ノリック、永遠に・・・

    14



今朝、信じられないニュースで激しいショックを受けてます。あのノリックが交通事故死とは・・。2輪レーサー「ノリック」こと阿部典史。長髪をなびかせ、リアを滑らせまくりながらコーナリングする走りが最高でした。私は彼の走りが大好きで90年台は当時鈴鹿で行われていた世界GP(現motoGP)に頻繁に通って観戦していました。中でも衝撃的だったのは、ワイルドカード(スポット)参戦だった94年の鈴鹿日本GP。あの時ドゥーハンやシュワンツ相手に堂々とやりあった気迫の走りが忘れられません。最後はトップ争いのまま1コーナーで吹っ飛んでリタイア。私は2コーナー立ち上がりで見ていたのですが、トップライダー達と互角に走り合い、最後はハイスピードクラッシュで終えたというのも衝撃的でしたが、悔しさの余りクラッシュ地点で号泣していたノリックの姿に感動していました。いつか絶対この世界で頑張れ!と。そして念願叶い世界GPにステップアップしたノリックは2年後の鈴鹿日本GPで優勝を果たし、1994年の雪辱を果たしました。この時も現地観戦してましたが、ノリックの号泣(今度は嬉し泣き)にこちらまで感動感動でした。この当時の走りに感動したヴァレンティーノ・ロッシはノリックの大ファンで、自身のアダ名に「ロッシフミ」と名づけたくらいです。今や超偉大な王者となったロッシですが、彼のルーツの中にノリックが存在した事は間違いありません。

今、色々なことを思い出しながら書いてますが、まだ到底信じられません。何でもUターン禁止区間で道を間違えた?4トントラックが目の前でUターンをしてきたそうです。そこに突っ込んでしまい内臓にダメージを負ったのが死因との事ですが、現在も第一線で活躍しているだけに、関係者もファンもショックはあまりにも大きいと思います。私も今日はショックでF1の記事すら殆ど書けませんでした・・。加藤大治郎の時もショックでしたが、つい先日も沼田(元世界GPライダ)が岡山国際サーキットで死亡したばかりですし、有名なライダーがこうして亡くなっていくことが余りにも辛すぎて言葉も出ません。

ただただ、天国で大治郎と再会して、昔話に花を咲かせてもらいたいと思います・・。心からご冥福をお祈りしたいと思います。ノリック、若かった私に最高の走りを、素晴らしい走りを魅せてくれて本当にありがとう・・・。