2008年 F1 開幕直前

    10



いよいよこの時期がやってきました。今年は色んな意味で見所が多いシーズンだと思います。まずここ最近一番ホッとしたニュースとしては、やはりSAF1チームの正式参戦発表ですね。一時はどうなる事かと思いましたが、マグマグループがチームを取得(買収?)したという事で資金的に参戦の目処が立ったみたいです。要するにチームを「売った」事になると思いますので、普通に考えればホンダのこれまでのサポートも打ち切りになる可能性が高かっただけに、引き続きホンダのサポート継続という事はちょっと驚きでした。この辺りどのようなカラクリがあるのか分かりませんが、亜久里代表も継続でチーム名も現段階で変わらないという事ですので、この辺りにSAF1チーム・ホンダ・マグマグループとの3者間で良い落としどころがあったのでしょう。いずれにしても参戦決定・両ドライバー残留というニュースは現時点では良かったと思います。
ただ2009年以降どうなるかです。早ければ来年からカスタマーマシンは禁止になるはずです。これも当初カスタマーマシンを容認した決定と180度変わりましたが(その為プロドライブは今年参戦できなくなった)、オリジナルマシンを作れなければ参戦できなくなるので、更なるチーム売却もありえるでしょう。それを見越した転売利ざや目的な今回の提携かもしれませんが・・。今後の動向も目が離せませんね;;。



今年もフェラーリが頭一つ抜けているようなテスト結果です。それにマクラーレンがピッタリ付いていくという感じでシーズンが推移していくような気がしますね。問題はフェラーリが2年目の継続体制に比べ、マクラーレンはアロンソが1年で去りコバライネンの体制に変わった事ですね。ドライバーズ争いはハミルトン・ライコネンを中心に激しい争いになりそうですが、コンストラクターズ争いはフェラーリ優位じゃないかなと思います。コバライネンがどれだけポイントを稼ぐかという点に注目が集まります。マクラーレンとしてはスーティルを取りたかったようですが、結局契約問題等で適わず、3番手候補?だったと言われるコバライネンを招いたらしいですし、その辺りが微妙に影響しそうな気もします。ただ個人的にはハミルトンを脅かすような速さを見せて、世界を驚かせるような活躍を見せて欲しいと思ってます。

3番手争いに何処が食い込んでくるのか非常に興味がありますね。現時点ではBMW・レッドブル・ルノー辺りでしょうが、ここにウィリアムズが割って入ってくる可能性があるかもしれません。シーズン前テストでも非常に好調が伝えられていましたし、ロズベルグより良いタイムをマークしていた中嶋一貴に非常に注目しています。何と言っても私の若かりし頃の熱烈応援対象だった中嶋悟氏の息子ですしね!。もちろんテストタイムを比較するのは意味の無い事であることは分かっていますが、この感覚は2004年シーズン前、琢磨がバルセロナでコースレコードをマークしたと聞いた時に覚えた武者震い(笑)に近いものがありました。開幕戦では驚くべきシーンが見られるかもしれません。非常に期待しています。
アロンソ加入のルノーですが、現実的に見てもシーズン序盤は苦しい戦いを強いられそうな雰囲気ですね。彼のプラスアルファ的な走りでどこまで上位に食い込んでいくのか、この辺りも見ものです。

ホンダ・トヨタですが、意外と(失礼)今年のトヨタはやるかもしれませんね。勿論巨額の資金を投入しているわけですから結果を出さなければいけない時期には来ていると思いますが、今年のマシンはそれなりにまとまったパッケージになっているような気がします。トゥルーリの頑張りに期待でしょうか。ただ新加入のグロックはマシンへの適応が遅れているようで、目立ったタイムを残せていないのが気になりますが・・。
ホンダもテストではイマイチ好調という感じにはお世辞にも見えませんでしたが、長い目で見ての開発が容易なパッケージにしてあるという事なので、シーズンが進むに連れて徐々にポテンシャルを発揮していくのではないかと思っています。特にロス・ブラウン効果も段々と現れてくるでしょうし、個人的にはシーズン中盤から後半に掛けての大化けを期待しているところです。
とは言いつつ、今年は2強以外の実力がかなり拮抗している感じなので、シーズンが始まってみないと実際どうなるか分からないくらいです。標準ECU搭載となる今シーズン、TCSデバイスも無くなり(とは言いつつ、ECUの最適化でかなりそれに近いものが出来上がっているようですが・・)レースとしては雨が降ったときにかなり荒れそうな予感がしますので、この辺りも今年のF1を面白そうにしている要因かもしれません。

その他チームですが、フォース・インディアにヤングイタリアンといわれた(古いですが(笑))フィジケラが加入して、ドライバーラインナップはかなり良くなったと思いますし、ガスコイン作のマシンがどれだけ走ってくれるか興味がありますね。少なくとも昨年のようなテールエンダーに居続ける事は無さそうな気がします。
となるとやはり最後尾はSAF1が腰を据える事になりそうです・・。シーズン前テストは殆ど走っていませんし、マシンはリアエンドは今年版とは言え基本的に失敗作のRA107ですから、どう考えても上位進出はありえないと思います。ただシーズン中盤には2008年仕様のRA108に変更されるとの噂ですし、そうなったら競争力は一気に上がるでしょう。ただその時に外野からの煩い声が聞こえてこなければいいのですが・・・。


あとチーム・ドライバー以外に興味があるのが、Singapore GP公式サイトにも「the race will be the first held at night in F1 history」と書かれているように、F1の歴史の中で初となるシンガポール市街地でナイトレースを開催するシンガポールGPです。現地時間の20時(日本時間で21時)決勝スタートと言う事で、欧州でのレース開始時刻と全く同じところに「欧州重視」の思惑が見え隠れしますが(笑)、物凄い照明施設の中を走るF1と言うのはすごく新鮮味がありそうです。ブレーキローターの焼け具合もはっきり分かるでしょうし、幻想的な雰囲気を出してくれそうです。コースとしても市街地コースで直角コースの多いストップアンドゴーなコースなので、ブレーキにもきつそうですしレースそのものとしての見所も多いような気がします。
新コースとしてはもう一つヨーロッパGPとしてスペインバレンシアでの市街地コースです。コース紹介の文に「モナコを思わせる海沿いのコースで25ものコーナーがあるが、平均時速は200km/h超、最高速度は300km/h超に達する」とありますので、意外と迫力のあるレースが見れそうですね。


色々と書き綴りましたが、SAF1の件で数日以内には海外メディアから新カラーリングのお披露目映像や、現体制の詳細発表等色々なニュースが駆け巡ると思います。これらも非常に注目です。
開幕戦オーストラリアGPは3月14日(金)10時(日本時間8時)から1回目のフリー走行開始です!