ダマッタ 頑張れ・・

AUTOSPORT WEBより引用
http://www.as-web.jp/

クリスチアーノ・ダ・マッタ、テスト中の事故で意識不明の状態

2006年08月04日

 ラスポートチームからチャンプカー・ワールドシリーズに参戦中の元F1ドライバー、クリスチアーノ・ダ・マッタが8月3日、アメリカ、ウィスコンシン州のロードアメリカで行われていたテスト中にコース上に進入した鹿と激突! このアクシデントで頭部に重症を負ったダマッタは至急、ヘリコプターでテーダ・クラーク病院に搬送されて緊急手術を受けたが、容態は深刻で、依然として意識不明の状態が続いている。

現在32歳のダ・マッタは2002年にトヨタでCARTのチャンピオンを獲得した後、2003年のトヨタからF1デビュー、その後は再びアメリカに活動の場を移し、今シーズンはデイル・コイン・レーシングからチャンプカーに参戦。シーズン途中でラスポートに移籍したばかりだった。

--------------------------------------

こういう記事を読むたびに胸が締め付けられます・・。
もう祈るしかありません。

ダマッタ 頑張れ・・” に対して6件のコメントがあります。

  1. zanavinismoZ より:

    僕もこの記事を昨日の夜見ました。
    ダマッタはとても有名なドライバーだし、まだ32歳・・・。
    やはりただ祈るだけ。それしかできるはずがないです。

  2. SYORI より:

    >zanavinismoZさん
    まだまだこれからの年齢ですし、トヨタF1で不遇の時を過ごしているだけに個人的に前から気にかけていたドライバーでした。ザナルディもF1で不遇な時を過ごしたのち、アメリカで一時代を築いたものの、その後不運な事故で両足を失ってますからね・・。
    とにかく今回は頭部へのダメージですから、非常に心配です。

  3. zanavinismoZ より:

    ダ・マッタ、依然として意識不明も回復の兆し
    AUTO SPORT web によると、どうやら回復してきたようですね!
    よかったです。

  4. SYORI より:

    >zanavinismoZさん
    情報はあまり流れてきませんが、どうも低体温療法?をとって意図的に意識不明状態にしている可能性がありますね。脳のダメージには一番良いみたいですし・・。
    情報が無いという事は悪くなっているという事ではない、と良い風に考えております。意識回復後に脳のダメージによる後遺症等どうなるかは分かりませんが、とにかく無事を祈ってます。

  5. SYORI より:

    命の心配はもう大丈夫そうで、本当に良かったです。
    あとは意識回復後の状態だけですね・・。
    F1Racing.jp より
    http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=127004
    先週木曜日、チャンプカーのテスト走行中に鹿と衝突して頭に重傷を負った元トヨタF1ドライバーのクリスチアーノ ダ マッタは、搬送された病院において回復を続けているという。ダ マッタはコースに飛び出してきた鹿を跳ねてしまい、その鹿が彼の頭を直撃した。
    チャンプカーメディカルドクターのクリス フィンデルスキーは月曜日にダ マッタの家族、そして付き添いの医師であるランダル R ヨハンソン医師と話し合いを持った。そのフィンデルスキー医師が現在のダ マッタの容態についてコメントしている。
    「クリスチアーノはゆっくりではあるが、ICU(集中治療室)において着実に快方へと向かっている。現時点で、ヨハンソン医師はクリスチアーノの鎮静剤を減らし始めている。クリスチアーノに施されている治療は素晴らしいものであり、彼は容態と回復が検査される間はICUに留められる」

  6. SYORI より:

    良かったです、ほぼ大丈夫といって良いくらいでしょう・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です