2010年 F1 第17戦 韓国GP

    6



初開催の韓国GP。レース直前までサーキットが未完成状態で、本当に開催出来るのだろうか、とかなりヤキモキしていましたが、何とか無事開催出来ました。コースそのものはドライバー全員が気に入っているようで、実際オンボードを見てもかなり楽しそうな感じです。ロングストレートや高速セクション、低速複合コーナーがあったり、ブラインドの市街地のようなコーナーがあったりと、様々なサーキットの特徴をちりばめたようなレイアウトといった印象です。ここはヴァーチャルで走ってもかなり楽しそうな気がしますねー。

さて、サーキットのこけらおとしがF1というのも前代未聞みたいで、サーキット舗装のグリップレベルはかなり低いものと思ってましたが、そこは流石F1ドライバー。金土と大きな混乱もなく走行を重ね、良い感じにラバーグリップが乗ってきたのですが、土曜夜から大雨となってしまい、折角のラバーも洗い流されてしまいましたので、天気がドライになったとしても波乱を予感させましたが、決勝時間を迎えてもやむ気配は無く、何か今日はとんでもない波乱が起こりそうな予感でした。




スタートはディレイされ、そしてSCを先導してのスタート。しかし3周走った時点でレッドフラッグ。そこからは約1時間近くレース中断となります。その後再びSC先導の中、再スタートを切って10周以上をローリングし、いよいよレーススタート。

予選の結果や状況からして、レッドブルがワンツーを決めるのは確実かと思っていましたが、やはりこういう天候となるとすんなりとは終わりませんね。といってもレッドブルが全滅するとは誰が予想したでしょうか。
ポイントリーダーのウェバーは完全なミスにより自滅、ロズベルグを道連れにクラッシュ・リタイアとなってしまいます。今宮さんも言ってましたが、雨のレースは今まで勝った事が無いんですよね。ああいうミスでレースを落としてしまうとチームとしても非常に難しい立場に自ら落としてしまうような気がしてなりません。これでチャンピオンシップも大きくヴェッテルに流れていき、次戦からは名実ともにヴェッテル優先のチームとなるのかな・・と思っていましたが、終盤にまさかのエンジントラブル。大きく煙を吹いてルノーエンジンが息絶えた時は、まさかの展開に衝撃でした・・。



レースは、ヴェッテルのリタイアでトップに躍り出たアロンソがそのままトップチェッカー。ハミルトンとマッサが続いてフィニッシュ、その後に映像にはあまり映りませんでしたが、ミハエルが復帰後最高位の4位チェッカー。出来れば表彰台に・・と思っていましたが、あと一歩届きませんでしたね。

レースは75%を消化するかどうかが注目となっていました。未満だとハーフポイントとなってしまうので、ウェバーにとっては祈るような思いでそうなって欲しいと思ってたでしょうし、他のタイトルを争うドライバーは何とか超えてくれと思ってたでしょうね(笑)。
結果、42周を終了し、75%をクリアしてポイントが全て付与される状況になった時点で、他のドライバーは早く終われ!と思ったことでしょう(笑)。実際、日没が迫り、テレビで見るよりも相当暗かったんじゃないかと予想しましたので。エンジンブローでノーポイントとなったヴェッテルは、本当に早く終わっていれば・・と悔やんでも悔やみきれないでしょうが、こればかりは運ですからね。エンジンに一番厳しいと思われるアロンソも残り2戦どうなるかですから。

これでランキングはアロンソがトップ。残り2戦でアロンソが単独トップに来るとは予想もしませんでした。特に中盤戦の状況を見ていた限りでは。ウェバーはまだポイントランク2位ですので、アロンソに何かあればチャンスは残っていますし、ハミルトンとヴェッテルもまだ分からないかなという感じでしょうか。でも、大きくアロンソにチャンスが巡ってきた事は間違いありません。唯一の気になる点は、前述したエンジンでしょう。8機目を既に使い切っているので、何かあれば即10グリッド降格となってしまうだけに、残り2戦で何かあれば、一気にポイント差を詰められてしまう可能性が高いです。その時にウェバーが勝つような事があれば、逆転される可能性もありますから。ブラジルとアブダビもレッドブルが速いコースかと思いますが、また今年も凄いドラマが終盤に待っているような気がしてなりませんね。楽しみです。


そして可夢偉。早い段階でインターミディエイトに交換し、レース終盤は摩耗が厳しそうで苦しい展開となっていましたが、上位勢の脱落に助けられ8位フィニッシュとポイント獲得。韓国GPだけにアジア人贔屓だったのか、日本GPでの活躍があったからか、今回も国際映像に良く映っていました。スーティルとのアクシデントにはヒヤっとしましたが(スーティルは次戦5グリッド降格ペナルティ)、何とかフィニッシュまで持っていってくれて素晴らしかったですね。ホント、この安定感と堅実性、そしてタイヤを持たせる走りと、攻める時はガンガンいくという、このメリハリがとても良い感じに思えます。ペーターさんもさぞかしご満悦ではないでしょうか(笑)。
残り2戦、ブラジルとアブダビは去年に可夢偉の人生を大きく変えた2レース。また良い走りを見せてくれて、良い形でシーズンを終えてもらいたいですね。