2005年 F1 フランスGP

    0


今回のレースはまさにルノーの独壇場でしたね。地元フランス開催で自国のチームが自国のタイヤを履いて勝つのですから盛り上がった事でしょう。実際スタンドもブルーに染まり良い雰囲気でしたね。アロンソは今年本当に成長したと感じさせます。もう風格すら漂ってきていますよね・・。まあしかしチャンピオンシップの厳しさはこれからが正念場です。過去チャンピオンになる前の重圧に必死で戦ってきた幾多のドライバーを見てきていますので、このまますんなりと獲れるとは思えません。セナ、マンセル、シューマッハ、ヒル、ヴィルヌーブ、ハッキネン・・。これら偉大な名前の横に並ぶには通らなければいけない試練がきっとあるんだと思いますし、今年後半戦必ずそういうシーンを見ていくことになるのでしょう。



しかし、フェラーリのトヨタに抑えられたロスが無ければ、またライコネンの予選降格が無ければレースがどうなっていたかは難しいところでしょう。特にマクラーレンの異次元の速さは驚異的です。ピットインが一番遅い=重タンでの予選で3番手ですから・・。今後の戦いはポイント的に逃げるルノーに猛追するマクラーレン、それらに割ってはいるフェラーリ、BAR勢という図式になっていくのでしょうか・・。

ウィリアムスはトラブルがあったとはいえ、今回は全く見所がありませんでしたね。CSでもピットインの回数を突っ込まれる始末(笑)。どうも今シーズン序盤に噂されていた風洞実験の数値ミスが今頃効いてきたのでしょうか・・。

BARにとっては嬉しさ半分悔しさ半分の結果でした。バトンの今期初ポイントはチームにとっても待ち焦がれたものでしょう。ノーポイントであったことが信じられないくらいですから・・。まあ色々な事があって今年は前半戦折り返し時点で0ポイントというチームにとってもシーズン前は予想もしなかったことでしょうが、とにかく最初の一歩を踏み出せたわけですので、これからはもっとアグレッシブに開発を進めていってもらいたいと思います。
琢磨に関しては、賛否両論あると思います。実際攻めた結果のコースアウトですので私は容認派ですが(笑)、確かに何時までも結果が残せないと来期のシートも危うくなってくる可能性は否定できません。もちろんBATとHONDAの関係次第でも変わるでしょうが、やはり琢磨は独り立ちできるくらい、他チームからもドライバーリストに乗るような活躍をしてもらいたいです。バリチェロのオーバーテイクは素晴らしかったですが、トゥルーリのアタックは何とかコース上で留まって欲しかった・・。今のF1って無難に走りきることが良い結果を生むように見受けられますが、見てる私達には興奮は伝わりませんよね。結果は別としてもアレジタイプのような琢磨は80年代にF1に来ていたらもっと活躍できてたのかもしれませんね。まあ今年はコンストラクターランクも期待できませんので、ある意味琢磨には「魅せる」走りを重視して世界を沸かせてくれる役割を演じて欲しい(バトンにはポイント重視で(笑))気もします。

次回シルバーストンは今週末ですが、BARも半分地元ですし琢磨も慣れ親しんだイギリス、昨年はダメでしたが今回は是非とも頑張って欲しいと思います。