1945.08.06

今日は63年前の広島原爆投下の日。3日後の8月9日には長崎に再度原爆が落とされ、数十万人の一般人の尊い命が失われました。そして8月15日に終戦を迎えた訳です。このブログを見ている方も広島ゆかりの方もおられるかと思いますが(ちなみに私は京都人で広島には残念ながら行った事はありませんが)、最近では「8月6日は何の日?」と聞いても何の日か分からない若い世代が増えてきたそうです。それはある意味幸せな事なのかもしれませんが、事実を風化しても良いというのとはまた別問題です。今の教育がこういった事実を簡単な1文でしか教えていないというのにも問題があるでしょう。事実をありのままに伝える事が、胸の奥底に響き、人の心から消えない記憶を作るんじゃないかと思います。

私は昔から歴史・史実物の文庫が好きで、戦争関連の本もかなり読みました。太平洋戦争関連の文庫は数十冊くらい読みましたが、想像を絶する悲惨さと言う他ありません。これは興味本位とかではなく、この国が戦争を行っていたという事実、そして世界唯一の被爆国という事も大きく、「絶対に知っておかなければいけない」「自分の子供にも何時か伝えたい」という想いが強かったからです。本来はこうして自ら知ろうとする事も大事ですが、こういう史実に関しては「教えていく・伝えていく」という努力が教育現場にもっと必要じゃないのかなって思います。

私は勿論戦争体験の無い世代ではありますが、私の母方・父方の亡き祖父はどちらも戦地経験をしており、重要なのは「共に生きて帰ってきた」からこそ今の私が存在している訳です。こういう運命・巡り合わせというのは本当に奇跡みたいなものだと思います。少しでも歯車が狂っていれば、自分は勿論の事、私の周りに存在している様々な知人・友人も存在しているか分からないのですから・・。今生きているという事が、どれだけの奇跡が重なり合っているかと言う事を理解しなければいけないですよね。
原爆投下の事だけじゃなく、太平洋戦争での様々な出来事(フィリピン戦、東京大空襲、硫黄島戦、沖縄戦、神風特攻隊、等々)も、もっと奥深く伝えていかなければいけないと思ってます。硫黄島からの手紙という映画も見ましたが、実際の悲惨さからは程遠いように感じましたし・・。

私がここで書きたかったのは戦争における善悪を追求するのではなく、「今の当たり前の日常が、本当はどれだけ幸せな日々であるのか」と言う事なのです。戦時中に命を落とされた数え切れない多くの方々に心よりご冥福をお祈りしたいです。その命が散っていったからこそ、様々な問題を抱えているものの平和な日本がここにあるのですから。

1945.08.06” に対して7件のコメントがあります。

  1. A24 より:

    SYORIの言うとおりやね。
    今自分たちがいるのは奇跡やもんね。
    それを尊く想い、今、未来、奇跡で生まれた子供たちにいろんな事を伝えていきたいですね。
    あと、歴史っていうのは教えられた事だけじゃなく、自分で知るってことも大事と思います。教えてもらえない事実も沢山あるから。
    当時の若者が未来の日本のために志半ばで命を落としてまで守ろうとしたこの国が今の状態じゃ。。。
    無差別殺人や自殺や親殺し。。。
    どうかしてるで!

  2. ものすごくご無沙汰してます;;
    さて、広島に住むものとして書き込ませてもらいます。
    いま、広島の学校でさえも平和学習をやらないところもあるそうです。
    広島以外となるとやる学校も少ないと聞きました。
    授業時間数云々という問題でもないと思うのですが。
    僕の場合幸いにしてか小学校1年からずっと毎年何らかの取り組みを学校でしていました。
    高校に入った今年も被爆者の話を聞く会というものがありました。
    年に一回でも原爆、戦争について考える機会が与えられているだけでも感謝なことだと思います。
    こういった取り組みは楽しいうれしいというものではないですが、
    私たちはさらに伝えていかなくてはならないわけですからね。
    次の世代、そして日本を訪れる外国人に質問され、困ってしまうと、それは相手を悲しませることになるでしょう。
    毎年、広島を違う空気にするのが8月6日です。

  3. yoshinori より:

    私の母方・父方の祖父は共に戦争経験者です。なかなか戦争のことを話してくれませんが。
    戦争とは愚かな行為としかいえないですね。
    特に現代のやり方は治安の維持だの何だの理由つけて起こされる戦争が多いようです。
    最近は「アメリカ合衆国」が戦争の原因を作っているように感じてしまいます。
    アメリカのブッシュ一族は戦争がお好きなようで…
    所詮は領土拡大・石油などの燃料目的の「ただの殺し合い」だと私は感じてしまいます。手段が無差別すぎて恐ろしいです。
    地球上の生物でこんな愚かな行為をしているのは人間だけです。しかも、この戦争が「環境破壊」を進めているだけの無意味な行動だと気づくべきではないでしょうか。
    戦争の原因を作りやすいアメリカの言いなりになっている日本はどうなってしまうのでしょうか。
    ・米軍基地問題
    ・思いやり予算
    ・アメリカ大使館の家賃不払い問題
    アメリカとの同盟関係が悪化するのが困るのは分かりますが、文句すらまともに言えない状況はおかしいと思います。
    日本とトップは国益のことをよく言っていますが、私に言わせれば
    日本の国益=アメリカの利益 (日本にほとんど利益なし)
    の状態のような気がします。
    いつテロ事件が発生するかわからない世の中なので、自分が生きていられることに感謝する毎日です。
    私は生まれつき障害があり、潜伏していた病気が出たことが原因で去年の今頃、死に掛けたので、本当に生きていられることに感謝しています。
    原爆の実験台にされて膨大な被害が起きたのに、アメリカに対し何も言えないのはおかしいと思います。
    最悪な兵器の被害国として核兵器等の大量破壊兵器の全廃と根絶は訴え続けていかなければならないと思います。

  4. Rodgers より:

    自分も広島在住で岡山の某私立高校に通ってる立場なんですが
    今日、偶々部活で原爆記念日の話題になって…
    やっぱり、シルバーアロウズさんと同じで
    自分も含め、広島組は小・中学と6日~8日のどこかで夏休みの登校日として平和学習がありましたが
    岡山組は何もやってなかったらしいです
    それ聞いたときに、隣の県ですら平和学習がもう無いのか…と思って唖然としましたね
    本当に、いつかは平和学習なんてものが無くなってしまいそうな気がします
    唯一の被爆国として、原爆の恐ろしさを世界に伝えていかないといけないのにこのままじゃまた、どこかで、原爆(あるはそれよりも強力なもの)が落とされそうな感じです
    この国にいる限り8月6日・9日は絶対に忘れてはならない日であると思います

  5. SYORI より:

    >A24
    毎度。今ここにいる自分、そして周りの人々。やっぱり命というのは当たり前に大事なものでかけがえの無いものだからこそ、A24が言ってるように人の命を簡単に奪い去る事件や自らの命を絶つ人など、何でこんな事が多発するんだろうって悲しい気持ちになりますね。
    神風で出陣していった若者はその殆どが10代後半~20代前半の未来溢れる方ばかりだったのに、その殆どが死への恐怖、そして愛する者との辛い別れを心に抱きつつも、それを決して表に出さず、未来の日本の為にと思って「笑顔」で出撃していったんですよね。何とも言えない気持ちにさせます。だからこそ今の日本がこんな状態である事に複雑な心境ではありますが、命の大事さ、平和である事の大切さ、これだけは決して見失って欲しくはないです。

  6. SYORI より:

    >シルバーアロウズさん、Rodgersさん
    どうもです。コメントありがとうございます。共通の話題のようでしたので、まとめレスさせてもらいます。
    やはり広島ではそういう特別学習なるものが存在しているんですか。それは絶対になくしてはいけないことですよね。私は京都でしたが小・中・高・時代にそのような授業を行う事は全く無かったと思います。ただ先生がそういう話題の話をしたりとか、「はだしのゲン」という漫画が置いてあったりとかで、おぼろげに何となく大変な事があったんだなっていう意識は持ってましたが・・。だから私自身、そういう事実を詳しく知ろうと思ったのも成人してから以降ですからね。その辺りだけを見ても、爆心地である広島(長崎在住の方もそうであると思われますが)に住まれている方とそれ以外の地域の方では意識・考え方が根本的に違うような感じですね。
    一度広島には実際に足を運んでみたいとずっと思っているので、そういう記録・資料を自分の目で見て色んな事を改めて再認識したいです。

  7. SYORI より:

    >yoshinoriさん
    どうもです。コメントありがとうございます。
    戦争経験者の方は、身内にあまり詳しく話したがらないという事は結構あるみたいですね・・。やはり後世に伝えたいと言う気持ちよりも、自分で見た悲惨な光景が頭から離れないから、思い出したくないと言う部分も大きいのかもしれません。
    アメリカは確かに世界一の国と言う自負が大きいのかもしれませんね。それが故に自分たちの思い通りにいかなければ・・と言う考えがあるのかもしれません。しかしアフガニスタンやイラクの現状を考えると、一体誰のために戦ったんだ?という疑問しか浮かばないです。最近では中国のチベット問題もあり、オリンピック前にテロが多発したりと、どうもおかしな空気ばかり感じます。
    確かに日本はアメリカの言いなりですね・・。アメリカの犬だと揶揄されたりしてますけど、実際ホントそうじゃないですかね。何でもかんでも文句を言ったら良いという事ではありませんが、軍事基地問題に関しては、日本の金銭的負担額の異常さも含めてもっと大きな声で異論を出すしかないと思いますけどね。正しいと思うことは正しいと言えばいいし、おかしいと思う事はおかしいと言うしかないと思います。何でもかんでも曖昧な返事・あやふやな態度だからダメなんでしょう。
    話がちょっとそれてしまいましたが、やっぱりこの国は平和の象徴だと思われるようになってほしいですね。それは国策もそうですし国民の意識からもそうなって欲しいです。
    最後に、お体が大変だという事ですが、十分お気をつけてお過ごし頂けるよう祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です