GTR2 毎夜鯖@Imola(耐久)

    2



昨晩は毎夜鯖Season1の最終戦となる(やっぱりこの日が最終戦でした)イモラでの28周の耐久レース。デフォ車全車種+天候変化有りのレースで、GTクラスのみ決勝120kgの重量ハンデ有りとなります。重量ハンデと周回数からNGTも有利かな?と思い、いつものGT3 RSRで参戦。
フリー走行・予選では重量ハンデは施されないようなので、タイムペース的にはGTクラストップ勢と7~8秒くらいの差があります・・。まあその辺りは気にしないで(笑)、レース戦略を練る為にフリー走行を走ります。レブリミット最大(8800rpm)で普通に走ると燃料消費は7.4L/周くらい。28周なので半分に割るとして14周走れません(7.4×14=103.6L)。しかもイモラということでフォーメーションラップが有りますので、どちらかのスティントは15周走らないといけません。単純に15で割ると6.66Lなので燃費走行でどれくらいいけるか確認しないといけません。調査結果(笑)、レブリミット8600rpmで普通に走って7.1L/周、かなり早めのシフトチェンジで6.6L/周。計算では1スティント目は6.6L/周として92.4L消費し、7.6Lはフォーメーションラップに充てられるので、仮にFLで3L使っても6.9L/周は14周平均で使える計算。2スティント目は7.1L/周として99.4L消費とギリギリですが何とかなりそうです。



予選はワンアタックだけして、残り時間は決勝用セッティングの煮詰めに時間を費やしました。結果は予選10番手。GTクラス以外では最上位につけれました。

決勝はスタート直後のタンブレロで混乱が発生し前方集団が急減速していたので、止まりきれずF550な方に接触。申し訳ないです・・。その後順位を上げるものの後方からのGTクラス集団にどんどんパスされていきます。12~13番手辺りをウロウロしてたかと思いますが、後方から追い上げてきたRothmansさんと終始バトル状態になります。お互いがスピンやミスを繰り返して順位がコロコロ入れ替わる中、最初のピットインタイミングになります。それまでかなり抑えた走りをしていたので、タイムはあまりあがりませんでしたが、終盤は燃料に十分余裕があったので少し回転数を上げて飛ばします。順位はGTクラス勢の最初のピットインが終わった後でしたので一時2番手まで上がりましたが、ピットイン直前は3~4位前後辺りを走行。私が前でRothmansさんが後ろ。

ピットインはRothmansさんと私と同時。殆どロス無く作業開始しましたが、ピットアウトすると同時に前方で作業していたRothmansさんもピットアウト。ピットで逆転されてしまいます。

その後も何度かミスによる順位変動があったものの、2スティント目を飛ばしすぎた影響か、燃料計算はバッチリでしたがタイヤがかなり厳しくなってきました。リアのスライドが止まらず、今までアクセルワークで挙動安定させていた縁石越えもかなりナーバスな挙動になってきます。その影響からか、スピンを連発してしまいあっという間に前との差が開いていきます。しかし後方にいたGTクラスのMKIMさんは20秒くらい後ろでしたので、このまま走りきれば何とか7位を守れると思っていたのですが、残り2周のアクアミネラリでまたスピン。ここで抜かれてしまいます;;。

しかしトップのEldrickさんが既に周回遅れにしていたので、良く考えたらこれがファイナルラップでした・・。もう少し慎重に行けばそのままの順位でゴールできていたのに激しく勿体無かったです・・。結局8位でチェッカー。1時間近いレースでしたので激しく疲れました;;。


■リザルトデータ

日時:2008/06/22 48戦目
コース:Imola GP 2004 - Autodromo Enzo e Dino Ferrari
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:10位 1:48.464(+7.540)
決勝:8位 53:15.351 LAP27(+1Lap)
レースラップ:13位 1:49.771 LAP18(+4.941)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html