2008年 F1 第4戦 スペインGP

うーん、バルセロナでのフェラーリワンツーで今季が見えてきたような感じですねー。このコースでの優劣がシーズンの勢力図そのままになるというイメージがありますので、ここで強かったフェラーリがこのまま突っ走るような気がします。2強と言われてきたマクラーレンですが、予選でまさかの3列目。しかも問題はハミルトンが予選でのバランスやペースに問題が無かったというコメントですね。それでいて3列目に沈んだという事は、ガソリンの軽かったアロンソは別としても、もはやフェラーリの次にBMWとマクラーレンが横並びであるという事だと思います。決勝ペースを見る限りフェラーリとマクラーレンの差は予選ほど離れていなかったのが救いでしょうか。
それにしても決勝のコバライネンのクラッシュには焦りました。マシンは完全にフロント部がめりこんでおり、ドライバーに激しい衝撃が加わったと思われたからです。深刻なダメージを想像しましたが、コバライネン本人に骨折や頭部のケガが全く無かったと聞いて心底安心しました。マシンを引き上げる際、モノコックに大きな穴が開いていたように見えたので、怪我が無かったのは本当に不幸中の幸いだったのではないでしょうか。左フロントのリム破損が原因っぽい感じでしたが、リプレイ映像を見る限り、昨年バーレーンGPヨーロッパGP(訂正)でハミルトンが起こしたクラッシュとそっくりでしたよね・・。

予選で見せ場を作ったルノーのアロンソですが、燃料搭載が少なかったとはいえ、さすがです。あのマシンでフロントローを取ったというのは、明らかにマシンポテンシャル以上の力をドライバーが出したという事だと思いますので、大いに地元が沸いたと思います。とはいっても決勝では7位に入れるかどうか、と決勝前に語っていた通り、決勝は苦戦でした・・。最終的にエンジンブローっぽい終わり方でしたので、マシンが走りについていけなかったと言う感じですが、やはり今年のルノーも苦戦必至という感じでしょうか。勿論開発は進んでいるのでしょうが、レースの世界では開発速度が速いか遅いかですからね。回りの開発ペースより遅ければ、いくら進歩しているとはいえ後退しているのと同じですから、これからどれだけルノーが中盤後半と開発ペースを上げていけるかがポイントとなるでしょう。

日本勢では、ウィリアムズの一貴が2度目のポイントゲットとなりました。今回完走が約半分というサバイバルレースとなりましたので、生き残るという事が重要ではありましたが、ロズベルグがエンジンブローでリタイアしただけにチームとしても素晴らしい結果だったのではないでしょうか。ただ、着実に結果を残してきているとはいえ、まだ印象的な走りを見せているか?といえば、そうでもないような気もします。昨年もブルツのほうがポイント上では良い結果だったといえ、一貴と交換になった経緯もありますし、更に高みを目指して欲しいと思いますし、何よりも印象的な走りを見せてもらいたいと思います。

そう考えると、SAF1の琢磨は印象的な走りを見せているのかもしれません。予選・決勝とも最下位ではありましたが、クルサードとのバトルで国際映像がずっと映してくれるなど、やはり注目があるんだなと思ってしまいます。勿論決勝終盤で見所が無かったと言うのもありますが、現在のチーム状況を考えると善戦したんじゃないかなって思います。
今回も参戦が危ぶまれましたが、ヨーロッパラウンドと言う事で費用的に安かった(とはいえ3億ほど必要みたいですが)参戦費をホンダが援助してくれたみたいですね。ただ2週間後のトルコGPはまだどうなるか分からないみたいですし、マグマグループと破談になったとはいえ、まだ交渉は継続中とのことです。そう考えると買収値段を下げるための手段なんじゃないのか?と勘ぐりたくなりますが、良い買い手が現れ、シーズン中盤以降でもRA108が手に入って戦闘力大幅アップ・・となるよう祈りたいと思います。まあ、それ以前に現行のマシンの開発もしていないようなので(もっとも開発費すらないでしょうが・・)RA108頼みという部分があるでしょうが、実際ホンダはその辺りのマシン提供は考えているのか少々疑問ではありますけどね・・。

2008年 F1 第4戦 スペインGP” に対して10件のコメントがあります。

  1. zerosiki より:

    携帯からお邪魔です~
    焦りましたね~・・・ヘイキのクラッシュには・・・
    あんな高速コーナーでクラッシュされちゃ見てるこっちはたまりませんよ。
    ところで昨年ハミルトンが同じようなクラッシュをしたのはヨーロッパGPでは?

  2. SYORI より:

    >zerosikiさん
    どうもです。昨晩は嫁とのチャンネル争いに敗れ(笑)、久しぶりに地上波で見たのですが焦りましたね・・。生中継なら相当な時間SCラップが続いてたかと思いますが、ホント無事で何よりでした。速度が速度だけに無傷とは思えませんでしたし・・。
    それとハミルトンの件スイマセン(笑)。思い切り勘違いしてますね・・。先ほど訂正しておきましたorz

  3. 青葉緑 より:

    私はインターネットTV(先日ブログ記事にしたソフト)で2、3分遅れのほぼ生放送で見てました。
    アメリカのチャンネルでの視聴なので何を言っているのか分からないですけどね^^;
    コバライネンのクラッシュは昨年のクビサを思い出し不安になりました。
    実際は何度もそのリプレイ映像が流されたのですが、
    地上波ではほとんどカットされてましたね。
    あとは、とりあえずスーパーアグリが決勝で見られて良かったです^^
    次戦以降も参戦できれば良いんですけどね・・・

  4. SumiGT より:

    こんばんは。
    コバライネンは無事で本当に良かったです。担架で運ばれる際に、足首がブラブラしている様に見えたので、まさか…と心配になりました。
    現代F1の素晴らしい安全性、マーシャルの迅速な対応、そしてあの状況でサムアップするコバライネンのガッツに拍手ですね(^-^)
    レースの方はやはりフェラーリが強かったですね。
    意外とマクラーレン、BMWに対してアドバンテージが小さい気もしましたが、一歩抜きん出ているのは間違いないです。
    今回は琢磨と一貴も魅せてくれましたね^^
    それと、アロンソの予選アタックには驚きました。
    流石と言うしかないですね~
    もしもですが、アロンソがマクラーレンに残っていたなら、確実に今頃は去年と同じようにフェラーリと互角の戦いをしていたでしょう。去年、ハミルトンがあれだけ活躍できたのも、アロンソの開発&セットアップ能力によるところが大きいですから。今のマクラーレン、マシン開発はデラロサ頼みとの噂が…(^^;
    2年目コンビなので仕方ないのでしょうね。良くやっている方でしょうか。

  5. ポテンザ より:

    SYORIさんこんばんは(^O^)/
     
    一貴選手も琢磨選手も完走出来てよかったです(^^;
     
    しかし琢磨選手には毎回“大和魂”を見せつけられます!
     
    財政難でもういっぱいいっぱいなチームで全力で戦おうとしているあの姿には感動すらします(T〇T)
     
    自分はSAF1と琢磨選手のコンビが好きです(^^;
     
    マグマグループがもし回収したら、知らない外人がシートに座ることが予想されますよね(つД`)
     
    そんなの認めたくもないし、応援する気にもなれません。
     
    日本のドリームチームSAF1に日本企業は冷た過ぎです(ノ_・。)
     
    日立やソニーなどがスポンサーになればなぁ……(泣
     
    次戦には参戦出来るんでしょうか…orz

  6. SYORI より:

    >青葉緑さん
    どうもです。私も結局ネット経由で英語解説の中継を見ようと思っていたのですが、チビの風呂と寝かしつけが入ってしまい生視聴計画は玉砕でした・・。
    私の場合、昨年のクビサよりまずいなーと思いましたね・・。クビサのクラッシュは見た目は派手でしたが、逆に衝突エネルギーを相当放出していたはずですし。今回はまさにグサっと刺さっただけですので、ドライバーの体に掛かるGは相当なものだと思いましたので。ホント無事でよかったです。
    SAF1、次戦どうなるのか全く見えてきませんが、ホンダもスポット援助は今回限りという事で最大の危機を迎えたのではないでしょうか。

  7. SYORI より:

    >SumiGTさん
    どうもです。担架シーンでそんなのがありましたかー。私は彼の手の動きばかり見てましたので、無事をアピールしているシーンを見てホント安心でした。
    ドライバーの力でマシンポテンシャルをもうワンレベル持ち上げるというのは、ホントにありますよね。今回のアロンソもまさにそうでしょうし、過去でいえばセナとか特に分かりやすかったです。しかしマクラーレンのセットアップに関しても、デラロサはベテランですし有能かと思いますが、若手二人ではマシンの開発は辛いんでしょうかねー。

  8. SYORI より:

    >ポテンザさん
    どうもです。琢磨はいつも与えられている現状を最大に発揮できるよう頑張っていますし、何よりも現状に対して文句や愚痴を一切言わない姿勢は素晴らしいと思いますね・・。その分、何とかしてあげて欲しいと切に願う訳ですが・・。
    どちらにしても、次戦までにSAF1が何らかの支援先を見つけて資金を調達しなければ参戦不可→消滅という道を辿るでしょう。日本の企業は全くアテに出来ませんし、今は日本云々以前の状況になってますしね。まあこれがマグマグループ等、SAF1を買収しようとしている企業の策略なんだと思いますが・・・。

  9. SumiGT より:

    こんにちは
    すいません、念のため捕捉レスです。
    誤解を招くかもしれない書き方をしてしまいましたm(__)m
    私もデラロサは有能なドライバーだと思っております。

  10. SYORI より:

    >SumiGTさん
    いえいえ、全然誤解とかしてませんよー。お気になさらず。
    でもアロンソが昨年マクラーレンにいた時のフィードバックはやはり素晴らしいものだったんだろうな、っていうのは間違いなさそうな気がしますよね。今年のマクラーレンは既にBMWに追いつかれてしまいましたし、ルノーはバルセロナでフロントローですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です