2006年 F1 第9戦 カナダGP

今回は今までに増して睡魔との闘いでした(笑)。北米ラウンドは毎年日本時間のズレが多く、2時までサッカーを見ていましたがその時点で結構睡魔が襲ってきて、レース中は意識モウロウの中見ていました(笑)。
決勝はアロンソが安定した走りで4連勝、チャンピオン街道を突っ走ってますね;;。2位は最後の最後でライコネンをパスしたシューマッハ、3位にミスで順位を下げたライコネンという結果でした。



それにしてもルノーは強いです。トラブルは全く無く、レースペースも力強く、ドライバーもミスをしない(フィジコは別(笑))とあれば、無敵といえるくらいですから。今年躍進しそうでしなかったフェラーリ・ホンダ辺りがなかなか競争力を上げられない中、かなりラクなシリーズを戦っているのではないでしょうか。マクラーレンは今回のレースで大分ルノーとの差を縮めてきたように見えますが、今回はライコネンが珍しくミスをしてしまいましたね。モントーヤは相変わらず暴れん坊といったところでしょうか(笑)。
しかし今回のレースで特筆すべきはクルサードでしょう。予選16位から順位を上げ、最後はミスをしたバトンを抜き8位ポイントゲットです。モナコでの表彰台もそうですが、このいぶし銀の走りは来年、天才ニューウェイのマシンに乗る為の十分なアピールとなったと思います。
地元のヴィルヌーヴも非常に惜しかったですね。BMWザウバーで見違える走りを見せているだけに地元歓声の中結果を出してほしかったです。車載カメラの映像からこちらもやはりミス?でラインを外してしまったが為のグリップ不足によるクラッシュであると思われます。
トヨタのトゥルーリもノーポイントだったのが信じられないくらいですが、予選4位から順位を下げたとはいえ6位入賞。ようやくTF106に光が見えてきたのかもしれません。やっと2006年のスタートを切れた、と本人が言っているようにこれからシリーズ後半に向けて頑張って欲しいと思います。

逆に抜かれてしまったホンダ勢のバトン、このレースは路面温度がかなり上がったため、コース上にタイヤカスが相当散乱し、ラインを少しでも外すとグリップが復活するまでに結構時間が掛かるとの事でしたが、それ以前にグリップが全く無かったそうですね。マシンバランスの悪さは相当深刻なような気がします。セッティング云々ではなくてもっと深い根本的な原因があるような気がします。その影響かジェフウィリスがチームを出る(クビでしょうね)結果となり、中本さんがシニアテクニカルディレクターに就任という形になりました。が、現在の問題を今期中に解決できるような気がしませんし、2006年度の1勝はもう絶望的と思いますが・・。ホンダは一体どこに向かおうとしているのでしょうか。

我らがSAF1は琢磨が非常に惜しかったです。MF1が同士討ちした影響もありましたが終始モンテイロより前を走っていましたので、初めて決勝で前でゴールできるかと思いましたが無常にもストップしている画面が見えたときはため息がでましたね・・。全ドライバーが悩まされたと思う「ラインを外れた時のグリップ抜け」の影響を受けてしまったようです。

モンタニーは早々と戦線離脱しましたし、チームとしてはどうしようもなかったと思いますが琢磨の頑張りだけは素晴らしかったと思います。今の現状ではSA05の開発は殆どゼロ進行でしょうから、周りが戦闘力を上げていっている状況、ペース的にもレース内容的にもかなり厳しい戦いとしか言いようがないですが、それでも何とかしようと必死で努力している琢磨を見ると、フランスから投入されるSA06で思い切り走ってくれるシーンを今か今かと待ち望む心境です。
個人的に琢磨の評価はかなり高いですが、それなりに速いマシンを手に入れたときに今期見せている安定感がまた不安定になるないかと心配です(これが一番不安ではありますが・・)。なんとかその部分でも安心出来るよう良い走りを魅せて欲しいとおもいます。来週は直ぐにUSGPがやってきますが、ここでも苦戦は免れないでしょうから、私の心は既に7/16決勝のフランスGPに飛んでいます(笑)。

2006年 F1 第9戦 カナダGP” に対して3件のコメントがあります。

  1. SYORI より:

    FIAアンケート2006
    http://www.fia-amd-survey2006.com/
    去年もやってましたが今年もやってるようです。キャップが抽選で当たるようですが、そんなことよりも(笑)今のファンの生の声を伝えたくて参加しています。
    設問が多く、日本語もイマイチ理解不能なときもありますがF1の将来像をFIAがファンの声を参考にしている形ですので、是非皆さんも声を届けてください。
    余談ですが、設問に職業は?というのが最後の方に出てきますが、その中に「浮浪者」というのがあって(笑)思わず笑ってしまいました。浮浪者がこんなネットのアンケートを出来る訳ないだろう!と一人で突っ込みましたよ(笑)。

  2. ランドル より:

    こんばんは、昨日はサッカーやF1があり、あまり話ができませんでしたね(この時TVが14インチでチャットをしていたので、文字が読めませんでした(爆)普段は29インチでゲームをしています))
    カナダGPですが、やはり話していた通りにアロンソが勝ちましたね。アロンソも小さなミスをしましたが、それ以上にライコネンやミハエルはミスやトゥルーリにひっかかっていたので、これがなければ、もう少しバトルが観られたかもしれませんね。
    そして期待していた、トゥルーリですが4位からのスタートで、6位フィニッシュをしましたが・・・とりあえずポイントを獲ることが出来た程度だったと思います。フィジケラのピットスルーペナルティがあり、表彰台圏内を走行していたのにもかかわらず、この結果になってしまい本当に残念でした。結局、いつも通りの決勝でのペースが上がらないことが原因だったと思います(ホンダもそうでしたね)
    そして我らが(笑)SAF1ですが、凄い頑張りましたね・・・と、言いたいですが最後の最後にやってしまいました・・・。あれがなければ・・・実力(色々あって、大げさかもしれませんが)でMF1の前を走っていた事になりますから、非常に残念です。次のアメリカGPは、オーバーコースがくっついているので、この車がこのコースに対応できるか気になります。このGPを乗りきって、新車投入の予定のフランスGPに繋げて欲しいと思います。
    ベッカムのフリーキック、良かったですね~。このフリーキックで何度もイングランドのピンチを救って来たので、やはりこの人が蹴るフリーキックは必見ですね!私のベスト試合はドイツVSポーランドです。あまりの眠さに後半は殆ど眠っていましたが(笑)それでも、試合の白熱さはひしひしと伝わってきました。オランダVSコートジボワール戦も凄かったですね。コートジボワールの選手達が何度も、オランダのゴールを狙ってシュートを放っていましたが・・・残念ながら決まらずに負けてしまいましたね。どの試合でもいえることですが、やはり決定力がないチーム(チャンスに点を決められない)は負けてしまいますね。
    余談ですが、F1のエンジン音(車のエンジン音なども)を聴いていると気持ち良くなって寝てしまいます・・・特に、カナダやアメリカは気を抜くと寝てます(笑)

  3. SYORI より:

    >ランドルさん
    どうもです。14インチですと文字判別はかなりキツイですね(笑)。
    さてカナダGPですが、アロンソのコメントを見る限り結構きつかったみたいですね。1stスティントではライコネンのプレッシャーはかなりきつかったようですし、2ndスティントではライコネンのほうが長く走るとピットから聞かされていたようですので、最後のピットインで逆転されないように相当ハイペースで飛ばしていたようですから。周りが思っていたほど簡単なレースではなかったということでしょうね。
    USGPはダウンフォースの付け具合が難しいレースになると思いますので、SAF1はどっちに合わせて来るか(ハイスピード区間かインフィールド区間か)で変わってくるかと思います。まあいずれにしても苦戦は免れませんから何とか乗り切ってSA06登場のフランスGPに向かって欲しいと思います。ただフランスではSA06が設計通りの「完全な状態」で出てくるかが分からないみたいですね。新設計フロントサスペンションが時間的に間に合わないかもしれないとか・・。ここが旧式のままだと設計通りのパフォーマンスが出せませんから、フランスでのマシンの状況次第ではSA06でも最後尾になるかもしれません・・。だからフランスGPでの結果だけで決めてしまわず、マシンの状況を見極める必要があります。エアロに関してはヨーロッパラウンドからSA06流れのパーツを実験的にSA05に付けてきているそうです。
    ベッカム、あの試合は相当体調が悪かったそうです。後半は2度も嘔吐したとか・・。前半もフリーキックの精度が悪かったですし、それが原因だったようですね。それでもあの値千金のFKを決めるあたり流石としか言いようが無いです。
    一昨日のポルトガル×オランダも凄まじかったですね(笑)。あんな試合初めてみました;;好カードと思いきや乱闘有り・退場有り・危険ファール有り・なんでもありの試合でしたね(笑)。オーストラリア×イタリアも好試合でした。イタリアが退場者を出したとはいえ、サイド攻撃で攻めまくるオーストラリアを見てハッキリ言ってどっちが強かったか?と言えばオーストラリアと思いましたし。ヒディングに日本に来てもらいたかった・・・(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です