。最後落ちる前に32秒1くらいまでは出せたんですけども・・。
上位勢とはコンマ5~7秒くらいは差があったと思いますし、どこでそれだけ差を詰めるのか分からんなぁという感じでした。一度TOSHIROさんと模擬レースで前後を走っていた時、デグナー2個目の脱出がかなり速かったので一気に差を詰められましたが、ああいう部分なんでしょうかねー。何しかリアのグリップが足らない感じなんですよね。高速コーナーでのリアの安定性が無いので、よく言えば曲げやすいのですが、悪く言えば速い立ち上がりが困難な感じです。だからデグナー2個目もそうですしスプーン立ち上がりもそうですがアクセルがなかなか開けられないので、その後のストレートにも影響を及ぼしているんだと思います。まあセッティング次第で大分マシにはなりましたが・・。

ロビーを退出した後、オフラインだったらどれくらいで走れるんだろうと興味がわき、昨日は自分のラウンジ?で部屋を立てたオンラインでのフリー走行でしたが、先ほどは完全オフラインでの走行でした。走り始めて直ぐ、グリップが全く違う事に気が付きます(笑)。オンラインではあれだけオーバー傾向なマシンなのに、リアは滑る気配無いですし、セッティングを何も変えてないのにむしろアンダー気味な性格です(笑)。
走り始めた最初のラップで31秒フラットが出て、その後4~5周走ったら29秒7まで出てしまいます(笑)。多分29秒前半くらいは詰めたら十分出そうな勢いでした。

オンラインとオフラインでここまで差があるとは・・。タイムで言えば約2.4秒もの差です。この差というのは、皆さん平均して同じくらいになるんでしょうか?それとも全然違うんでしょうかね。ラウンジによってタイム差が違うという話も聞きますので、純粋な速さという点においては自分がどの位置辺りに居てるのかが掴みにくいなぁというのが本日の感想でした。まあレースはタイムアタックではありませんし、スリップ効果もありますので、まあそれなりにはついていけるでしょうが(笑)。
それにしても、オフラインとオンラインのこのグリップ差、そしてラウンジによる差(これは私はまだ体感してませんが)、これはネットワークに依存する問題なんでしょうかね。GT5Pでも似たような話があったような気がしますが(1位と2位が見てる人によって違う結果になっているとか)、何とかもう少し差を無くす事は出来ないんでしょうかね・・。

明日は新年会+スポーツバーでアジア杯決勝を呑みながら観戦予定なので(笑)練習出来ませんが、また時間に余裕が出来たら色々と検証してみたいと思います。