HSV-010GT

噂に上がっていたホンダの来季SGTマシンですが、今日発表されたみたいですね。名称は大分前からリークされていましたが、写真を見る限りNSXの正常進化マシンと言った感じでしょうか。結構カッコいいなーっていうのが第一印象でした。
でもこの車って何がベースなんでしょう・・。確かSGT車両って市販車ベースが基本なんですよね?。詳しくは分かりませんけど、その辺りは曖昧な基準なんでしょうか。ホンダのリリースにも「レース専用車」って書いてありますし・・。まあ紫電とかも市販車ベースとして出場していますが、未だ市販されていませんし、要するに何でもOKなんでしょうかね(笑)。

※リリースより
Honda は、2010 年のSUPER GT シリーズ(統括・運営:株式会社GT アソシエーション) GT500
クラスに、HSV-010 GT で参戦することを発表した。
HSV-010 GT はモータースポーツの原点である「速さ」を徹底的に追求し、お客様に夢と感動を
提供していきたいとの想いで開発されたレース専用車である。またJAF(社団法人 日本自動車連
盟)が定めた「2010 年レギュレーション(排気量3.4ℓ、V 型8 気筒、FR レイアウト等)」に準拠してお
り、JAF-GT500 基本車両資格登録の承認を得ている。
HSV-010 GT は、2010 年3 月20 日(土)、21 日(日)のSUPER GT 開幕戦(鈴鹿サーキット)で
のデビューを予定している。
※HSV=Honda Sports Velocity:Velocity は速さ、速度の意味。

HSV-010GT” に対して6件のコメントがあります。

  1. kazu より:

    どうもです~。
    SGTは車両を「特認」さえしてもらえば出走出来るとか。
    500クラスでレギュレーションを満たしている車両はSC430ぐらいだった様です。
    何処かで見た情報なので曖昧+信憑性がなくてすみません。(汗

  2. SYORI より:

    kazuさんどうもです。
    調べてみましたが、JAF国内競技車両規則第1編第8章「グランドツーリングカー500(JAF-GT500)」に従った車両とGTAによる特認車両、とレギュレーションにあるように、この部分で出走資格を得る訳ですね。ただその場合は他の車との性能差を調整する処置がとられるから結局は同じなんでしょうけど、もはやツーリングカーじゃないですよね(笑)。
    ホンダも市販スーパースポーツを開発したらいいのにな。まあ次期NSXがお蔵入りになったから仕方がないんでしょうね、今回のマシンに関しては・・。

  3. Potchi より:

    初めましてー。最近、このブログを見てからGTR2を始めた者です。
    HSV-010、どうやらこれは開発凍結となった次期NSXのプロトタイプがベースになっているそうですよ。上記にある通り、「特認」車両ですね。確かにツーリングカーではなくなっています・・・。まぁGT300の紫電・ガライヤに始まり最近は特認だらけですね。
    これで開発再開の話が出てきたら嬉しい限りなのですが。
    こんなプロトタイプが出てくるとは、まるでJGTC初期の頃みたいですね。一台だけGr.Cみたいなのが走ってました。

  4. SYORI より:

    Potchiさんどうも初めまして。こちらのブログからGTR2を始められたみたいで、ありがとうございます。レースでお会いすることがありましたらよろしくです。
    HSV-10、やはり開発中止となったNSX後継車でしたか・・。私個人的には、レギュレーションに沿ったマシンが全て揃ってレースをやってもらいたいですね。性能調整とか行わずに・・。そういう意味では来季GT-Rはどうするんでしょうね。

  5. りょ より:

    「激G」でちょっとだけ走っているところを見れましたー!
    この写真なんてもんじゃなく、めちゃくちゃカッコイイですよこれ!!
    しかも音が… まるっきりF1みたいです(汗

  6. SYORI より:

    りょさんどうもです。HSV-010GTはYoutubeでも最近の鈴鹿テスト走行の映像が沢山アップされていますねー。私も見ましたが、凄いエンジン音ですね。ホンダらしいといいますか・・。
    ボディデザインも後方はインサイトみたいに見えましたが(笑)、ウイングの取り付け方法等、今までにない斬新なデザインですねー。来年春の鈴鹿ファン感謝デーではお披露目されるみたいですので、行ってこようと思ってます(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です