立木観音 厄除け行脚

    2



たいそうなタイトルが付いてますが(笑)、昭和46年生まれの私はいよいよ前厄に当たる歳になってしまいました・・。あと2日で誕生日を迎え、大台突入してしまう私ではありますが;;、その前に厄祓いをしにいかなければ・・と思い、本日滋賀県にある立木観音に行ってきました。
滋賀へ向かう時に何時も走るルートにこの立木さんがあるのですが、今まで行った事もなく、何を祭ってるところなのかも知りませんでした・・。昨年に某フレンドな方(笑)から「厄年なめたらやばいですよ」とありがたい(?)助言を受け、そうか・・やっぱりそういうのしておいた方がいいんやろうな、と思いはじめました。男の場合、24~26歳も厄年に当たるのですが、その時も全く何もしていませんでしたし・・。

で、調べ始めたらその立木観音さんが全国的にも厄除けとして有名な場所だったという事なので、それなら行ってみようと思った次第です。
私は母親方の実家が大きなお寺で、親類もお寺関係が多く、私が行ってた大学も仏教関連な学校だった事もあるのですが、全くそういう信仰的な事に興味がなく、むしろバカバカしく考えてたフシがあるのですが、そういう私が自分から厄除けに行こうって思ってしまうんですから、歳を取ったんだなぁって思わず感慨深くなります(笑)。

車で向かう事20分ほど。何時もの場所ですがやたら車が多く、近場の駐車場は全く停められません・・。仕方なく遠いところの臨時駐車場に停めて、歩いて向かいます。天気が良かったとはいえ、まだ雪がチラチラ残っているような寒さだったので、震えながら歩いて向かいます・・・。

なお写真は携帯で撮ったものなのであんまり画質は良くありませんがご了承を・・。




この境内まで行くのに、700段ある階段を上っていかなければいけません。とにかくこれがキツかった・・。上まで上がるのにかなりの高さまで階段を使わないといけないから結構しんどいよ、という話は以前にも聞いた事があったのですが、ここまできついとは・・。でも厄除けに上っていくのが修行?のような感覚でいたので、途中で休憩するのは良くない事だと勝手に思い込ませ(この写真は帰りの写真です)一気に上りました。なので、途中で汗だくになるわ、息は上がるわ、心拍数は凄まじいわで、ホントこのまま死ぬんじゃないかと思いました・・。









死ぬ思いで境内に(笑)。この立木観音の厄除けの効果は大晦日までとか・・。なので年明けは新たに厄除けをしてもらうために人が殺到して混雑するみたいですね。といっても厄除けだけではなく、普通に初詣として来られている方も多いような気がします。おみくじの括りもこれだけありましたので。





雪がまだ残っていました。





厄祓いの申し込みを済ませ、参拝経路?を聞いて、その順番通りに各所へお参りしていきます。厄除けの鐘があるのですが、それを鳴らしに行くだけで20分くらいは並びました・・。それもまた階段を上っていくので(まあちょっとだけですけど)、体力ないと厳しいですね(笑)。





もらってきたもの。祈願料は3000/5000/8000円とありましたが、私は5000円のにしておきました。中身に差があるのかは分かりませんが、住所や氏名が書かれた紙に祈祷でもしてもらえるんでしょうか、数日後にお守りか何かを自宅に送ってくれるそうです。それをどう使うのか知りませんが(笑)。この白い紙袋の中に入っているお札?は枕元の高い位置に貼っておけ、と言われましたが・・。子供用にこの札を勉強する机の周りに貼っておけ、とか言われて5枚くらいお札があるのですが、どれがどれだか何かよく分からないんですよね(笑)。





なんか、折角行ったはいいけど、もうちょっとちゃんと聞いておけばよかったです;;。そんなところに以前の信仰心ゼロでテキトーだった私が見え隠れしてたのかもしれませんorz。
中に御供物と書かれたお菓子?ぽいものが入っているのですが、これは食べたらバチが当たるんでしょうかね(笑)。そんな事もサッパリ分からないので、明日電話してどのお札をどうしたらいいのか、後日送られてくるものはどうしたらいいのか、ちゃんと聞いておこうと思います;;。

まあそれはさておき・・
これで全て世の中が良い方に回っていくとは勿論思ってはいませんが、やるべき事をやったという充実感と言いましょうか、気持ち的には凄くスッキリしたといいましょうか。とにかくしんどかったですが、ちゃんと行って良かったなっていうのが正直な感想です。

私と同世代な方はきっと多いと思いますし、皆さんも面倒くさがらずに行ってきてくださいね。





こちらの記事も一緒に読まれてます。