メモリ増設後の予期せぬトラブル

    7



日時は前後しますが、土曜日夜にメモリ増設を行いました。これまで1GB*2搭載していたのですが、ここまでメモリが安くなっているので更にDDR2 PC-6400 1GB*2を増設。2GB*2でも良かったのですが、余った領域をRAMDISKにしてもせいぜいページキャッシュとか仮想メモリくらいにしか割り当てできませんし、それで速さが体感出来るとは思えなかったので価格(2980円)を優先に。それにしてもメモリ安すぎです(笑)。
まあそれは良いのですが問題はここから・・。折角だからこの機会にPC内部の掃除をしようとCPUヒートシンクやVGAヒートシンク、各種ファンなどにホコリが堆積していたのでそのあたりを除去。拡張ボード(サウンドカード、キャプチャカード)等を取り払って綺麗にしてから組み直し。クリーンになった内部を見て満足感に耽りながら(笑)電源ONするとOSは起動するものの音が鳴らず。どうやらサウンドカードそのものが認識していない様子。挿す位置も全く同じにしてるのにおかしいなと思い接触不良を疑って何度か抜き挿ししてたらVistaでは認識したのですが、デュアルブートにしているXPで認識させると、ドライバを入れた瞬間にブルースクリーン→再起動→デスクトップが現れたらブルースクリーン→再起動の繰り返し。
何が起こってるんだ??と冷静に考えつつセーフモードで立ち上げようとしましたが・・。



私の環境ではVistaをインストール後にXPをインストールしてデュアルブートにしているのですが、最初のBIOS画面からOS起動が開始する前に、どのOSを起動させるかの選択画面が出るのです。ここで問題が。Vistaを選択してからF8を押すと起動オプションが出てきてセーフモードを選択出来るのですが、XPを選択してF8を押しても起動オプションは出ず・・。XP起動を決定したらF8は効きませんので、セーフモードで立ち上げる事が出来ません;;。ネットで色々調べてみましたが、同じような人は居たけど解決策は探せず・・・。
何度やってもブルースクリーンしか出ないので再インストを決意しかけましたが(笑)、あまりにもダルいので何とか出来ないかと考えます・・・。Vistaでは問題なく動作しているのにXPではダメというのも腑に落ちませんし、そもそも今まで動いていた環境から変えたといってもメモリ増設だけですし。サウンドカードが認識していない時は4GB挿しでVista/XPどちらも起動していたのでメモリが原因とは考えにくいですし。なので一旦PCIに挿さっているボードを2枚とも抜いてみることに。XP側でIRQ競合でも起こっているのかなと思いましたので。まずはサウンドボード一枚挿して起動すると見事にVista/XPどちらも起動し音も出ます。そしてキャプチャカードを更に挿して起動するとあっけなくVista/XPどちらも起動(笑)。

・・・・なんだったんだろうという感じですが(笑)、やっぱりIRQの割り当てが上手くいってなかったんでしょうかね。サウンドカードが認識していなかった段階でキャプチャカードは認識していた訳ですから、後からサウンドカードを認識させたが故の結果という風にしか考えられないですし。でもいい勉強にはなりました(笑)。これでOS再インストとかになってたらあまりにも辛かったですし・・。メモリ増設してOS再インストとか笑い話にもなりません(笑)。

いずれにしても元には戻りましたが、メモリ4GBにしても予想通り体感は何も変わらないです(笑)。まあ元々仮想メモリを使うくらいのハードな作業もしていないので当然ですが;;。GTR2などのコースローディング(初回)は何となく早くなったような気もしますけど(笑)。