グランバレーTA その1

鈴鹿も終わってゆっくりしていましたが、常に大会は開催されているので走り続けなければいけませんね(笑)。

さて、今回は第16回オープンクラス大会 「グランバレー・スピードウェイアタック1st」です。車が4種類ありますのでR34も含め走ってみましたが、普通に乗った感じではGT-Rコンセプトが一番タイムが出やすいですね。グランツーリスモGT-Rは馬力も出てるしこれはいいかな?と最初は思ったのですが、コンセプトとは正反対の物凄いオーバーステア傾向の車なので操るのが大変です;;
過去GTで走ったことのあるコースではありますが、GT4では初めて走ります;;。なので、まだコースを学習している段階なので全開状態での乗り比べもしていませんので正確な比較はしていませんが、慣れてきたら車の差はどうなんでしょうね。既にランキングはコンセプトのワンメイク状態ですが(笑)。

昨日走ってみて、大会登録コメントで皆さんが書かれているようにGT-Rコンセプトのドアンダー傾向が良く分かりました・・・まあ確かに曲がらない車です。でも走り方次第では上手く曲げられる感じです。とにかくアクセルを少しでも開けると酷いプッシュアンダーなので、コーナーアプローチでは車を曲げるまではアクセルを開けられない車のようです。いかに向きを上手く変え、早めにアクセルを開けていけるかがタイム向上のコツっぽい気がします。
コース的にも最初のヘアピン後にやってくる左・左・右のアンジュレーションがある難しいコーナーがありますが、ここでも最初の左コーナー後の激しいアンダーをいかに抑えて次のインに飛び込めるか、あとは最終コーナー手前のアールの小さいS字コーナーでしょうか。ここだけでも結構タイムが変わるかと思います。

昨晩ちょっと走ってみて1分58秒2までは出ましたので早い段階で57秒台は入れるでしょうが、最終的には56秒台に入るっぽい感じですねー。毎度ながら厳しい戦いが始まりそうな予感です(笑)。いずれにしても早いこと走りのリズムというか、各コーナーごとの攻め方を確立して走り慣れてくればタイムは勝手に上がっていきそうです。今回は100.9%範囲のゴールド圏内ですので、今のタイムから計算すると1秒くらい遅くても圏内です。とりあえず今のタイムでも既に圏内ではありますが、最終的にその範囲内に残れるよう頑張りたいと思います。

グランバレーTA その1” に対して2件のコメントがあります。

  1. C.1 より:

    SYORIさんこんにちは。
    今回は鈴鹿の後ということもあり、気が抜け過ぎてあまり気合が入りません。しかも仕事が特に忙しくなってきたので、アタックも3日に1回1時間程度になってきました。
    しかし、何故かこれ以上走り込んでもこれ以上タイムは伸びずに逆にタイムダウンする傾向にあるようです。今回はちょこっとだけ走るのが逆にいいのかもしれませんね。
    さて、マシンですが、最速は間違い無く新型GTRのコンセプトカーです。
    グランツーリスモGTRも試したのですが、直線加速は上の伸びがややグランツーリスモGTRの方が速く、制動距離もこっちが確実に短いです。にもかかわらず、グランバレーの周回タイムでは新型コンセプトが確実に速いですよ。
    このコンセプトカーはやはり独特の走り方が必要なようです。それを見つければ簡単にタイムアップしますよ。
    コース的にはほぼ全コーナーが同じぐらいタイムアップの鍵を握っています(前半の高速S字は一つと考えるとして)。
    56秒台はまだ見えてませんが、57秒前半はいくハズです。

  2. SYORI より:

    C.1さん、こんばんわ。
    お仕事お忙しいようですね。私もそうですが年末に向けて仕事の方は何かと増えてきている雰囲気で、毎日忙しく過ごしています。
    さて、マシンの乗り比べをしてみましたがおっしゃるとおりコンセプトが一番タイムが出ますねー。グランツーリスモGT-Rは直線加速・ブレーキングにアドバンテージがあるのですが、コーナー立ち上がりで確実に負けてる感じです。どうも2速の扱いが非常にシビアな感じですので、58秒台までは出ましたがそれ以上出せる気がしません(笑)。ギア比をいじれたらいけそうな気もするのですが出来ませんからね・・。
    実際57秒台をさっき出したのですが、その感じでは今回の私の投稿に書いてあるように56秒台はちょっと私には無理っぽいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です