インタビュー記事

    0



例のフランスの雑誌JoyPadに掲載されたとされる次期GTの記事ですが、下記リンクで英訳されていたみたいなので、日本語に翻訳してみました。とはいっても翻訳ページ任せで、自分が分かる範囲で少しだけ(本当に少しだけ(笑))手直ししただけですので、意味不明な部分も多々ありますがご了承下さい。ある程度理解は出来ると思います(笑)。

興味深い内容が結構沢山あり、またGT5までにやはりプロローグ版を予定しているという内容も見て取れましたね。ただGT4のHD版というのが気になりますが・・。やはりクルマとコースの元データはGT4から大部分を流用するのかもしれませんね。ゲームシステムや挙動エンジンはGTHDのものを使ったハイブリッドなGTになる予感がします。
また将来の夢として山内さんがF1ゲームを作りたいと語られているのも興味がありますねー。ポリフォニーが作るF1ゲームって、ありえないくらいに凄い内容になりそうな気がするんですけどね(笑)。でも金銭的な部分を考えると実現は難しいんでしょうか・・

gameswank Gran Turismo Interview Translated
http://www.gameswank.com/content/view/143/1/


我々は全ての聖地中の聖地である建物に入ります。我々は、我々のカメラマン、我々の通訳と我々のパイロットを連れて行きます。この出来事のために、我々はブノワ・トレルイエ(Formula NIPPONシリーズの現在のチャンピオン、素晴らしいGTクラスの日産ドライバーとLeMans24時間のパイロット)にこの旅行において我々に加わるよう頼みました。「私がPolophonyでここにいるのはこれが初めてです、そこは喧噪(けんそう)の場所です」と、微笑んでいる間、彼が言います。Polyphonyは、他のようなスタジオではありません。しかし、ゲームを製作するために、すべてのお金を捧げられていません。自動車誌の山があります、いくつかのラックは重さのため、ほとんど落ちています、スケッチとモデルを考慮に入れることなく、模型は机を覆い尽くしてます。自動車への本当の賛美歌です。

スタジオで働いている人々は、外側からどんな援助なしででも完全に生きることができます。誰かは、大きな部屋のドアを開けます:楽器、トレーニング装置、図書館、DVD、新聞があります、ゲームコンソールが同様に角で利用できることを録画してください、…彼らが休むとき誰でも彼ら自身を楽しませることができるように、すべては利用できます。ゲームがほとんど終わるとき、プログラマーはスタジオにとどまります。台所、シャワー、部屋と洗濯機さえあります!旅行は続きます。カズノリは若干の引き出しを開けて、何冊かのパンフレットを取り出して、方法を我々に説明します…


GTHDクラシック/プレミアム

GT4はプレイステーションネットワークを通してダウンロード可能です、あなたは自身のGTを作製することができます。あなたが彼らが好むならば、あなたは更なるコースと車両をダウンロードしなければならないです。価格または作動の方法は、今現在、判明していません。プレミアムは、なんとGTに関するでしょう、それは2つのコースと30台以上の車両(名前は、現在知られていないです)でのある種の概念ゲームです。全てのフェラーリ車がこのゲームにおいて存在することを保証されます。まだポルシェとランボルギーニはまだ確証でない。


スタジオのこの一部において、あなたが大量の雑誌をここで見つけることもできることは、リラックスする候補者、遊び音楽、腕時計DVD、その他です。一階は、雑誌とビデオを上映する劇場を旅することに捧げられます。


あなたが運が悪くなることができない日が、あります!我々の到着の前に、我々がGTをすることができると予想されませんでした。十分にしかし、我々には46インチモニター上でニュルブルクリンクに350Z GT500を聞かせる機会がありました。HDスクリーン、全ての感覚は存在しました。GTHDがステアリングホイールでされるために開発されているので、各々のバージョンは若干の比較統計を得るために異なるモデルでテストされます。4枚のスクリーンは、異なる決議(音、720p、1080i、私が推測する1080p)においてゲームを示すために、同じファッションでつながれます。それは、発展段階の間、ヤマウチテストGTをここで持っています。



…モデリングは、異なる建設者から事実シートから始めて起こります。我々は、世界の全ての車の全ての特徴がここにあるということを発見します。406とフォードGTから、最新のアウディTTにとって、彼らは抜け目がないです。同様にここの青いネオンで明るくされるみごとなガラスの檻があることは、我々の注意を引きました。カズノリは説明します:いくつかとしてのハンドルがデータベースの整理することは、巨大なサーバー(それは、日本で4番目のサイズです)、一日24時間働くこととそれです。建設者は、全ての必要なデータに格納して、アクセスするために、ここに来ます。それは、パスなしでアクセスするのが不可能です。」(小さな逸話:ここの印象的な冷却装置のため、人々がそれを彼らのワインのボトルを冷やすのに用いられること)。スタジオのあらゆる部分は個人化されます、大部分のプログラマーは各々3~4台のモニターだが、また、記念品で彼ら自身のリビングスペースを持ちます。全体で、ここで働いている120人の人々がいます、120人は次のGTを製造します。彼らが出発した時から、彼らの誰もチームを去りませんでした。反対に、チームは拡大しました:コンピュータエンジニアスペシャリスト、グラフィックデザイナー、ゲームデザイナー、…「これは、我々がプロジェクトをGTを好ませることを可能にすることです」と、カズが説明します。「チームは、家族のようです。」

この出来事のために、スタジオは2台のシミュレーターを設置しました。今日の試合が、ヤマウチとブノワ・トレルイエの間にあります。数ラップの後、ブノワは彼のリズムを見つけました。そして、1'10を出しました。「それは、本当によく出せました」と、彼が言います。「あなたは、あなたがマークの上のタイヤが視覚的にそれを進めることを置く違いが本当に印象的であるのを感じることができます。競争する時間です。2人の男は、GTHDトラックでフェラーリ599を選びます。ブノワは、作者に若干の質問をします。時々、ヤマウチはGTをテストしようと素晴らしいGT選手権から日本のドライバーを誘いますので、彼は本当に、フランスのパイロットが言わなければならないものを聞くことに興味を持っています。本当に、彼が休むとき、ブノワは制限を感じるのに苦労します。ヤマウチは、これが現在のレース用の車輪がそのような微妙なものを知るためにまだ十分に発展しないという事実によると説明します。。



ニュルブルクリンク

誰でも休んでいるとき、私は小さな旅行をする機会を使っています。誰も私に注意を払いませんので、私が全くよくすでに溶け込んでいるように、それは思われます。正にカズの机の前で、4枚のスクリーンが、ステアリングホイールであります。彼らの後で、発展が装備をさせるおよそ10のPS3と大きい3台のPCは、そうです。広く最初のスクリーンは、46インチワイドです」、他の3つはより小さいです。私は、それがここにあるために、大きいボスが彼のGTをテストすると話されます。彼が異なるメーカーからテレビでゲームからすべてを見ることができるように、4枚のスクリーンがあります。「彼が余分の2、3分を持つとき、彼がゲームにおいて特定の要素をチェックしたくてまたは、彼は『旅行』をしますと、私が従業員によって話されます。それは、そこに走っているGTですか?答えははいです、そして、彼らはニュルブルクリンクの上でNISMOフェアレディZを走らせてみようと私を誘います。信じ難いほどの、予期しない…私は、新しいGTをするつもりです!誤って進んで、発展のこの段階には、何もまだ確定しませんでした。カズノリは、4つの異なる駆動位置がないと我々に話します。ダッシュボードを示すコックピットの景色が、あります。全ての詳細はここにあります、ニュルブルクリンクは最もわずかな詳細まで完全でした、しかし、風景はまだ確定しません。昨年、カズノリは実際ニュルブルクリンクで走る機会を持ちました。彼は、スクリーンでそれをした後に、それが本当のトラックのようだったので、彼があらゆる詳細を見つけることができたと言いました。多分、それは彼らが最初にこの長さ22kmのトラックが彼らの完全なHDを進めることを示している理由であるでしょう?50本のトラックについて、次のGTは、実は750台の車付きの完全なHDのGT4です。2つのバージョンは、利用できます(クラシックとプレミアム)。若干の特徴はオンラインガレージ、モードに関するcarri、対戦、1対1、また、チャット機能、各々のモデルのための器材、オンライン見物人モード、その他です。そして、プレイヤー自身のGTを作製することができます。プラットホームがGT5が造りである現実であったので、GTHDのこれらのオンライン特徴がサーブするように見えます。車を機能して、より現実的に反応させるために、若干の均衡を保っているもの造りも、中にあります。後で夕食で、従業員はスライドショーをスクリーンに表示します。それは理解不可能な日本語でした。しかし、彼らの言葉で唯一インディアナポリスを読むことができます。次のGTで最も有名なサーキットの一つ?我々は、はっきりとはまだ知りません…



−ポルシェGT3で仕事で彼が2台のフォードGTを持っていることを浮かんでいるカズノリは、建物の屋根の上に駐車しました。

−開発者がPolyphonyの建物で彼らの時間を過ごすゲームの発達の終わりには特に、スタジオは必要あらば完全自足で生きることができます:彼らは全てを持ちます、彼らは仮眠部屋、台所、体育の部屋、リラックスルーム(dvd、コンソール、図書館、雑誌)の部屋、シャワー、洗濯機を持っています…彼らは、また、世界で発表される大部分の自動車レビューを受けます。

−彼らは、車を設計するために、メーカーの情報を使います。

−空調された部屋にある彼らの非常に大きいサーバー、それは日本で4番目に大きいです。それは、Polyphonyのゲームのデータの全体を管理します。

−スタジオは、120人から現在成ります。スタッフは時間とともにより大きくなります、そして、誰もスタジオを去りませんでした、最初のGTのためにそこにいた人々全ては常にいます。カズノリは、本当の「家族」について話します。

−Joypadは、日本でSuperGTで活躍するフランスのパイロットとPolyphonyへ行きました、そして、誰が今年FormulaNIPPONを獲得して、そして、どちらがまた、「LeMans24時間」(ペスカローロの上で)を作るか。彼はカズノリとの競争をしました、そして、カズノリは勝ちました(ローブに対して合います)。彼らをGranTurismoをテストさせて、彼らの意見を持つために、カズノリはPolyphonyの建物でしばしばSuperGTの日本のパイロットを招待します。フランスのパイロットは問題点を話します、彼のために、制動の制限を感じることは難しいです。カズノリによると、十分でない車輪が写すのにこの微妙なところを進めたことは、流れに関係する問題です。フランスのパイロットによると、GTはコンソールの上で最高の駆動シミュレーターです。

−Joypadはニュルブルクリンクのサーキットでゲームをテストすることができました、もしそれが終わらなかっていなければ、それはセットの部分を逃しました。

−4つの運転する「ビュー」が、あります:2つの外部ビュー、ルーフビューと内部ビュー。

−カズノリは昨年ニュルブルクリンクの実際のサーキットで運転することができました、そして、彼は彼のゲームをした後に、彼が実際に同じ共通点を見つけることができたとしています。

−インディアナポリスのために…実際、ニュルブルクリンクのサーキットをテストした後に、Joypadは理解できない日本のスクリーンを見ました、そして、彼にはわかることができた唯一の言葉は「インディアナポリス」でした。そう:GT5のインディアナポリス?

−GT5ではない次のGTのために、それはちょうどGT4のHDバージョンです。「全てのGT4はHDでダウンロード可能です、しかし、それはあなたに興味を起こさせそうなサーキットと車をダウンロードするのに必要です」。実際 — 明らかでない — たとえジャーナリストがPolyphonyが正確にGT4 HD/GTHDクラシック/Premiumをどうするかについて理解したとしても、私は怪しみます。GT4 HDは、Polyphonyが6ヵ月前話したGTHDです。クラシックとプレミアムの2つによるGT5プロローグが巡回するGTとおよそ30台の車である「GTHD Premium」も本当のGT5グラフィックスの中にもそこにあります。



我々がインタビューにおいて分かった事:

−JoypadがTurboのチームとして同時に、カズノリによって受け取られたとかなり確信する(フランス人テレビ、彼らは300SLと情報の内部を持ちました:GT5のあらゆる車のために内部の見解)。

−カズノリは、面白い何かを言います:GTの車について:「彼らの何人かはメーカーによって要求されます、しかし、ゲームの大部分の車両は個人の選択です」。実際、それが良い広告であるので、メーカーは車(ファミリーカーのような)のモデルを強要しなければなりません、そして、交渉(「あなたはこれらの小型ファミリーカーを含めます、そして、我々はあなたにこのトップモデルまたはこのコンセプトカーを含めさせました」)さえ多分あるでしょう。

−始め、Polyphonyは「チームヤマウチ」と呼ばれていました、それはソニーに融和する小さな分割でした。彼らは、1998年に現在のPolyphony DIGITALになりました。

−ヤマウチは、Polyphonyで働く人数が今日120人であることを確認します。彼らが1992(!)年に最初のGTの開発を開始したとき、彼らは7人でした、そして、彼らはゲームを終えるために5年を過ごしました。

−ヤマウチはフォーミュラワンゲームをつくることについて夢を見ています、彼によると、それは現在に存在するものとは非常に異なるゲームです。残念なことに、彼によると、この種のゲームは多くのお金にコストがかかります、そして、あまりに多くの駆け引きがFIAとともにあります。

−彼がGTで好んだ車は、日産スカイラインGT-Rです。ゲームのより良い車は、「問題無く日産350Z Nismo Super GTです」。

−彼はGranTurismo以外のゲームを知りませんので、彼がそうしないものはゲームの他のどの創作者も賞賛します。彼が気にかけた唯一のゲーム、それはLittle Big Planet(どれよりも「異なる」、「独創的である」ため)です。

−GT4とGT5の間にゲームがあります、しかし、それにはまだ名前がありません。我々は最新版がある車をダウンロードすることができます(彼は以下のように述べます:「車の最新版を作ることは可能です」)...そして、彼は新しいモデルがあるとき、車をダウンロードすることが可能であると思います。(彼は、ゲームの750台の車をダウンロードすることについて話しません!)。

−全ての範囲のフェラーリは存在します、そして、彼らはポルシェとランボルギーニを導入しようとしています、しかし、それがライセンス契約されない限り、彼は明確に答えることができません。

−新しいサーキットについて:伝統的なレースコース(ニュルブルクリンクのような)と、1または2つのストリートサーキットがあります。

−Driftモードは、GT5で非常に重要です。(日本のゲーマーは、本当にそれが好きです)

−驚くべきもので、彼はオンライン化して、他のゲーマーと連動して、運転するところを見ることが可能であると言います、そして、彼らの最高の時間を作ろうとして、我々が運転する(見物人モード)とき、我々は他のゲーマーによって会われることもできました。

−GTHDデモについて、彼はヨーロッパ人が非常に強いと言います、彼は最高の時間の分類で非常により少ないアメリカ人に会います…

−運転免許証モードが、常に次のGTの中にあります。

−F1車について、権利の問題があります。そして、FOM(フォーミュラワン・マネージメント社)に支払う必要がある、そして、彼らはF1ゲームに多くのお金を要求します。しかし、我々は本当のF1をGT5で見つけるか、古いフェラーリF1が好きであるか、ゲーム(メルセデス、ロータス)においてまだ存在するメーカーのF1が好きです。