GTsport 親父杯'21 その3 グランドファイナル

遂にこの日がやってまいりました。といってもこの記事を書いているのはレースが終わって数日後なので、記憶を辿りながら簡潔に書いていこうと思ってますけど、精鋭揃いの30~50代の親父達が日本一の親父を決めるという最終決戦なので、そこに参加する事が出来ただけでも光栄というか緊張というか、色んな感情が巡ってくる当日でした。

50代グループレースの時はAグループだったので、本当に一番最初にレースをする状況での参加だったのでかなり緊張したんですが、今回のグランドファイナル準決勝はBグループだっただけに、まずはAグループのレースを観戦してから挑めるという部分だけでもまだ気持ちの余裕はあったんですが、流石に各年代クラスを勝ち上がってきた24名だけあって、グリッドを見ているだけで胃が痛くなるような感じで(笑)

準決勝も前回レースと同様、12台でのA/Bグループでのレースがそれぞれ行われ、上位6名ずつが決勝へ進めるという形なのですが、Bグループのグリッドを見ましても、morinagakun_LBCさん、k24a_cm2さん、moriken_1986さんなど、普段喫煙所部屋(昔で言うPUSH部屋みたいなw)で一緒に練習していたんですけど、一度も前でゴール出来た事が無いという・・

tongariGTさんやmasack001さんを始め下位グリッドに居る方々も速い方ばかりなので、正直6位以内に入れる気があまりしなかったのと、練習でいつもミスってしまう場所があったりで、しかもそのミスを絶対取り返せないという皆さんの安定感を見てたら、全く自信が無いというのが本音でした(笑)

予選TAで総合6番手のタイムを出してしまったために、グリッドは3位という場所からスタート出来るので、そればかりは幸運だったと思いますが、気になる事は自分を抜いて前で走るであろう方々に万が一の事(私が起因するアクシデントなど)があったらヤバいという恐怖感だけでしたね(笑)

そんなこんなでグランドファイナル当日を迎えた訳ですが、参戦車両で記念写真を終えます。前回記事であった写真とはポルシェのリバリーが違いますが、理由は前回記事通りです。

Aグループの決勝をYoutubeで見てましたが、なかなか熱い展開でかなり楽しめましたが、次は自分が走るんだと思うと気が重くなってきます(笑)まあそんなこと言ってられないので、Aグループのレースが終わったら準備を開始です。とはいってもそれまでに少し走ってウォーミングアップはしていたので、あとは本番でミスなく走り切るだけです。

基本的にはタイヤ無交換・燃料無給油のノーピットレースになるので、どれだけ最終盤まで燃料を余らせられるか、残り2周辺りで余った燃料を使い切ってどれだけスパート出来るかというレースになるので、上位集団の後方に食らいついて出来る限り引っ張ってもらいながら燃料セーブをするのが必須となります。中盤以降は置いて行かれる展開になると思うので、その時点で後続とどれだけ離れているかがポイントとなるだろうと予想してます。あとは自分が大きなミスをせず走り切れるかも重要なポイントです(笑)

決勝スタート前。

スタートは慣れないグリッドスタート(フライング判定有り)ですが、どうしたらフライング状態になるのかが分からず、シグナル消灯と同時にブレーキだけ離して適当にスタートしてるんですけど、それが正しい方法なのかがいまだに良くわかりません・・まあ今回も大きな出遅れなどなかったので大丈夫でしょう(笑)

スタートから暫く3番手を走行します。

トップのmorinagakunさんは恐らくかなりペースを落として走っていたかと思います。私ですら若干余裕を持って走れていたので(笑)。ただ後ろにはこの後前に行くであろうお二方も控えているので、変な動きは出来ません(汗)。慎重に走り続けます。

とは言えその後に右~左のシケイン上のコーナーではみ出てタコ踊りしてしまったので、そのタイミングでk24さんとmorikenさんに前へ行ってもらいます。どうせいずれこの展開になると思ってたので無駄な抵抗は一切しませんでした(笑)

その後masack001さんとの6位争いになります。

7位以降とのギャップがあったので、このまま何も無ければ決勝進出出来ると思っていたので、無理はしない範囲でmasack001さんとのバトルを堪能します。1度抜かれた後に再度抜き返す形になりましたが、その際少し強引だったかもです(リプレイを見て少し接触がありましたので)。申し訳ありません・・

最後の2ラップは燃料もかなり残ってたので思いっきり飛ばします。

最終的にはそれでも少し余るくらいでしたが、5位でフィニッシュして決勝進出権を得ました!


そしてグランドファイナル決勝です。エントリー総勢だと250名くらいおられたと思いますが、その中の12名にまで残れたんですから、あとは楽しむのみ。総合優勝なぞ全く狙っていませんし無理なのはわかっているので、どこまで楽しめるかが最終的な目標です。ここまで来れただけでも良くやったと思いましたし(笑)

予選は前回同様スーパーラップ方式。Youtubeや参加者が見守る中、1台ずつのアタックです。

練習では52秒中盤辺りは出ていたんですが1発でそのタイムが出せる事は殆ど無かったので、上手くいっても52秒に入れるかどうか、って感じでした。

自分は確か6番手スタートだったと思うんですが、セクター1はベストに近い感覚で走れたので、これはいけそう・・と思ったんですけど、セクター2で明らかにミスってしまって、そこだけでベストのコンマ3~4くらい遅いタイムになってしまいます。これは52秒台に入るのは無理やろなと思いましたが、最終的には52秒996(だったと思いますw)とギリギリ52秒台に入れて、何とか面目は保ったかなと思いましたが、それでも予選は12台中8番手(汗)

まあ順位は関係なくとにかく楽しみます。

スタートは僅かに出遅れてtongariGTさんに前に出られてしまって9番手へ。

後ろにはskyline0340さんがぴったり来られる展開に。

レース中盤にかけてあまりペースの上がらなかったtongariGTさんをオーバーテイクして8番手へ順位を戻します。

その後skyline0340さんの猛攻を抑えつつピットイン。タイヤ交換し、燃料給油を行います。

燃料給油は画面上に出てくる残り何ラップを走れるかという数値目安でいつも入れてたのですが、これが何時も正しいのか良くわかっていなく、とりあえず残りラップちょうどくらいで給油を止めピットアウトをするとskyline0340さんが目の前に。何らかのピットロスで前に出られてしまいます。

その後付いていくのに必死の展開となりましたが(笑)、skyline0340さんが最終コーナーでミスされてしまい、それに乗じてポジションを取り戻します。その前後くらいで、親父杯絶対王者だったk24a_cm2さんがヘアピンでまさかの単独スピンを喫するという想像すらしなかった事が起こったりと波乱がありましたが、私の方は8位完走となりました。


GTsport最後のイベントと銘打って行われた大会でしたが、ほんと楽しかったです。

主催者であるニシケンさんを始め、関係各位と参加者の皆様、本当にお疲れさまでした!

明日にはGT7が発売となり、今回はGT6以来となる発売日に手に入れる事になりますので、暫くはライセンスオールゴールドとかを遊んでみて(笑)、その後はオンライン部屋などへ遊びに行こうかなと思ってます。

グランドファイナルの模様は下記Youtubeにて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。