ねんきん特別便

    8



過去2回封筒で届いては放置していた「ねんきん特別便」。テレビやメディアで一時話題になったアレですが、厚生年金記録はしっかり書かれていたし、それ以外といえば20歳から数年間の国民年金期間でしょう。その期間はアルバイトしながらバンド・2輪オフロードとかばかりしていた時期だったので慢性的な金欠状態で当然支払い能力はゼロ(笑)。そんな時、親父が幾らかを払ってくれたような記憶があったんです。
その時は「助かります・・」という気持ちよりも、「年金?そんな先の事なんか考えられん」みたいな感覚でしたので(笑)それ以来完全に記憶から消えてたのですが、その封筒が最初に届いた時に記録を見ると厚生年金記録しか記載されていなかったので親父に電話して聞いたんです。

私:確か俺が家でフラフラしてた時に幾らか払ってくれたやんな?そんな記憶があるんやけど・・
父:そうやったっけ?全く覚えてへんわ
私:ほんまに?こんだけ払ったから後はお前で何とかせえっていうてなかったっけ?
父:どうやろ・・全く分からんわ
私:払った時の控えなんか当然残ってへんわな?
父:そんなもんあるはずがない(笑)。

という事で(笑)、親父の記憶も無い・領収書も無い、という事で私の記憶しか残ってない以上、これ程アテにならない事は無いという事で放置してた次第なんです(笑)。しかし2度封筒が届き、遂に昨日3回目となるハガキ(至急連絡してくれ!みたいな)が届きます。しかも「あなたの具体的な情報がありますよ!!」みたいな思わせぶりな言葉が書かれてます(笑)。
そう言われたら電話しない訳にはいかないな・・と重い腰?を上げて受話器を取りました。



電話を掛けるととにかく話し中。3回目くらいから嫌になってきてどうでもよくなってきたのですが(笑)、その後このまま暫くお待ち下さいというメッセージになって、爽やかな音楽が流れてきます。役所関係の対応って最悪な記憶しか無いので、全然爽やかな気分にはならないのですが(笑)、そのままオンフックにして放置します。

5分くらい待ってようやく電話が繋がります。担当は超マジメそうなオジサン。声のトーンもハキハキしてて、とても役所関係の人間とは思えないくらいです。ここで役所人間らしいふざけた奴が出てきたら、むちゃくちゃ言うてやろうかと思ってましたが(笑)、普通に対応します。



私:えー以前から封筒が何回も届いてて、今日はハガキが届いてたんですが。電話しろと書いてあったので電話しました。
担:どうもありがとうございます!(めちゃくちゃテンション高め)。
私:実は国民年金時代に親が幾らか払ったという事を言ってたような記憶があるんですが・・
担:(話を遮って)あーなるほど。では早速本人確認をさせていただきたいので~~~~

 ※ここで封筒内の記録紙に書かれたデータや住所など色々伝える

担:ありがとうございます。では早速ですが、厚生年金記録が始まってる平成**年**月の株式会社~~以前の国民年金時代に何か心当たりはございますか?
私:(さっきいうたやんか・・)えー国民年金時代に親が幾らか払ったという事を言ってました。何時頃の分かまでは覚えてませんし、証明となるようなものも何もありませんけど・・。
担:その時は現住所とは違ってませんか?
私:(ん?何で知ってるんや?)はいはい、そうです。その頃は結婚前なので実家に住んでました。
担:ではその住所を仰っていただけますか?
私:(こいつ何か知っとる!)えーと、京都市~~~~です。
担:了解です。えー実はですね・・

 ※という事で、国民年金時代に親父が払ったと思われる分の納付分を担当員が話し始める。

私:やっぱりあったんですか。私の記憶だけで親も忘れていたのでてっきり思い違いかと思ってました。何で記録漏れしてたんですか?
担:では記録を統合させてもらっていいですか?

 ※具体的な事をあまり触れたがらない(笑)。とにかく先に進もうとする担当

私:それは構わないんですが、何でこんな事になってたんですか?私みたいな者でも該当するんでしたら、他にも一杯居そうですね。
担:そうですね・・。では記録を統合させてもらっていいですか?
私:ちなみにこの分を入れてもそんなに額は変わらないですよね。全体で見れば微々たるものですし・・。
担:そうですね・・。額は今後どうなるのか全く分かりませんしなんともいえませんね・・。
私:どうなるか分からないってどういう事です?
担:まあその・・年金制度自体が将来どうなるか分からないですし(だんだんトーンが落ちてくる)、あの・・金額がどうなるとかそういう具体的な事は言えないんです。
私:まあそりゃそうですよね。
担:では記録を統合させてもらっていいですか?

 ※とにかく一刻も早く記録の統合手続きの説明をして切りたいみたい(笑)。

私:はい、それは勿論お願いします。どうすればいいんですか?
担:ありがとうございます。それではまず・・・

 ※ここから封筒に入っていた返送用紙の記入方法を具体的に話し始める。

私:わかりました。それでは早いうちにお送りするようにします。
担:ありがとうございます。宜しくお願いいたします。担当~~がお承りしました。



-----------------------------------------


こんなやり取りで終わった訳ですが・・・。

結構疑問というか不思議だなと思う事がありますね。まず電話した時点で明らかに記録漏れがある事を知ってたこと。明らかに知ってる上で誘導尋問っぽくこちらに問いかけてきてましたから。にも関わらずここまで封筒や電話などで確認させる手間を掛けるのが不思議ですね・・。わざわざここまで手間を掛けなくても勝手に統合しておけばいいんじゃないの?って思ったんですが。

封筒・ハガキ送るのも税金なんだし、出来る事はそちら側でやればいいのに・・って思うんですけどね。しかも電話はナビダイヤルですので、保留中も含めずーっとこちら側の負担ですし。電話代がどうとか言うよりも、そもそもそちら側の不手際なのに、何故こちらが負担しなければいけないのか・・という気持ちでした。まあそれも含めて税金として使われるくらいなら、こちらで負担した方がマシかな?とは思いましたけど、あれ絶対文句言う納税者が多いと思うんですけど(笑)。めちゃくちゃ待たされましたしね(笑)。

まあそんなこんなで国民年金分が晴れて統合されたという事で良かったとは思うんですが、年金制度がこのまま継続するとは思えないので、私が年金貰える歳は一体何歳からになるの?っていう不安もありますし、それ以前に本当に貰えるの?っていう部分が大きいかと(笑)。

とにかく感じた事は、国民年金→厚生年金に切り替わったケースで記録に統合されてない方がかなり多そうな気がするので(私が該当してたくらいですから)、心当たりのある方は一度確認された方がいいかもしれません。まさか私が該当してるとは想像もしませんでした(笑)。

あと自分の記憶力も素晴らしいな~とちょっと思ってしまいました(笑)。





こちらの記事も一緒に読まれてます。