FZR250R TZR250R(3MA)用リアサスペンション移植

    0

純正サスを交換してる人って滅多にいないと思いますし、3万キロ近い走行距離のFZRもほぼダンパーが効いていない状態のただのバネだけみたいな乗り心地でした。とにかくギャップに乗ると跳ねる・・ボヨンボヨンの状態で怖かったので(笑)、サスを物色することに。といっても同じものじゃ能が無いので、オークションで程度の良さそうなTZR250R後方排気の純正サスペンション(通称サンマサス)やつを格安で購入。純正サスと交換しました。




ポン付け出来るのは3MAサスが主流みたいですが、リンク側ボルトの穴径加工ではRGVガンマのリアサス(3MAサスより更に調整出来る)も殆ど無加工でいけそうだったりで、他車種流用の幅は色々ありそうです。

取り付け手順は簡単で、純正サスは上下計3か所のボルトを外すだけで取れます。
ただしシートカウルを外して、シートフレームにチェーン等でしっかりバイクを宙づり状態にする必要があります。友人宅で必要工具や設備を借りましたので大変楽でした。

組み込む際は、バッテリーボックス下付近にある鉄板に3MAサスの別体タンクへ行くホースのボルト部分に干渉してしまうので、サンダーで除去する必要がありますが、それ以外は完全にボルトオンです。

一番問題となるのが別体タンクの取り付け位置ですが、良いアイデアが浮かばなかったので、一時的にリアシート下側にあるネットフックとかをひっかけるバーみたいな部分にタイラップで固定しました。

2016-07-11 18.57.23.jpg


別体タンクが取れて落ちてどっかへ行ってしまう事はないのですが(笑)、タイラップだけで固定するのも嫌なので、固定方法を考えます。友人のオーリンズとかを見てるとゴムのブラケットにステンレスバンドで丸ごと固定してしまうような形だったので、自作で作ることにしました。

ホームセンターで20mm厚のゴム板とステンレスバンドを買いカッターで加工します。
別体タンクの径と取り付ける位置にあるフレーム側バーの太さは概ね測っていたので、そのサイズに近くなるよう大まかにカットしていきます。ゴムなので伸びたり縮めたり出来るので結構アバウトです(笑)

2016-07-11 18.57.24.jpg


とりあえず完成。バンドはこんな取っ手付きじゃないのが欲しかったのですが、これしかなかったので妥協。また良いのを見つけたら付け直そうと思います。

2016-07-11 18.57.25.jpg


自宅に丁度良い径の缶があったので、試しに装着してみたら良い感じそうです。

2016-07-11 18.57.26.jpg


取り付け完了の図。本当は車体右側に付けたかったのですが、この位置だとホースの長さ・取り回し的に左側にしか付けられない感じでしたので、こちら側に付けています。

あとオーリンズステッカーは洒落ですのでお許し下さい(笑)。
それにしても!オイルの抜けきっていた純正サスからは雲泥の差です。購入した3MAサスは、格安だったにも関わらずサス自体の抜けは感じられず、減衰力調整のダイヤルも綺麗に回ります(程度の悪いのはこのダイヤルが固着して回らないらしい)。
最強の位置から10段階戻した場所で乗ってますが、リアサスがしっかり機能しているのがとてもわかります。めちゃくちゃ走りやすくなりましたので交換して良かった!と思える作業でした。
3MAサスはショップさんで2万チョイくらいでOHしてくれるところもあるみたいなので、ヘタってきたときは何時かOHしてみても良いかなと思います。

2016-07-11 18.57.27.jpg

2016-07-11 18.57.28.jpg


暫くはこの状態で乗っていましたが、どうしても右側にタンクを付けたく、良いアイデアは無いかと模索してましたが、タンデムステップを上手く使えれば、と思い立ち加工に入りました(笑)

まずタンデムステップを取り外しまして、左側に付いていたタンデムステップを右側に持ってきます。左右にする意味は、その方がステー形状がカッコよく見えるからです(笑)。
タンデム走行することもないのでステップ部は男らしく除去(笑)。アルミなので加工は簡単です。しかしそうする事で純正マフラー固定位置が変わってしまうので、社外品マフラーバンドに変えてる場合はバンド位置を変えて対処します。

後は別体タンクにもともと付いていて外していたタンク固定金具(TZR250R純正で恐らくどこかのフレームに固定出来るんだと思います)を流用し、タンデムステップに穴開け、そこにボルト止めして完成です。

うん、かなり良い感じになりました。

2016-07-11 18.57.29.jpg