FZR250R 3LN1用 キースター キャブレター燃調キット

    0

以前のエントリー(キャブ不調時)で、キースターさんに3LN1用キットの発売予定はあるかという問い合わせをしていたことを書いてたのですが、キャブが完調になる直前くらいに連絡が入りました。

3LN1用キットの為の情報(メインジェット番号やパイロットジェット番号、ニードル形状番号やガスケット形状など自分の知ってる限りの情報を伝えていた)を元に、ご要望でしたら一度お作りしてみますがいかがでしょうか?という内容。

おーーーまじか!と思いました。
現状キャブは調子を取り戻し、快調に走るようになりましたが、キャブ内で交換していない真鍮部品、特にニードルやニードルジェットあたりの摩耗具合など、交換出来るものなら交換したいと思ってましたし、あそこまでキャブに時間と費用をかけたのだから、最終的には完璧にしたいという思いもあったし、ジェット類も番手違いで数種類同梱、ニードルすら4種類入っていて、薄い目から濃い目までトータルで組み合わせて燃調セッティング出来る製品なので、今後の為にも持っていて損は無いと思い「是非購入したいです」と申し出をしました。

ちなみに1気筒4000円するから4気筒分で16000円。
まあキャブで使ったこれまでの費用を考えたら・・とちょっと感覚がマヒしてますが(笑)、完璧にしたいという思いの方が勝ったような感じです。まあそれ以前に純正部品でジェットとか買うと1個数千円したりするので(汗)、1気筒分にジェット類やニードルの各種セット(しかも番手違いもセット)、フロートバルブやOリングにガスケットなどほぼフルセットで4000円はどう考えても安いです。ビックリの値段です。しかも中華の本当に正確な穴開いてるの?ってシロモノではなく安心の日本製。しかも老舗。買うしかないですよね(笑)

ということで購入の手続きを待つこと数日。
キースターさんから連絡がありました。現在キットを制作中なので暫くお待ちくださいと。完成次第にお送りさせていただきますと。今回のお代金ですが、色々と情報を頂きましたので・・・・・・させていただきます、と。
(あえて伏せてますが察してください。そういうことです)

まじで~~~~~~~~
ホントにいいの?いいの?って感じです(笑)
ラッキーってなもんじゃないやん!これ!キースターさんに一生付いていきます!って感じです(笑)
なので、そのお礼にしっかりとレポートさせてもらいますと伝えました。キャブに組み込むのは最早朝飯前なので(笑)

そんな事があり、ようやく手元に送られてきました。

2017-04-02 10.40.01.jpg


FY-5376NS FZR250R -3LN1- アウトサイド(1/4番)キャブ用が2セット
http://www.keyster.jp/5376nsy.htm
FY-5376NU FZR250R -3LN1- インサイド(2/3番)キャブ用が2セット
http://www.keyster.jp/5376nuy.htm

内容をチェックしていきます。
まずはニードルとニードルジェット、フロート室カバーのガスケットにジェットホルダーに使うガスケットが入ったケース。
ニードルが4本入っており、内容としては「薄い方向」「純正同形状」「少し濃い方向」「更に濃い方向」の4種類。純正ニードルは最早新品で入手不可なので、これが4本ついてるだけでも相当お得だと思います。

2017-04-02 10.40.02.jpg


次にメインジェットとスタータージェット。
ここはアウトサイドとインサイドで内容が変わる部分です。3LN1キャブはアウトサイド(1/4番)が#102.5番、インサイド(2/3番)が#100が付く変則的な純正セッティングとなってます。上記リンクから内容を見てもらえれば分かりますが、薄い方向から濃い方向まで計6種類のメインジェットが入っており、キャブの現状や吸排気のチューニング度合いによって色々な方向でセッティングが可能かと思います。
またスタータージェットは3LN1純正の#37.5番が1個同梱されています。これに関してですが、走行の為の燃調キットという意味合いではあまり関係が無い部分だと思うので、当初はキットに含まれておりませんでした。ただ、他の真鍮パーツを新品交換していくなかで、このスタータージェットだけキットに無いと、この部品だけが新品交換出来なくなることで、気持ち的にこれも出来れば交換したい・・って思うのでは、と考えましたし、自分もそう思いますので、キースターさんにその点をご相談したらキットに同梱してもらえることになったという経緯があります。ホントありがたいです。

2017-04-02 10.40.03.jpg


最後のキット内容がドレンボルト、ジェットホルダーとニードルジェットを固定する六角ボルト、ニードル位置を変更するためのEクリップ、パイロットスクリューのセット一式、フロートバルブに各部Oリングのセットです。
キャブのOH記事でも書いてますが、とにかく純正Oリングが高い。こんな小さなOリングがこんなにするの?って思う事がどれだけあったか(笑)。しかも4気筒分なので全て×4となります。そういうことから、このキットは燃調キットとしての使い方はもちろん、キャブのOHをするにも最適なキットじゃないかなと思います。

また個人的に嬉しいのはジェットホルダーとニードルジェットを固定する六角ボルト。この部分、純正品は長く使ってると結構脆くなってくるみたいで、ボキっと折ってしまう事例をネットでよく見かけます(汗)。その点このパーツがセットになっていることで、その危険性を回避する事が出来ますし、六角ボルトを固定する際に使うワッシャーも同梱してますから、純正使いまわしでそこから燃料漏れが起こる危険も回避できますし、とにかく至れり尽くせりの内容です。

これが1セット4000円っていうのは本当に破格だと思います。
もし純正で全て買えるとして、恐らく1気筒あたり1万円は余裕で越えるんじゃないでしょうか(汗)

2017-04-02 10.40.04.jpg


内容物としてはこのような感じなので、今度は実際に組んでいきます。
ただつい先日にキャブOHを終えたばかりでゴムパーツは全て新品交換済みです(恐ろしい金額がかかりましたが・・)ので、当キットに付属のゴムパーツはすべてスペアとして置いておくことにしました。
ただそれだとレポート出来ませんし(笑)、実際当てがってみて形状に問題が無いかはチェックしたいと思います。

まずはフロート室カバー外周のOリング。全く問題無しです。純正Oリングとの違いは目視では感じられません。

2017-04-02 10.40.05.jpg


次にジェットホルダー部のガスケット。
ここはキャブOHの中でもかなり重要ポイントで、かつ傷んでる事が多い部分です。ブヨブヨになってたら高確率で隣り合う部分に燃料が漏れ、燃調がおかしくなると思いますので要交換部品です。
しかし純正だと1個1112円(2017年4月現在)というプライスなので、これがキットに含まれているのはとても大きいかと思います。
形状は全く問題なし。こちらも純正との違いは殆ど感じられません。

2017-04-02 10.40.06.jpg


キャブジョイント部分のOリングに関しては今回4連のまま作業したので未チェックですが3LN3用と同じものであれば恐らく問題はないでしょう。と言う訳でさらにキャブをばらして真鍮パーツを見ていきます。

2017-04-02 10.40.08.jpg


まずニードルジェット。
この内部にニードルが通り常に上下に動く関係上、内部摩耗が進むパーツでもあります。そうなるとクリアランスが大きくなり結果燃料量が増えていき、結果燃調が濃い方向性になってしまいます。
これも純正パーツは現時点では購入可能ですが、1本2970円(2017年4月現在)とグレイトなプライスです(笑)。いかにこのキットがお買い得か分かる事例かと思います(笑)

2017-04-02 10.40.09.jpg


次にパイロットスクリュー。
見た目だけでは完全に純正形状です。ここも本体だけでなく、スプリングにワッシャーにOリングと全て揃ってます。この部分は純正パーツで1966円(2017年4月現在)します。ここはアイドリングをつかさどる部分ですので、アイドル不調はこの部品を交換するのも良いと思います。

2017-04-02 10.40.10.jpg


次はパイロットジェット。
3LN3以降は#12.5番なのですが、3LN1のみ#30番という大きな番手が付いています。燃調が濃すぎるから3LN3以降でセッティングを変えたのかなと思われますが実際はどうなんでしょうね。ジェットホルダー内部に奥まった位置に固定されているので取り外しは注意。頭をなめると取り外し困難となります。
ちなみに純正パーツで1015円(2017年4月現在)します。

2017-04-02 10.40.11.jpg


次にニードル。
純正のプラスチックのOリングは付属していませんので、これは純正品を使用します(生産終了品)。
Eクリップも4個入っていたのでスペアにはもってこいです。前述通りニードルは燃調に合わせて4種類のサイズが入っています。こちらももう純正品は購入出来ないので、これが新品で手に入るのは大変貴重だと思います。

2017-04-02 10.40.12.jpg


フロート室のドレンボルト。
キャブ内のガソリンを抜く際、これを緩めれば中身を抜けます。が、あまり抜く機会も無いし、抜かずに取り外すことが殆ど(自分だけ?)なので、どのキャブを見てもこのネジは固着してるというか、外された形跡があまりありません。よって、ネジの腐食は結構進んでたりしますし、ここにたまった微量の錆がキャブ内に回ることもあるので、ここを交換出来るのもありがたいです。交換の際は掃除はしっかりしましょう。
ちなみに純正パーツで529円(2017年4月現在)します。高い・・・。

2017-04-02 10.40.13.jpg


ジェット類(メイン、スターター、パイロット)。
このジェットホルダーに計3点固定する形です。メインジェットは前述通り6種類の番手が付属。当然純正番手も入っています。ちなみにメインジェットは純正パーツで1048円(2017年4月現在)します。パイロットは前述通り、スタータージェットは販売終了で購入不可です。

2017-04-02 10.40.14.jpg


言うまでもなく全て問題なく固定出来ました。メインジェット奥に入るOリングも付属。
めっちゃ小さいOリングですが純正だと292円(2017年4月現在)もします・・・・恐ろしいです(笑)

2017-04-02 10.40.15.jpg


そんな感じで全てのパーツを組み込んで元に戻していき完成です。

2017-04-02 10.40.16.jpg

2017-04-02 10.40.17.jpg


私の場合、直近でOHを行い快調になっていた状態ですので、今回組み込んだ純正同等内容のキットを組めば「何も変わらない」か、もしくは「ほんの少し良くなった」というのが正解かと思います。

装着してエンジンをかけた結果、予想通りで「何も変わらない(=絶好調)」ということでした。
すなわち、絶不調のマシンのキャブをこのキットでOHすれば、私のバイクのように絶好調になるということです(キャブが原因だとして)。

このキットは「キャブレター燃調キット」という名称ですので、キャブOH用として謳われてる訳ではないのかもしれませんが、キット内容的にOHが完璧に行えますし、それで調子が良くなったバイクに、更に使用用途に合わせて燃調のセッティングが出来るキットという言い方も出来、これが1気筒分4000円というのは、記事内に純正パーツの値段を細かく書いていたので、読んでおられる方は理解出来ているかと思いますが、驚異的な安さじゃないかと思います。

勿論日本製のキャブレター内部パーツ製造メーカーとしての老舗という部分でも、品質的な部分は問題ないでしょうし(ここが結構重要ですし)、こういうキットを旧車を中心に数百車種ものラインナップで展開されているというのは本当に驚きですし、私みたいな80~90年代バイクが好きな人間にとっては、貴重なメーカーさんだと思います。

今回大変お世話になりました、キースター(岸田精密工業株式会社)の藤原様に、心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました!


FY-5376NS FZR250R -3LN1- アウトサイド(1/4番)キャブ用
http://www.keyster.jp/5376nsy.htm
FY-5376NU FZR250R -3LN1- インサイド(2/3番)キャブ用
http://www.keyster.jp/5376nuy.htm

キースター(岸田精密工業株式会社)
http://www.keyster.jp/