毎夜鯖@Le Mans

    6



いよいよ今日から始まるルマン24時間。東海大学チームが出場する事で話題になっていますが、今回の毎夜鯖さんではタイムリーにサルトサーキットでのレースとなります。
このコースを走ったのはGT4以来ですが、その当時から苦手でした。ユノディエール後の右まではいいのですが、それ以降(ミュルサンヌからインディアナポリスコーナー以降)が何ともリズムが掴めないというか・・。という事でここではストレート速度が重要なので、初めてBiturboに乗ってみることに。しかし乗りにくいなんてもんじゃなかったです(笑)。ストレートは確かに速いのですがコーナーが全く曲がらず何回コースアウトしたか分からないくらい。あまりにも酷いのでGT3 RSRに乗り換えました(笑)。
フリー走行ではウイングセッティングを色々試しますがダウンフォースを減らしすぎるとユノディエールのシケインやミュルサンヌでのブレーキングで神経質過ぎてマトモに走らせれず。またストレートで300km/h近くに到達しますが6速のギア比を目一杯高速側に振ってもエンジンがレッドゾーン入りまくりなので、決勝時にエンジンブローの可能性が高いと思い、あえてウイングを立ててドラッグを増やし最高速域で回転数を少し抑える方向にしました。結局ウイングは2-4にしてたと思います。

フリー走行ではマトモなラップが1度も刻めずほぼ最後方。予選は15分なので、アウトラップ+2周しか取れません。ミスは許されない状況ですがやっぱりやってしまいます;;。1コーナーでいきなりスピン。なので最終アタックは超慎重に走り、とりあえずマトモなタイムだけは残したと言う感じ(笑)。4:05.177で8番手でしたが、リアルな今年のルマン予選は3分18秒がPPタイムみたいです。おっそろしいタイムです;;。





さて決勝はアドオンコースなのでスタンディングスタート。ホントはローリングスタートの方が気分が出て良かったのですがシステム上仕方ありません(笑)。しかしこのコースもまたグリッド間隔が狭く、目の前にクルマが止まっている状態・・。前方はM3勢でしたのでスタートで私の方が上手く飛び出せるはず。なのでピットウォール側へマシンを振って上手くスタートを決めようと思ってましたが、スタートでは予想通り前方車に思い切り詰まってしまい、しかもギア比が高いのでモロ失速してしまって12番手まで順位を下げてしまいます。

レースは8周なのですが1周4分とはいえニュル北コースを走るよりも長く感じます。特にストレート区間は目がショボショボしてきたり、後半は眠くなったりと集中力を保つのが大変でした・・。

レース内容は正直あんまり覚えてません(笑)。あまりにも色々なことが多く、自分自身でどんどん上位に上がっていったというよりは、上位が脱落していく形でポジションアップしていったという感じでしょうか。ところどころでスピンしているマシンがありましたので、1周の間に物凄い順位変動がありましたし(笑)。中盤でNegiさんとの3位争いまで上がっていったのですが、そこでもミスしてスピン。結局私自身もコースアウトやらスピンやら大きなミスを2~3回はやったんじゃないでしょうか・・。

色々とあったレースでしたが、こういうレースは生き残る事がやっぱり重要ですね。とにかく完走狙いで後半は慎重に走っていたのもありファイナルラップでは4番手走行。後ろのxanavi-yuukiさんとは3秒ほどの差。フィニッシュ手前の最終シケイン進入までその差を保っていたので、そこを超慎重にクリアしてチェッカーを受けようとしましたが、xanavi-yuukiさんがあっという間に真後ろに迫っていたのでかなり焦りました・・。何とか4位のままチェッカーを受けましたが、チェッカー後にZEAL-Rさんがコース上で遊んでた時に逆走を続けられたのかDQ(失格)になってしまい、繰り上がりで3位になってしまいました(笑)。

自分の走っている際の「攻めてる」感は全然ダメでしたしミス多々ありと、色々考えると結果だけ見ればかなり上出来だったと思います。しかしリアルレースでここを24時間走るとは恐れ入ります。私には絶対無理だと改めて思いました(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/06/13 42戦目
コース:Le Mans 24H Revived Edition v1.0
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:8位 4:05.177(+3.921)
決勝:3位 33:19.038 LAP8(+29.878)
レースラップ:6位 4:03.992 LAP4(+1.317)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html