GTR2 毎夜鯖@Sepang(SGT300 MOD)

    0



3週間ぶりのSGT300です。飲み会ばかりで2戦連続欠場してしまい、ポイントランキングもヤバい事になってきたので、今回はかなり気合入れて参戦しました(笑)。といっても22時過ぎから寝不足からか転寝してしまい、気がついたら23時回ってて焦ってJOIN。何とか入れて安心しました。これで入れなかったら最悪でした;;。
さて今回はセパン。リアルSGTでもお馴染みのコースです。個人的に得意としているコースなので、足回りはあまり弄らずウイングと車高・デフ、そしてギア比を調整するに留まり、とにかく走りこみます。今回19周耐久なのでタイヤ・燃料は3倍消費となりますが、1周辺り9.8Lほどの消費だったので、10周+9周で行くか9周+10周で行くか悩みます。タイヤはハードタイヤでギリギリといった感じですが、それよりも燃料が持つか気になります。暫く走るものの10Lを超える周は無かったので何とかなりそうです。
予選はワンアタック。22L積んでソフトタイヤでアタック。細かいミスはあったものの2分4秒台に何とか入りPP獲得。後は決勝で逃げ切れるかどうかです。



決勝ストラテジーはやはり9周+10周で行く事に。10周目に入ると、9周目にピットインしている車に詰まって大幅ロスする可能性があるからです。燃料は余裕を見て100L搭載+100L給油で行く事に。タイヤは勿論前後ハードです。


スタートは唯一RX-7が苦手とするところですが、3番手のRothmansさんは毎回ロケットスタートを決めてくるので1コーナーを先頭で入れるよう祈ります(笑)。




やはりスタートはRothmansさんに決められてしまい、1コーナーは前に出られてしまいます。まだまだ先は長いので一旦ここは引いて2番手から様子を見ます。




3番手はEMIRIOさん。暫くこの展開で序盤の進行となります。




バックストレート手前でRothmansさんが若干アウトに膨らみ、インに飛び込んでメインストレートまでずっと併走状態に。1コーナーのS字区間でもサイドバイサイドのまま何とか前に出てトップに復帰。




その後EMIRIOさんが2番手に上がり、3番手以下を引き離していきます。このまま前回のニュルブルクリンクと同じく2人のマッチレースになる予感です。何とか頑張って走りますがタイム差は広がらず少々焦りが出てきます(笑)。




案の定やってしまいます;;。バックストレート手前の難しい右コーナーで曲がりきれずにコースアウト。このコーナーは曲がりつつ減速するホントに難しいコーナーです・・。これで2番手に落ちます。




何とか差を詰めようと頑張って走ります。すると前方でEMIRIOさんがスピン。ここで再度トップに返り咲きです。




その後、後方と差が広がり約10秒程のマージンを作ります。9周終了時点でピットイン。トップのまま復帰したいところですが、ここで事件が(笑)。




ピットするものの、久々の耐久でG25上のエンジンOFFスイッチを間違えていました。エンジンを切らないと燃料給油をしてくれないのですが、私は切ったつもりでボーっと見ていたら、無線でエンジンを切れとか言われて、焦ってボタン押しまくり(笑)。結局落ち着いてスイッチ横のステッカーを見てエンジンOFFボタンを間違えていた事に気がつき(笑)速攻切りましたが、後から見てみたらエンジンOFFまで30秒間無駄に止まり続けていましたorz




ピットアウトすると22番手に。これは終わったと思いましたが、翌周にピットインする車も多いはずなので、正確な順位は次のフィニッシュライン通過後くらいに分かります。とにかく必死で走ります・・。




10周終了時点で順位は8位に。優勝は絶望的な展開となってしまったので、とにかく1つでも順位を上げるべく追い上げを図りたいところです。しかしタイヤ・燃費の兼ね合いもありますので、あまり無理は出来ないところ。




EMIRIOさん、TORAOUさんに追いつきバトル開始。1コーナーでEMIRIOさんがTORAOUさんのインに飛び込んだ隙に私も入り込んで追い抜きを図ります。何度か接触してしまい申し訳なかったです・・。




EMIRIOさんが前方でスピンしてこれで5位まで上がります。




前にはzerosikiさん。順位を見ると3番手に無給油で走り続けているMartさんが3番手だったので、4番手には上がれそうです。zerosikiさんをかわせば3位までは何とかいけそうだったので、気合入れて走ります。




しかし1コーナーでバランスを崩され、労せず3番手に上がります。




2番手のRodgersさんには10秒以上の差があったので残り周回数を考えても追いつく事は無理と思いながら、余力を残さず頑張れるだけ頑張って走ります。その差はみるみる詰まっていきましたが、万事休すです。




3位チェッカー。優勝はRothmansさんでした、おめです!




-------------------------------------------------


それにしても今日のレースは本当に勿体無かったです。PPとFLを1位で終えたので、2位だったRodgersさんとは同ポイント、Rothmansさんとは2ポイント詰まり、以下のようになりました。

1 Rodgersさん 145
2 SYORI 128
3 Rothmansさん 125

残りは4戦。次戦ヴァレンシアでは3位フィニッシュの分まだウェイトハンデはマシですが、何とか勝ちたいところです。その後続くオートポリスとスパ、そして最終戦鈴鹿まで土曜日の用事は出来るだけ入れないようにして(笑)、何とか頑張りたいと思います。でもあと1~2回は土曜日に飲み会が入りそうでかなり不安ですが(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/11/15
コース:Sepang
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:1位 2:04.680(-0.489)
決勝:3位 42:37.504 LAP19(+14.691)
レースラップ:1位 2:06.675 LAP6(-0.150)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html