GTR2 毎夜鯖@Nurburgring(SGT300 MOD)

    0



記事を書く時間が無く遅いアップとなりました(笑)。先週土曜日のSGT300シリーズ戦、今回は第8戦ニュルブルクリンクGPコースでのレースとなります。本来は先々週末に開催されたのですが、サーバートラブルという事でレースが中止となり翌週に持ち越された形となりました。
前回走行時はフリー走行からかなり調子が良かったので、今回も以前のセッティングを大きく弄らずに走りこみを行います。55秒台が出ていたので予選もコレで何とかなるだろうと安心してましたが、前回のときよりも回り野方のタイムが接近してきていたので、ちょっと不安にはなりましたが(笑)。そのままトップタイムでフリーを終えて予選です。1周2分近いコースになるので、残り時間4分少々でピットアウト。アタックラップはまあまあ無難にまとめれた感じでしたが、最終シケインで若干ミスってしまってロスがあったかと思います。それでも55秒3台でPP獲得。レースは何とか先行逃げ切りで終えたいところです。



決勝レースは10周。今回は耐久ではなくスプリント形式となりますのでウエイトハンデもありません。タイヤは最後まで悩みましたが結局S/Sで行くことに。

RX-7は低速トルクがスカスカなので、回転を落としてしまったらスタートで致命的に順位を下げてしまいます。なので、細心の注意を払い回転キープしたままシグナルグリーンでクラッチミートします。リアホイールが激しくホイールスピンしましたが結果オーライでいい感じで前に飛び出します。1コーナーまでは距離がありますが問題なくトップのまま通過。2番手にRodgersさんが上がってきます。

私は序盤で逃げようとオープニングラップから飛ばします。後方では2番手RodgersさんとEMIRIOさんのバトル状態となっていて、この間に差を4秒くらいまで広げます。セーフティマージンが取れたかなと思い56秒台で走りますが、その差が僅かづつですが詰まっていきます。2番手にEMIRIOさんが上がっており、かなりのペースで追い上げてきていました。
何となくヤバい感じがしたので(笑)、私もペースを上げます。5周目以降はずっと55秒台で走りますが、EMIRIOさんとの差は毎周ジワジワ詰まっていきます。あとからラップタイムチャートを見ましたが、本当に凄いタイム乃応酬でした。私も8周目で自己ベストタイムを出して必死で逃げます。でもチャート上ではその8周目のみ私のラップタイムが上回っていて、他は全てEMIRIOさんの方が早いという状況。まさに精神戦でした;;。

残り2周でその差が2秒を切りますが、何とかこのまま逃げ切れそうな感じに。ミスだけしたら絶対に負けると思ってとにかく集中して走ります。最終シケインを超えて最終コーナーを回る手前でようやくペースを緩めて安全にチェッカーを受け優勝。EMIRIOさんが直ぐチェッカーを受けて健闘を称え合いました。

----------------------------------------------

それにしても、今回のレースは本当に疲れました。EMIRIOさんも殆どノーミスで走られてたはずなので、私も1度でもミスしていれば勝つことは無理だったと思います。やっぱりオープニングラップと2周目で作った4秒のマージンが最後まで生きていたという内容です。この貯金を少しづつ切り崩しながら(笑)、何とか勝てたというレースでした。
3位以下を45秒くらい引き離していたので(笑)、どれだけペースが速かったかお分かりになるかと思います・・。EMIRIOさんとレースする時は本当に息詰る緊迫したレース展開が多いですねー。バトルthxでした!!


■リザルトデータ

日時:2008/10/25
コース:Nurburgring
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:1位 1:55.318(-0.401)
決勝:1位 19:24.920 LAP10(-1.433)
レースラップ:2位 1:55.184 LAP8(+0.229)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html