2008年 F1 第14戦 イタリアGP

    12



今回はホント良いものを見れました。初PPを取った時のヴェッテルの無線の絶叫も感動ものでしたが、今回の優勝はいったい誰が予想したでしょうか。ウェットレースになる可能性は少ないと聞いていたので、雨になった時点で少し可能性はあるかも?という風に思えましたが、まさかホントに勝つとは・・。
2006年にも記事に書きましたがBMWザウバーのサードドライバーとしてフリープラクティスに参加し、いきなりトップタイムを叩き出していた弱冠19歳の青年は、翌2007年にクビサの代役としてデビュー戦でポイント獲得。そして今年トロ・ロッソでフルシーズン参戦となり前半戦の不振を考えるとまさかの初優勝です。特に昨年スピードと交代で加入した時も雨の富士では凄い速さを見せていましたし、今年のモナコも雨の中入賞していますから、雨での速さは驚異的です。在りし日のセナを思い出させるような走りに魅了されてきた方も少なくないんじゃないでしょうか。表彰台で流れたドイツ国歌~イタリア国歌の流れは、私も含めてあの人を思い出した方が多かったんじゃないでしょうか(笑)。ミハエルがF1に来るまではドイツからF1のチャンプが出るなんて時代ではありませんでした(あの当時ドイツはまだ東西に分かれていましたよね)。しかし今回のレースではっきり、ミハエルの後継者としてのドイツ人ドライバーが現れたといっても過言ではないでしょう。唯一心配なのは、来期レッドブルに移籍が決まっていますので、ポテンシャルを発揮出来るよう、ちゃんとしたマシンを提供してあげて欲しいと思いますね。
セナがシュレッサーとのアクシデントによりフェラーリワンツーが完成し、ベルガーと故アルボレートが表彰台に上がった日から20年。今度はチーム代表として若いヴェッテルを表彰台から見つめるベルガー。時代の流れを感じましたね・・。



マクラーレンははっきり明暗が分かれましたね。コバライネンは何とか2位を死守しましたがハミルトンは追い上げたもののマッサの下でチェッカーとなり、チャンピオンシップでは唯一1ポイント守ってますがもう全く差が無いといっても良いでしょう。今回のレースでもトヨタのグロックにあからさまな幅寄せをしたりと、どんどんヒールな雰囲気になってきましたね(笑)。日本ではファンが離れていくのも致し方が無いかなと思いますが、残り4戦はマッサとのチャンプ争いが最大の争点になるでしょうし、正々堂々としたクリーンバトルを見せてもらいたいと思います。

フェラーリも明暗分かれましたね・・。予選Q2で落ちてしまったライコネンは、その時点で決まってしまったようなものでしょう。勿論ドライコンディションならまだ可能性はありましたが、あそこまで視界が悪いとどうしようもなかったですね。9位チェッカーでノーポイントに終わってしまったので、これで今年のチャンピオンシップは可能性が残っているとはいえ実質終了確定となったと思います。そういう意味ではマッサには最高のサポートドライバーが出来たといえますので、今年のチャンピオンシップの行方は、マッサ有利かなという感じがしています。果たして最終戦ブラジルでセナ以来の母国チャンプ誕生という歓喜を味わう事が出来るのか、非常に楽しみですね。


さて、今週木曜日に迫った琢磨のテストドライブですが、ホントに楽しみですね。まさかトロ・ロッソがグランプリウィナーマシンになるとは夢にも思いませんでしたので、琢磨自身もこのチャンスは絶対に逃したくないでしょう。今季のトロ・ロッソの好調さを考えても、来期はレッドブルがフェラーリエンジンを搭載する可能性が否定できませんので(基本シャシーは同じですから)、エンジンを探さないといけなくなる状況であると考えると、やはりホンダエンジンを積む(しかも無償であろうと予想されます)という選択肢が出来るだけに、琢磨有利な雰囲気があると予想していますが、果たしてどうなるでしょうか。18日が本当に楽しみです。


最後になりましたが、本当にヴェッテルおめでとう。そしてチームの人々のあの歓喜を見るとやっぱりプライベートチームっていうのはホント良いものですね。ミナルディ時代のチームスタッフも数多く残っているみたいなので、喜びもひとしおだと思います。もはや叶わない想いながらも、SAF1でこういったシーンを見たかったです・・。