SA06シェイクダウン!

    9


遂にこの日がやってまいりました!
シルバーストーンでSA06のシェイクダウンが遂に始まったようで、各サイトでも速報で記事が出ています(F1公式サイトでもニュースとして取り上げられていました)。まだ走りの詳細や琢磨のコメントなどは出ていません。随時追って追記コメントしていきたいと思います。

テレビではトヨタと間違えそうなカラーリングですね(笑)。あと写真を見て気になったのは、明らかにフロントまわり(Fウイング・サスペンション)はSA05の流用ですね。やはり相当時間が無かったのでしょう。トルコGPまでにはフロント周りも変わるでしょうから、それまでは過度の期待は禁物です(笑)。でもこれでもミッドランドとは十分勝負になる速さを持っていると思います!



■追記1
シェイクダウン開始後、オイルラインのトラブルにより白煙を上げた模様。しかし修理を行い予定時間を延長して7周の連続走行を行ったとの事です。シェイクダウンですからヘタすれば1周も走れずオシマイという事もあるだけに、まずまずのシェイクダウンと思います。亜久里代表も満足な表情だったようです。

琢磨は「取り回しはSA05と比べられないほど良い」と笑顔で語っていた模様。フロント周りはSA05のままですが、やはり別物のクルマになっているみたいですね!。低重心化がかなり効いているのではないでしょうか。サイド・リアエンド回りなど写真を見てもルノーのような3D曲線を描く美しいボディワークです。本家よりも速そうです(笑)。また現地に来ていた左近ですが、左近用2号車は現在組み立て中で、現地時間20日にSA05をシェイクダウンしたあの飛行場?でシェイクダウンを行い、その後ドイツに送られる予定です。

■追記2
フロントセクションがSA05のままであるハイブリッドカーのSA06ですが、こちらのマシンは「SA06A」というネーミングになっているようです。予想通りトルコGPから本来のフロントセクション(サス・ウイング等)を装着したマシンが「SA06B」というネーミングで登場するみたいですね。
ちなみに亜久里代表の話ではSA06Aでも2秒速くなっているとの事ですので、十分ミッドランドと戦えそうな予感です。

琢磨のコメントも要約で。
「マシンは素晴らしいフィーリング。ブレーキングもとても安定して、リヤ廻りの挙動が「SA05」に比べてとても落ち着いている。ギヤボックスが一新されたので、シフトフィーリングが昨年乗っていたBAR007みたいになって、とても良い感じ。しかし、これで約2秒速くなったとしても、すぐさま上位争いができる訳ではない。でもレースではいいバトルができるようになると思う。早くこれでレースに出たいね」 日本のファン全員がドイツGPを待ち望んでいる事でしょう(笑)。