GT5P 久々の参戦

    14



ちょっと古いですが(笑)、先週末(金~土)にPUSH部屋にお邪魔してレースさせてもらいました。その時のレースがPP600鈴鹿でPP550に落として走るというレースでしたが、結構楽しかったです。 PP600+S2を走った事が無いので(笑)、どれくらい走りやすくなっているのか分かりませんでしたが、NSX-Rで前後同タイヤの挙動をイメージする限り相当乗りにくいと思ってました。でも最初はシビアだなと思ってましたけど、慣れてくると案外乗りやすくオーバー挙動でもリアがしっかりコントロールできて、思いのままに操れると言う感じでしょうか。
なので、最終的には車高も前下がりのセッティングで落ち着いたくらいです。ただ、もしかしたら車重が結構影響していたのかもしれません。車重は軽くするとかなりシビアになると思うのですが、重くするとコーナーではダルい感覚になりますけど、コントロールがしやすくなるような気がします。なので、その時は車重をMAXまで重くし、その分余ったPPをパワーに全て持っていくという形で走ってました。それが結構効果的だったのかもしれませんね。
そんな感じで先週末は楽しませてもらいました。特に終盤は激しい団子状態の中、接触も無く順位争いを繰り広げる状態で、アドレナリン全開なレースを経験させてもらい非常に面白かったです。





ところで、ここ最近ネットを巡回していると、何か色々とあったみたいですね・・。私が思うに、皆さん言い方は色々あるでしょうが、全て「期待の裏返し」なんじゃないのかなぁって思うんですよね。特にプロローグ版という事で、ゲームとして見るとまだまだ完成には程遠い仕様に思えますから仕方ない部分があるのは否めません。

・チャットで会話しながら走る
・時間同期させて好きな人と一緒に走る
・PPをあえて落として走りやすくする
・スタートディレイさせて後方で混乱の無いレースを行う
・予選を含めたオリジナルレースを開催する

一例ですが、こういうのも全てプレイされている皆さんが工夫されて行っていることです。こういうのって凄いなって思いますし、ポリフォニーさんも皆さんの工夫に感心されているんじゃないでしょうか。逆に言えば、早く良いものを皆さんに提供してあげたいって思っていることだと思います。山内さんの海外含むインタビュー記事から、現状に対する申し訳ないという気持ちと、でも期待しててくださいよ、という思いが伝わってくる文面がいくつもあったように思います。

でも、今日GT5Pを買ってきたよ!っていう人にとっては、そんなこと当然知らないでしょうから、現状のシステムのみでプレイされることだと思います。それを良しとするか否かという部分では、そのプレイヤーの考え方次第でしょう。「車を動かすゲーム」として考えてる人は面白ければそれで良いでしょうから、逆走しようが待ち伏せ特攻しようが面白いんだと思いますが、「レースをするゲーム」として考えてる人はそうじゃありませんよね。実際に出来ないことを楽しむのがゲームだと思いますが、

・普段出来ない「車を相手に激突させたり混乱させたりするが楽しい」と思う人
・普段出来ない「リアルなレースの雰囲気を楽しみたい」と思う人

この2者な方々が混同している現状に問題点が潜んでいると考えています。となると、「レースをするゲーム」と考えている、こちらに来られるような皆さんが望むレースを行う為には部屋実装に関しては必須と思えますから、コレがない限りどうしようもないのが現状です。現状の状態の中で、いかに工夫して遊ぶか、というのが求められる状態なんでしょうね。


PS3になってから、ネットワーク経由でのアップデートが可能になった事で、それのメリット・デメリットがあると思うのですが、現状の状況を考えるとそういう意味でのデメリットが色濃く出ているような気がします。例えばGT4の時も激しい発売延期がありましたが(笑)、待ちに待って出てきたものは当時から思えば素晴らしい作品に仕上がっていたと思いますし、どれだけ楽しませてもらったか分かりません。このときはひたすら待ち続けるというデメリットがありましたが、ようやく世に出てきたGT4は十分楽しめる待ったかいがあったというメリットがありました。
GTHDコンセプトやGT5Pに関しては、DL経由でアップデート可能というパソコンのようなこれまでに無い配信方法が可能になったことで、GT4時代にあったデメリットである「ひたすら待ち続ける」というデメリットが解消されましたが、今度はアップデートで随時進化させていくという部分がメリット(いち早く手に入る)でもあり逆にデメリット(中途半端な状態でもリリースできる)にもなっているという状況を生み出していると感じます。

なので、一日でも早くプレイ出来る部分を良しと見るか、それともゲーム内容を見るか、それによって随分と見方が変わってきてしまうんですよね。もし後者を優先するとなると、GT5と言う名前のゲームは恐らくまだこの世に存在すらしてないかもしれません(笑)。

私自身、久々にGT5Pをプレイするとお世辞抜きに「楽しい」と思えますが、それも上記のような工夫があってこそです。チャット部屋等のマッチングを行わずに普通にオンライン突入してレースを行うと、それは酷い状態です(笑)。ある程度の接触などは全く気にしてませんし、相手も人間なのでミスもするでしょう。でも、コースを逆走していたり、ストレートで「何度も」幅寄せしてコースアウトさせようとブチ当ててくる人、そういう方がほぼ常時居ますからね・・。でもそれは前述の工夫次第である程度なんとか回避できますから。

私が思う最大の問題点とは、「車を動かすゲーム」をしている人と「レースを仮想体験するゲーム」をしている人が同居している部分にあると思っています。それを解決するには部屋実装しかないです。でも部屋は現状ありません。なので、私たちは現在のシステム・現状を理解した上で、工夫して楽しめるようにしましょう。