GTR2 毎夜鯖@Interlagos

    0



今回はインテルラゴス(ホセ・カルロス・パーチェ)サーキットでのレースです。以前ここではセアト・GT3 RSR・エリーゼ2回と計4回参戦しているコースですが、全てPPスタートで1度優勝しているゲンの良いコース。今後は最終戦まで得意なコースは殆ど無いような感じなので(マシなのはズーハイとドバイくらいでしょうか)、何とかここで頑張りたいところ。
セッティングは以前のものをそのまま使用。以前のセッティングは概ねGTFP時代のものなので、G25に変更しクラッチアシストオフにしてから、感覚が変わってそのまま使えない場合が結構あるのですが、今回は何も変えずにそのまま使えました。ここはリアタイヤが厳しくフロントが全然消耗しない感じなのでタイヤチョイスは基本S/Mでしたが、前回のスパの教訓で前後M/Mでレースセッティングを試してみるもののアンダーがきつくなってイマイチといったところ。S/Mに戻して走るとしっくりくるので、レースはこのチョイスで決定。フリーでは予選用S/Sタイヤも試してみて32秒7台。以前の予選タイムと変わらないくらいが出ていましたので、予選は31秒台を狙います。
予選では32秒フラットまで出ていましたが、xanavi-yuukiさんとNegiさんが僅差で来ていたので、終盤に最終アタック。1分31秒811が出て何とかPP獲得。



以前の経験から、スタート直後のエス・ド・セナで混乱が起こる可能性が高く、私自身ここでやってしまったこともあります(笑)。なのでスタートは重要と思いシグナルに集中します。シグナルグリーンと同時にクラッチミートしアクセルコントロールしながらホイールスピンを上手くトラクションに変えて絶妙のスタートを切れました。2番手のxanavi-yuukiさんだけをチェックしてましたが、思い切りスタートミスされたようで;;、1コーナーは超慎重に入っていくことが出来ました。

大きな左コーナーを回ってバックストレートになりますが、その後の左コーナーは下っていて尚且つリアが流れやすい難しいコーナーなので、ブレーキも冷えている状況では無理が出来ません。幸い後続とは差が開いていたので慎重に通過。何時もと同じブレーキングポイントだと全然止まれませんので、集団の中に居るとかなり怖い状況です。しかし後続の方ではアクシデントが発生しており、EMIRIOさんが巻き込まれていたようです・・。

2位にはNegiさんが上がっており、2秒半の差でずっとついてこられていたのでキツい展開でした。私もかなり全開に近いペースで走っていましたので、ミスしそうで不安でした(笑)。ワンミス命取りな状況ですし、これ以上近づかれると、スリップが効き出して差がどんどん詰まっていく可能性があったので、ペースを緩めず集中して走り続けました。

終盤6秒ほどの差が付いてきたので、ペースを少し落とそうかと思いましたが、リズムが狂って逆にミスする事も十分ありえるので、そのままのペースで走り続けトップチェッカー。先週土曜日のSGT300優勝、日曜日を挟んで週明け2連勝と、以前のEMIRIOさんのような調子良さです(笑)。しかしこの後は個人的に厳しいコースが続きますので、優勝を狙うとかではなく、完走を第一に出来るだけ上位のポジションでフィニッシュしていくことが大事です。

今日はイモラですが、ここのバリアンテ・アルタがかなり苦手です・・。ここさえ無ければ好きなコースなんですけどね(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/05/27 28戦目
コース:Interlagos
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:1位 1:31.811(-0.340)
決勝:1位 21:50.248 LAP14(-6.374)
レースラップ:1位 1:32.656 LAP8(-0.299)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html