2010年 F1 第10戦 イギリスGP

改修されたシルバーストンでのイギリスGP。今年も物凄い大観衆の中行われました。レースはウェバーの圧勝。全く危なげなかったですし、2位以下との差を見つつのペースコントロールをしていたっぽい感じで、最高のレースだったと思うのですが、チームとしては何か雲行きがおかしい感じになってますね・・。予選でのウィング交換の件で明らかにウェバーは不機嫌でしたし、決勝直後のチームラジオでもその事を言ってたみたいですし、来年の契約に関して何らかの話し合いを持つという話も出てるみたいですし。
今回もスタート直後の1コーナー、明らかにウェバーはヴェッテルにスペースを残していませんでしたからねー。その後にハミルトンと接触したのかタイヤパンクチャーで後方からの追い上げになり、7位でフィニッシュ出来たのはセーフティカーの恩恵をかなり受けたかと思いますけど、チーム内の熾烈な争い、何となく良きバトルというよりは何か邪悪な雰囲気を感じるバトルに発展していきそうな予感すらします・・。

そして可夢偉。今回もやってくれましたねー。序盤にポジションを上げ、タイヤ交換後にはミハエルの前に出て、その後はずっとバリチェロとのバトルに。上位勢のトラブルやアクシデントなどの出来事もあって6位までポジションを上げた訳ですけど、バリチェロが居なかったらもう少しペースが速かったんじゃないかな、って思うくらいにラップタイムが安定していました。ずっとLTモニターを見ながらでしたが、タイヤの使い方、ペースの安定性、どれも見事な走りでした。今回可夢偉より予選後方だったバトンが4位フィニッシュだった事もあったので、上手くいけばその辺りのポジションまで行けた可能性もあるという事ですからねー。バトンはオプションタイヤの美味しいところをずっと使いきってタイヤ交換しましたが、川井ちゃん情報では、あるチームがタイヤ交換するとタイヤの美味しい部分を使い切らずに他チームもそれにならってすぐにタイヤ交換に入ってしまうという事を言ってまして、今回はバトンがその部分を上手く使って上位進出したと言えるでしょうし、ザウバーチームもその辺りを上手く見て欲しい感じはしますね。特に可夢偉のタイヤマネージメントは素晴らしいので、その辺りも中堅チームとしては重要な戦略になると思いますし。
まあそうはいっても、今回は自己ベストタイの6位入賞。着実にポイントを稼いでますし、安定性も備わってきて今後のレースが非常に楽しみです。サーキットの相性が良ければマシンはそれなりの速さを見せてくれる感じですし、このままどんどんアピールしてもらって、将来につなげていってもらいたいですね!

2010年 F1 第10戦 イギリスGP” に対して4件のコメントがあります。

  1. ビル より:

    英国グランプリは又々カムイの6位入賞で新人ドライバーの中でも評価がいい感じになって来たんではないでしょうか?また日本グランプリまで流れを維持してくれると嬉しいところなんですけどねー。
    今回もレッドブルの両ドライバーから煙りが立ち込めて来た感じがしますね。ウェバーが契約の延長を後悔するコメントを出していますし、シーズンが終盤の頃にはヤバイ事に成り兼ねない事態も考えられます。それをよそ目にマクラーレンがタイトルを奪って行く可能性もあるので、ますます折り返しシーズンの闘いから目が話せません。

  2. SYORI より:

    ビルさんどうもです。可夢偉の評価はまたかなり上がってきてると思いますよ。前半戦は信頼性の問題もあってパッとしませんでしたからね・・。こういうレースをこれから何度も続ければ、きっと見てる人は見てるはずですから。
    レッドブル勢はいよいよヤバい感じになってきてますね。修復したとかわざわざ発表したりしてますが、それ自体が怪しいというかヘンな感じですからね(笑)。まあ今後すんなり収まるとは到底思えませんが、次戦ドイツでとんでもない事が起こらなければいいんですけども・・。
    マクラーレンは意外な程ドライバーの中もいいですし、バトンもジェシカと復縁したみたいですし(笑)、ますます上り調子になるような気がしますし、楽しみですね。

  3. Kinnan より:

    こんにちは、Kinnanです。
     今回はブログにも書きましたが、選挙にW杯といろいろあったせいで見逃してしまいまして、しかしひょんなことから無事に観れたのでコメントさせていただきます。
     今回もレッドブルは強かったですね。今回のような高速コースはどちらかと言えばマクラーレンなどの方が強そうな気がしますが、マクラーレンが持ち込んだアップデートパーツがことごとく駄目であったことを差し引いても、レッドブルは文句の付けようがない予選の速さでしたね。
    しかし決勝は...。確かにウェバーは見事ポール・トゥ・ウィンを飾ってくれましたが、ベッテルはオープニングラップのコースアウトが原因で7位に。レッドブル勢にとっても手放しで喜べない結果になってしまいました。
     しかも、今回はレッドブルのチーム内の確執がより顕著になってしまいました。
    チーム内の確執と言うことで私の印象に残っているのは、セナ・プロ時代で、マクラーレンのチーム名と同士であったセナとプロスト、もう少し前ではマクラーレン・ホンダのチーム名と同士であったマンセルとピケでしょうか。これらの場合でもチーム内の確執はあまり望ましい結果を生まなかっただけに、今回のレッドブルの状態もあまりよろしくないですね。なんだか私はもう二悶着くらい起きてしまうような気がしますが...。
     そして今回もカムイは頑張ってくれました。
    2戦連続の6位。ザウバーのマシンポテンシャルを考えると本当にすごいです。私もついブログ内で力説してしまいましたが、本当にカムイを見ていると日本人初優勝、はたまた日本人初チャンピオンなどと言う夢が膨らんでしまいます(笑)。今後の活躍にも期待したいですね。
     ちなみに蛇足ですが、今回チラッとマンセルと「Mr.ビーン」で有名なローワン・アトキンソンが映りましたね。
    マンセルは多少老けたものの、かつてとあんまり変わっていませんでしたが、トレードマークだった「ちょび髭」がすっかり剃られていたのが軽くショックでした(笑)。(ちなみに私は当時、マンセルファンで、みんな軒並みセナを応援する中で一人だけマンセルを応援していました(^ ^;)。)
    あとローワン・アトキンソンは雰囲気は見事なまでに変わっていませんが、髪がこれまた見事なまでに白一色になっていました(; ;)。
    どちらも未だに健在なのは喜ばしいですが、かつての時代を彩ったスターたちの老けた今の姿を見るのはあんまり良い気持ちではないなと思いました...。
     あと、もしよろしければ、私のブログと相互リンクを張って頂けないでしょうか。よろしくお願いしますm(_ _)m

  4. SYORI より:

    Kinnanさんどうもです。大変返事が遅くなってスイマセンでした・・。
    チームの確執はどうなるんでしょうね。このまますんなり収まるような感じはしませんけども(笑)。
    可夢偉は3戦連続はなりませんでしたけど、このレースでは非常にクレバーな走りを見せてくれましたよね。こうやってどんどんアピールしてもらって、少しでも長くF1に乗り続けてもらいたいな、と今はただただ思います。
    80年代~90年代を彩ったスタードライバー、そして私は2輪も見ていたので、スターライダーと呼ばれた方々はホントに今や歳をとられてますよね(笑)。それだけ自分も歳を取ったということなんですけど(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です