GTR2 JPN-MYS鯖@IMOLA(NIBMIS)

    6



月曜日は何時ものように早く帰ってきたので(笑)、今回もJOINします。コースはイモラ。あまり得意ではないコースですね・・。嫌いという訳ではないのですが、昔から上位とのタイム差が大きく、何でこんなに離されるのか訳が分からないというのがその理由ですが(笑)、今回はプラクティスから雨・・。余計に嫌だな・・と思いつつ走り始めます。セッティングはデフォ状態から作っていきますが、とりあえずギア比と車高、ウイングなどを合わせていきますが、安定性最重視と言う事でウイングもMAXの2-12で走行。すると案外悪くないタイムで走れます。最終的にはzerosikiさんにぶっちぎられますが(笑)、感触的には決して悪くない感じです。

予選はドライ。晴れ用のセッティングに変更し(といってもタイヤを変えてウイングを寝かしただけですが(笑))、走ります。ウイングを2-9くらいで走っていましたが、タイムが全く伸びずに序盤に出したタイムを最後まで上回れず8番手まで順位を下げて予選を終了します・・。PPのLeonardoさんのタイムは1.5秒も速く、全く届く気がしない感じでしたので(笑)、ウイングを立て過ぎてたのか、私がヘタなのかどちらかですね;;

さてウォームアップで燃費測って・・と思ったら雨(笑)。プラクティスの感じから雨は悪くない状況です。プラクティスの時はF:Sウェット/R:Sウェットで走ってましたが、かなりリアがスライドしたりホイールスピンしたりしていたので、安全策でリアをMウェットにして決勝に挑みます。




フォーメーションラップ。フロントタイヤが温まらないと序盤は全然曲がらないと思ったのでかなり温めます。





そしてスタート。前方で何か混乱があったのか一台のマシンが急激に近づいてきて。





思い切り追突。リプが映ってなかったので鯖リプを頂いたのですが、私はこの時前方で誰かがスピンしてそこに突っ込んだと思ってました。でもリプレイを見てみると、スタートで前が詰まって行き場を失って減速したzerosikiさんに私が突っ込んでしまったみたいで・・。一瞬だったので避ける事は不可能な状況だったと思いますが、zerosikiさんには大変申し訳なかったです;;





その衝撃で私も制御不能となって横向きながら滑っていきます。後方からガシャガシャと突っ込まれてグリーンにすっ飛んでいきました;;。





何とか大きなダメージもなく再スタートを切りますがほぼ最後尾くらいまで落ちてしまいます・・。しかしオープニングラップは至る所でアクシデントやスピンが発生しており、順位をどんどん上げていきます。





オープニングラップ終了時には10位で通過。その後雨が止み、空が晴れてきます。路面変化を読んでか、上位陣はどんどんピットに入っていきタイヤを交換しているようです。ただ路面はかなり濡れていましたし、ここでピットに入らずそのまま走り切れれば、スタート直後の混乱を帳消しに出来そうな気がしたので、そのまま走り続けます。そのお陰で順位がどんどん上がります。





気が付いたら3位まで順位を上げています。トップのsatorukoさんに、2位のMinami51さん。





トサの進入で追突しそうになってブレーキを急激に掛けてしまったので、スピンしかけてしまいます・・。何とか耐えましたが、みなみさんとの差がまた広がります。





しかしアクアミネラリ出口でみなみさんがスピンされており、ここで2位に浮上。その前から怪しげな動きをされていましたが(笑)、何かデバイスの問題でもあったのでしょうか・・。





そして前はトップのsatorukoさん。私同様にタイヤを無交換で走り続けています。最終コーナーを立ち上がるsatorukoさんに私は最終コーナーへ向かってきている赤い点です(笑)。この差を縮めていけるか。





satorukoさんは大分タイヤが厳しいのか、どんどん差が詰まっていきます。私の方も前後とも真っ赤の状態でしたがかなり丁寧に走らせていたので案外グリップダウンも少なくそれ程悪くないタイムでどんどん追いかけていきます。





あっという間に真後ろまで迫ります。





バリアンテ・アルタで若干ミスされ失速したsatorukoさん。一気に仕掛けて・・





立ち上がりでオーバーテイク。トップに立ちます。





暫く1~2秒差圏内で追いすがるsatorukoさんでしたが、どうやらこの後に右リアがバーストしたみたいですね・・。ピットインされ、3位を走っていたみなみさんが2番手に浮上するものの30秒近い差がありましたので、一気に楽になりました。





残り数周は右フロントがかなりヤバかったので、出来るだけタイヤに優しく走ります。





タイヤは最後まで何とかもってくれて、そのままトップチェッカー。先週に引き続きNIBMISでの連勝です。





--------------------------------------------



いやー楽しいレースでした。追い上げる展開は、私のパターンでは必ずミスってオシマイという状況ばかりだったので、ここまで大きなミスをせず追い上げてフィニッシュしたのはちょっと記憶にないくらいです(笑)。しかもミスしやすい雨という状況の中で出来たという意味ではかなり満足度の高いレースでした。

ただスタート直後のあの状況はどうも気持ち的に申し訳ないという感じになってしまいます・・。リプを見る限りでは状況を察知して減速開始した瞬間に追突している感じなので、どうしようもなかったとは思いますが、改めて申し訳なかったです・・。

そんな感じのレースでしたが、ここ最近は「もう私も終わったな」と思ってましたので(笑)、もしかしたらもうちょっといけるのかな?と少しだけ自信が回復したレースでした(笑)。


■リザルトデータ

日時:2010/05/17
コース:IMOLA GP 2004 - Autodromo Enzo e Dino Ferrari
車種:Ferrari 575 GTC Barron Connor Raicng
予選:8位 1:41.842(+1.498)
決勝:1位 22:33.282 LAP12(-33.025)
レースラップ:4位 1:49.888 LAP7(+2.368)

詳細データ:http://dl.dropbox.com/u/5390111/GTR2%20Result%208/s8_000.html