中嶋一貴F1デビュー!

ブルツの突然の引退騒動で、最終戦ブラジルGPに誰が乗るのか焦点になっていた、ウィリアムズのドライバー候補ですが、やはりというか予想通りというか、中嶋一貴に正式決定したようです!。
遂にあの中嶋悟の息子がF1ドライバーとなって、決勝レースを走るという事に興奮を隠せません。1991年アデレードでの引退式で抱っこされていた小さな一貴君が、F1レースドライバーになったという事に時代を感じさせます・・。もちろん来期以降はまだ何も決まっていないでしょうが、アロンソの動向次第で今はストーブリーグ自体が止まっている状態ですからね・・。それでも日本人が3人走るブラジルGPは、チャンピオンシップの行方も相まって、注目のレースとなりましたね。凄まじく遅い時間の決勝となりますが;;、眠い目を擦って必死で見たいと思います。今期GP2でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したポテンシャルを存分に見せてもらいたいと思います。

中嶋一貴F1デビュー!” に対して11件のコメントがあります。

  1. key より:

    ブルツのニュース見ましたけど、
    てっきり今期いっぱいで引退するという発表かと思っていました。
    そうですか、一貴さん、ついにデビューですか。
    来期のこともありますし、印象に残るレースが出来ると良いですね。
    また1つ楽しみが増えました。

  2. tkh-nuko より:

    うれしいんですが・・・まだ早い気がw
    GP2でも優勝してませんし。
    自分としては来年GP2でしっかりした成績のこしてからでもいいです。
    それよりもブルツは引退するならブラジルをラストランにすればいいのに・・・

  3. SYORI より:

    >keyさん
    どうもです。たまたま見ていましたので即レスで(笑)。
    ブルツの件、本来は今季限りの引退という報道だったんですよ。私も最終戦まで乗るのだと思っていたのですが、中国GPの日曜朝にウィリアムズチームが全員で記念撮影を行ったのですが、その場にブルツが映っていないんですよね。なので恐らくその時点で中国GPを持って引退という風になってしまったのだと思います。何か裏の事情があったのかと思いますが・・。
    いずれにしても中嶋Jrが遂にレースデビューですね。来期はホント、アロンソの動向次第でしょうが、もしアロンソが動くことになると、ルノー・トヨタ・マクラーレン・ホンダ・ウィリアムズといった大部分のチームの変動がありそうなので、勢力分布図が大きく変わりそうです。その上で可能性として一番高いウィリアムズのシートを中嶋が得れたら最高かなとは思います。
    ホントに楽しみですね。

  4. SYORI より:

    >tkh-nukoさん
    どうもです。仰るとおりまだGP2では勝ち星無しなんですよね・・。まあ最近ではフランク・ウィリアムズも中嶋はF1ポテンシャルを持ってると褒めたりしていますし、あのフランクが日本人を褒めてるなんて・・・ってな感じでビックリな訳ですが(笑)、何だかその辺り何か大きな力が働いているんでしょうかね。
    まあ来年の動向はまだまだ分かりませんし、GP2残留の可能性も相変わらず大きいとは思いますので、この辺りはアロンソ次第でしょうが。
    ブルツは引退というか、解雇に近い感じじゃないのかなって思いますけどね・・。引退を言わさせたみたいな。彼も身長が大きいので、マシンサイズが合わないなど過去にも色々苦労していますし個人的には応援していたドライバーだったんですけどね。今後テストドライバーとしては走る可能性は大きいと思いますので、頑張ってほしいと思います。

  5. 「Nakajima Nominated for Brazil」
    っていうAT&Tのアラートが出て
    ナカジマ・・・中島、おお!
    で、ノミネーテッド・・・ノミネートされた・・・というとこは・・・
    ブラジルのために!!!
    これはそいうことですか!!??
    って感じで知りましたw
    ブルツも今期いっぱいってことだったと思ったんですけどね・・・
    っていうかその前にブルツってプロドライブで来期ドライビングするって話じゃなかったですっけ??
    人違いだったかな?
    何で中国まででしょうね・・・
    フランクが中島を一度実戦ではしらせてみたかったみたいなことですかね・・・
    謎です。
    タテマエは家族との時間を・・・みたいなありがちなもの。
    でもそれはブラジル行ってもいいはずですし。
    まさかブラジルが遠くてめんどくさかったなんてことはww
    でも日本や中国の方が遠かったですかね(ヨーロッパから見て)

  6. SYORI より:

    >シルバーアロウズさん
    どうもです。まさにノミネートですね!。中国GPでもフリー走行で出場しましたし、噂的にも来期どうなの?って感じの話が大きくなりつつありましたので、ブルツがブラジルを走らないと言うことでほぼ確定かなとは思っていましたが、やはり正式発表があるとうれしいものですね。
    プロドライブは一体どうなってるんでしょうね。コンコルド協定が未確定の状態なので、肝心のカスタマーマシンで走る際の細かい煮詰めが出来ていないんでしょう。走らせるのにメリットがあるのかどうか(コンストラクターズポイントでの分配金がどれだけあるのか)、この辺りが分からないと動くに動けないでしょうから。来期SAF1のラインナップが未定だと言うことも、この辺りの問題が大きく絡んでいるのだと思いますし・・。
    フランクは中嶋の件を「来期の為の試験ではない」と言ってますが、アロンソが移籍し、万が一ニコがマクラーレンに行くようなことになれば、可能性はかなり大きくなるような気もしますけどね。

  7. おまたせしました。
    組織設立理念及び加盟・加入メンバー資格のガイドライン =DMSS GTオンラインレース競技モラル及びマナー規則= の改訂版pdf及びオンライン閲覧ページをサイトにアップ致しました。
    pdfのファイル容量は8.03MBです。
    ただし容量を落としたせいで多少ぼやけた感じの出来になってしまいました。
    滅多にpdfファイルを作らないので・・・
    原因はわかってるんで・・・
    (;^_^A アセアセ
    圧縮したにもかかわらず大きくなってしまいました。
    また近いうちに少ない容量での改良版に挿げ替える予定ですが、その方法だと時間がかかってしまうので、10月20日に間に合うように一時的に大きいままのアップになってしまいました。
    御覧頂き、ご感想など聞かせて頂きたいと思います。
    なおトップページから繋がるページは全て更新してください。
    ページの大半に手を入れましたので
    (;^_^A アセアセ
    ではよろしくです。

  8. SYORI より:

    >クワトロさん
    どうもです。拝見させていただきました。
    まず、私が勘違いしているのかもしれませんが、こちらのガイドラインというのは、総監督をされている実在のレーシングチームと共通のものなのでしょうか?詳細にわたり細かく規定されているので、ゲーム内だと実現不可能な部分が何箇所か見受けられましたので・・。
    もし、これからのGTシリーズのオンライン対戦のみに関する内容であれば、ちょっと気になる点を挙げてみます。
    ----------------------------------
    1.ピットロードの60km/h制限ですが、これに関してはシステムが強制的に対応するものであれば問題ないと思いますが、万が一好きな速度で走れてしまうシステムの場合、DMSSメンバーの方々は60km/h制限を実行されることかと思いますが、その他の参加者にはそれを強制させるものなのか、それともメンバー以外は好きなように走らせるのか?という部分でしょうか。このあたりはピット給油やタイヤ交換の要素がレースで必須となった場合、ここでの速度差が参加者間で生まれますと、レース結果に左右されると思いますので。今までのGTではピットロードは強制的に速度固定されていたと思いますので、上記のような問題は無いかと思いますが・・。
    2.後方から速いクルマが来たときの優先権ですが、例えば前方からスタートしたAさんがBさんよりも遅かったとします。後方スタートのBさんは当然順位を上げつつAさんに追いつくと思いますが、この場合も譲らなければいけないのかどうか。レース的には速さの差はあれ同一周回の順位を争っている間柄になりますので、無理に譲る必要性は少ないかと思うのですが・・。もちろんこれは悪質なブロックや幅寄せを行うとか、そういった要素は無いと仮定した上です。今私が遊んでいるGTR2というゲームでは、確かに後方からのスタートとなった速い方が追い上げてきたとき、その方のレースを台無しにするのはマズイ・・と比較的粘らずにパスさせてしまう時もありますが;;、逆の立場だった場合、順位争いの中で譲ってもらうと逆に申し訳ない気持ちになったりしますので・・。
    3.ブルーフラッグの件ですが、これはゲーム内のシステムとして実装されていない場合に、どのような対応をされるのかがちょっと分かりませんでした。先述のGTR2では、ブルーフラッグは画面に表示されるので、それを見て車両を先に行かすといった行動が取れるのですが、今後のGTでブルーフラッグの概念が無かった場合、どうされるのかな?と思いました。
    ----------------------------------
    接触時の謝罪推奨などは、思い切り賛同できる部分でありますし、いずれにしても嫌な気持ちで終わる事なく、楽しかった!と思えるレースを出来ることが一番ですよね。その為には相手が何をされたら嫌な気分になるか、自分がされたらどう思うか、を考えて走る事が一番大事かなと思います。譲り合いの精神も大事ですし、回りの状況を的確に判断する事も大事かと思います。相手がインに飛び込みそうだと思ったらラインを1本あけるとか、色々ありますよね。そういう部分を気をつけつつ、どうしても避けられなかった接触や追突等に関しては、レース後に「すいませんでした;;」でノープロだと思います。
    GTR2では参加されている方々のモラルは素晴らしく、嫌な思いをした事が一度もありません。スタート直後のアクシデントでリタイアする事もありますが、あくまで嫌なリタイアではなく、レーシングアクシデントとしての気分の良いリタイアといいましょうか(笑)。そして皆さんちゃんと謝罪も挨拶もされますし、ホントああいう流れで不特定多数の方とGTオンライン対戦が出来れば素晴らしいと思います。ガイドラインに、理論的な部分だけではなく、そういった精神的な部分?みたいな記述を詳しく追加されても良いかもしれませんね。
    ヘタな事は言えないと思い、何度か読み返した上での意見です(笑)。生意気な意見かもしれませんが、お気に障りましたら申し訳ありません。長文乱筆失礼しました。

  9. いえいえ
    大変参考になる意見でした。
    確かに説明不十分の部分が多々あるかもしれないと思いつつ、急いで仕上げた為に説明文が抜けてしまっているかもしれません。
    確かにご指摘のある点に措いてはゲーム内でのガイドラインと言う事でいろんな面で有効に使える内容にしたつもりです。
    (GT5のゲーム・システムを幅広くの予想をした為で、GT5Pと体験版での使用はその修正の為と考えています。)
    したがって現実的にゲームの内容に全て当てはまる事は毛頭考えておりません。(この説明抜けてました???チェックしてみます。)
    モラルとマナーは実際のレースではこうしてるんだと言う説明と、ゲームが始まって実際のGTのシステムを観てから改訂すると言う事が実際にはあると思っています。
    ご指摘の60Km/h制限しかりピットスルー・ペナルティー等しかり・・・
    それから同一周回でのバトルに措いては明らかにスピードの差がある場合に措いては譲らないといけませんが、さほどの差がない場合に措いてはブルー・フラッグは実際のところ振られる事は無く、バトルに措いても露骨なブロックやラインの変更、スリップ外しや故意による押し出し等の蛇行や無謀走行 等を行なわなければよいと言う事です。
    サイド・バイ・サイドの際には相手のラインを殺さないように残してあげたりする事はもちろんレースでは常識ですし、もちろん抜き去った後に走行ラインから締め出すような走行をしなければOK・・・と言う事です。
    まあ実際のところ2007 AUTOBACS SUPER GT Technical&Sporting Regulations Digestや日本自動車連盟(JAF)の国内競技規則、2007富士チャンピオンレース一般競技規則書を基本にしてるのでかなり仰々しい内容にはなっていると思います。
    プロレーシングドライバーは実際にそれに従って走行してるので、それからするとDMSSのは簡単に仕上げたつもりだったんですが・・・
    それから総監督を務めているレーシングチームは基本的に二輪のチームですので全て共通と言う訳ではありませんが、内容は多少違ってもモラルとマナーに措いては厳しく指導しています。
    それからこのガイドラインはゲームはもちろんの事、実際のカーライフやカーレースに共通して使用出来るようには考えていますが、行なわれるレースによってもレギュレーション等も違いますし、それがゲームとなるとゲームシステム如何により内容を変えざるを得ない状況に現段階はあります。
    (実際にGT5P体験版やGT5P、もちろんGT5のゲームを実際に行なってみてからでないと不明な点が多すぎるためです)
    ですので基本はGTのゲームシステムに従い走る、しかしそこにマナー違反及びモラル違反となる事がある場合にはガイドラインに従いDMSSメンバーは走行をすると言う事です。
    DMSSは全てのドライバー(プレイヤー)の見本及び手本になるよう走行するのが暗黙の了解事項ですので。
    これからメンバーが増える事を考えたらこの内容を記載したほうが良いかな~~~と考えていますけど
    そうそう私は当面の間PS3とかの購入手配等を渋ってる関係上、GT5P及び体験版では私が参加出来るようになるまでTOSHIROさんが主宰代行で動いてくれます。
    なるべく早くとは思ってるんですがまだ信頼性やら高額やら廉価版の中途半端さやらが引っかかっちゃってて
    PDFは時間をかけて修正しながらアップしなおす予定です。
    その前に修正点が出て改訂版の発行となるかもしれませんが
    まああくまでもガイドラインですのでザクッと観てください

  10. SYORI より:

    >クワトロさん
    ご返信どうもです。仰ること概ね理解できました。あくまで全体的な視野からこちらを作成されたという事であれば問題ないと思います。
    このPDFをご覧になる方々が全てモータースポーツを理解している方ばかりであれば、この内容でも全く問題ないと思いますが、これからメンバーさんを増やしていくという事でしたら、そういう方ばかりとは限らないでしょうし、そういう方のためにもう少し分かりやすくした方が良いかな?って思ったりしました。部外者なので、メンバーの方々がどう思われるのかが分からないのが不安ですが、あくまで一個人の意見として聞いていただければ。
    TOSHIROさんの件、PDFに書かれてましたね。これから色々大変でしょうが頑張ってください。早くPS3が入手できればいいですね。年末にGT5Pパックとか出そうですが(笑)。

  11. そうですね
    大変参考になるご意見ありがとうございます。
    まあメンバーもなんですが、加盟チームとして団体を増やしていきたいと考えていますので、沢山の方からのご意見を集めているところです。
    たとえば例として挙げるとするならば、SYORIさんのところが加入して頂けるとするのであればDMSSの参加は PUSH!PUSH!PUSH!でのエントラント加入とかと言う事になります。
    まあこじんでのさんかでもOKではあるんですがね
    まあその為の組織固めの段階でもありますもので、ほんとに貴重なご意見で助かりました。
    今後の参考にし、再度ガイドラインを観やすく解り易いかたちに持って行きたいと考えておりますし、あまり硬くなりすぎずに誰もが賛同して頂き、加入及び団体での加盟をしたいと言って頂ける体制作りを行なって行きたいと考えております。
    ご協力、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です