ホンダ撤退正式発表

    10



最悪のシナリオが待っていた模様です。ホンダの即時F1撤退の発表がつい先ほどありました。「福井威夫社長から正式に2008年でのF1撤退を正式に発表した。撤退の理由としては、金融危機と各国経済の急速な悪化から、経営効率の再配分が必要、としている。」とAUTOSPORT webでは報じています。やはり来年末までやる力は無かったのですね。力というのは資金云々というよりも、各方面から経済危機の中、湯水のように金を使うF1を辞めろという声が大きかったのだと想像しますが・・。これで第三期F1活動は2006年の1勝だけとなって終わりを迎えたようです。
それにしても衝撃的なニュースでした。ロス・ブラウンを招き入れKERSシステムはホンダが一番開発が進んでいるという話題もあったのに、まさかこんな結末が待っていたとは・・。しかしコレで全てが繋がったような気がします。中本氏の二輪異動、バリチェロの契約更新が遅れ新人ばかりをテスト、琢磨はホンダに来ないと中本氏が発言、琢磨自身も来期についてホンダは選択肢に無さそうでしたし。エンジン供給という参戦も否定し、バトンに関しては契約解約の手続きを進めるという事みたいなので、ホンダF1チームが身売りされて別オーナーとなって存続するという話はどうやら無さそうな雰囲気です(身売りされた際、バトンを自由にさせるためという意味もあるのかもしれませんが)。バリチェロは引退確定っぽいですが、バトンはこの時期からだとどうする事も出来なさそうですね・・。琢磨のトロ・ロッソのシート争いにだけは邪魔をしてもらいたくないですが(笑)。
しかし、これはホンダだけの問題では無さそうです。近い将来F1界そのものが激動の時代に突入する前触れのような気がしてなりません。