FZR250R スピードメーターケーブル交換

    0

最近は暑すぎてバイクに乗っておらず(汗)ネタも無いので、先日やったスピードメーターケーブルの交換記事でも。

以前のエントリーにも書きましたが、気が付いたら何時の間にかスピードメーターが0km/hの状態になっており、あれ?と思ってフロントホイール付近を見てみると、ケーブルがホイール部分から外れぶら下がっている状態でした(苦笑)。

自分はこの時まで知らなかったのですが、この当時のスピードメーターはめっちゃアナログでワイヤー内に入ってる芯?みたいなものがフロントホイールの回転に応じてケーブル内で回転し、それがスピードメーター内のギア?に連動して速度やオドメーターを動かすのですが、その芯はケーブルから抜け落ちてしまうものなんですね・・
片側が外れた瞬間では恐らく残ってたのでしょうが、走っている際の振動等で抜け落ちてしまったのでしょう・・・当時自分の後ろを走ってた仲間は気づかなかったのでしょうか(笑)

まあそんなこんなで、ケーブルを中古で仕入れて交換です。




交換前のケーブルは写真の通り、中の芯が無くなっております・・・。

2017-07-14 16.12.01.jpg


そして手に入れた中古ケーブル。ちゃんと芯があります(笑)。

2017-07-14 16.12.02.jpg


交換は超簡単です。
フロント側はこの位置に差し込んだ後、ネジワッシャーを回して固定します。

2017-07-14 16.12.03.jpg


スピードメーター側はこの位置です。
自分は面倒臭くてカウルはそのままでやりましたが、かなりきついです。手が入らず指先だけで回していくような感じなので、最後の増し締めがかなりキツイ・・・。最終的に下側からペンチ突っ込んで何とか回りましたが。
アッパー左側にあるインナーカウルは取り外さないと手も入らないので、そこだけは外してます。

2017-07-14 16.12.04.jpg


交換後は、近所を試走。スピードメーターもオドメーターも動くことを確認。
速度はともかく、オドメーターが動かないと、何キロ走ったらタンク内のガソリンはそろそろ少ないな、というのが分からない(燃料計が無いので・・)ため、ここが壊れてしまうと非常に困る部分です。特にロングツーリング等で長距離を走る際にこんな事になったら非常にまずいので、皆さんも定期的に緩みチェックはした方が良いと思います(笑)