2008年 F1 第10戦 ドイツGP

さあ!気を取り直して、更新再開します(笑)。
二日酔い真っ只中で観たF1でしたが、イマイチ頭によく入っていません(笑)。でもマクラーレンのハミルトンは別次元の速さでしたね・・。戦略もチームのミスでセーフティカー時に入れなかったという事も帳消しにするくらいの速さを見せていましたし、メルセデスお膝元でパーフェクトウィンを飾ったという感じですね。それにしてもCSでも触れていましたが、コバライネンとエアロの形状が若干違うという事など、もはやマクラーレンの完全なNo.1扱いになってしまったのでしょうかね。このチームはお互いを同じパッケージで競わせるという伝統的なやり方があると思ってましたが、少しづつ変わってきているんでしょうか。それはそれで去年の教訓を生かそうとしているのかもしれませんが、少し気になったことを・・。
今回セーフティカー後に7周で23秒を詰めろ!とピットから指示されるものの、稼ぐ事が出来ずにピットイン。その後のオーバーテイクショーでトップ復帰した訳ですが、オーバーテイクシーンを見ると、どうも相手ドライバーに敬意を表しているような抜き方じゃないんですよね・・。特にマッサのオーバーテイク、その後マッサが再度横に並んだ時とか、完全にラインを塞いでアウトに押し出すような感じでしたよね。レース後のマッサは特にその事を触れてはいませんでしたけど、どうもフェアじゃないなーと思ったのは私だけでしょうか。勝負の世界はそんな生易しいものじゃないのかもしれませんが、イメージ的にちょっとどうなの?みたいな気分になりましたね・・・。

それにしても、今回のピケJrのレースは素晴らしかったですね。グロックのクラッシュ時にちょうど最終セクターを走っていたというタイミングの良さもありますが、セーフティカー導入決定までの僅かな時間内にチームで判断しピットに飛び込ませたという辺りが、本当に素晴らしかったと思います。運の良いタイミングとチームの決断の早さが今回の表彰台をもたらしたといっても過言ではありません。
それまでは7位が最高位、表彰台はアロンソすら成し得ていない快挙ですからねー。調子が悪くて一時は解雇とか琢磨と交代か?みたいな噂が飛び交って本人も辛い思いをしていたかもしれません。これをキッカケに自信を取り戻して躍進してもらいたいですね。トップ走行から2番手に落ちたのはどうしようもないことですが(ハミルトンとは決定的に速度差がありましたので)、3番手のマッサとの差をキープしての力強い走りは流石でした。今までならあそこで凡ミスをして順位を後退させる事も十分考えられただけに、チームの喜びようも納得ですよね。ブリアトーレのガッツポーズも久々でしたから。
対照的にアロンソのレース後のコメントの口数の少なさから、相当イライラしている感じが伺えますね(笑)。予選結果が対照的だっただけに、余計に悔しい結果だったと思います。

メルセデスと同じお膝元のBMW勢は厳しいレース展開でしたね・・。ハイドフェルドはファステスト記録していたので予選結果が違っていたらもっと良い結果を迎えていたかもしれません。まあこの辺りがレースの難しく面白い所ではあるんですけどね・・。

フェラーリに関しても現状は後退しているように思えるくらい、マクラーレンの力が抜けてきているように思えます。今後フェラーリ向きのサーキットでどれだけ力を出せるか、そこでマクラーレンと対等レベルであればチャンピオンシップの行方が少しづつ見えてくるかもしれません。
ただ気がかりなのはライコネンですねー。レース結果もあれですけど、前GPではカメラマンを押し倒し、今GPではパドックで小さい女の子と不意にぶつかって倒れているのに放置して去っていくシーンなど、ちょっとそれはダメだろ?って思いましたけど。レース外のところで目立ちすぎてますね・・。
カメラマン事件は自分の荷物を踏んだから(カメラマンは踏んでいないと言ってますが)という理由があっての事でしょうが、今回は小さい子供ですからね。お互い予測できない状態で起こった事とはいえ、ああいうところでその人の人間性というものが現れると思ってますから、ちょっとライコネンの行動にはガッカリさせられました。普通なら「大丈夫?」と声を掛けてあげ、一緒に写真を撮ってあげるとかサインしてあげるとか、申し訳なかったね・・という気持ちを表すのが普通だと思うんですけどね。まあF1という世界に居ると常に注目されているという事で色んな鬱陶しい事が多いでしょうし、そういう風になってしまうのかもしれませんけどね・・・。まあ今回はちょっとイメージが悪すぎるので、恐らく世界中から私と同じような声が聞こえてくるんじゃないでしょうか・・・。

しかし今回もミハエルがやってきたからライコネンはダメでしたね・・。恐ろしいです(笑)。

2008年 F1 第10戦 ドイツGP” に対して10件のコメントがあります。

  1. りょ より:

    > オーバーテイクシーンを見ると、どうも相手ドライバーに敬意を表しているような抜き方じゃないんですよね
    それは僕も激しく思いました!!
    あのM.シューマッハでさえ相手にマシン1台ギリギリ通れるだけのスペースを残してあげつつオーバーテイクしていたのに、ハミルトンはホントのホントに、完全にゼロですよね。
    コーナー出口で斜めを向きつつ加速してたりとか、まるでゲームのようなものすごい走り方なんですけど、少しくらい人間らしいところを見せてくれよと思います…
    日本人的な、甘い考えなのかもしれませんけどね(´・ω・)

  2. SumiGT より:

    どうもです。
    オフ会お疲れ様でした。とても楽しい会になったようで何よりです^^
    今回は都合がつかずに見送りになってしまいましたが次の機会には是非参加させていただきたいと思っております。
    ドイツGP、SYORIさんが仰っているハミルトンのオーバーテイクですが、自分も少し不快な思いで見ておりました。相手ドライバーに対する敬意は全く感じられなかったですね。そもそも、ハミルトンが他人に敬意を払っているのを見たことがないような気もしますが(^^;
    マッサの後のピケJr.を抜く時もそんな感じでしたね。次のコーナーまでに並ばれて逆襲されるのを防ぐためなのかもしれませんが、それにしても相手にラインを全く残さないのはどうかと思います。そもそも、今回はぶっちぎりに速いマシンに乗ってるんだからそこまでしなくても、とも思います(笑)
    まぁ、いずれ接触→貴重なチャンピオンシップポイントを失う。というような感じで勉強することになるかもしれませんが。まだ彼は若いから仕方ないかも知れません。天狗になるな、とうのが無理かもしれませんね。ただ、人の言うことを全く聞かなくなる前に誰かが色々教えてあげた方がいいような気もします(笑)
    今回2年ぶりのホッケンでしたが、低速コーナー→ロングストレート→低速コーナー、は今のF1でもきっちりオーバーテイクができるのでやっぱりレースになると面白いですね~。ライコネン、ハミルトン、という速い2台が中団に沈んだため、オーバーテイクが多かったというのもありますが。
    あと、ピケJrの2位は見事でしたねー。今後はシートが・・・的な話題も出ずにレースに集中できるようになって、さらに成績もよくなるのではないでしょうか。今後が楽しみですね^^
    しかし、ミハエルの影響力は絶大です(笑)ライコネンはマクラーレン時代にニュルでも酷い目にあってますし、ドイツGPはもうやめて~(泣)、位の心境ではないでしょうか。^^;
    色々あって機嫌が悪かったのかもしれませんが、それでも女の子放置事件はちょっとヒドすぎですね。どんな事情があろうと認められません。F1ドライバー以前に一人の人間として反省、謝罪してほしいです。
    最後に日本勢ですが、一言でいうと全体的にorzでした^^;
    4番手のトゥルーリは期待してましたが、レースになるといつの間にか後方へ病が再発してしまいましたね・・・グロックのクラッシュにはヒヤッとしましたが、ウォールに当たる角度が良かったみたいで、たいした怪我もなく、何よりでした。

  3. Qchan_PS より:

    どうも、お久しぶりです。
    オフ会楽しそうですねー。自分も行きたいもんですが、なにせ九州(笑)
    それはさておき、みなさんが言われているようにハミルトンのオーバーテイクショーは、自分も不快な気分で見ておりました。
    そしてコバライネンの明らかなチームオーダーなど・・・。
    SYORIさんも言われてますが、マクラーレンってこんなチームっすか??と思いました。
    もともとハミルトンは嫌いなんですけど、今回のレースが決定打?になってしまいました。
    まぁ、なんというか自分はベテラン応援派?なんで(笑)スーパールーキーが出てくると、どうしても嫌いになっちゃうんですけどね。
    とくにハミルトンは、いきなりのトップチームデビューで、チャンピオンアロンソ何するものぞって感じだったので嫌いになっていき・・・今回のレースですよ(笑)
    あまりに日本人的な応援の仕方なのかもしれないなぁ、と自分でも思いつつ今年もハミルトンがチャンピオンにならなければライコネンでもマッサでもいいですから、ハミルトンをけちょんけちょんにしてほしいです(笑)
    FORZA!フェラーリ!

  4. Rest0g より:

    どーもです。宿題、終わらなそうです(涙)。
    息抜きって事で見てました。
    とくに今回のハミルトン、モントーヤとは違う強引さがありましたね。先輩がいなくなった気分なんでしょう。同級生のヘイキはもうすこし良い抜かれ方はできなかったんですかね。
    GP2でハミルトンと争ったピケはホントおめでたいです。ピケには
    早く琢磨と代われ~、と思ってましたがやっぱりあるんですね。才能的なものが。期待できるドライバーですね。
    あるといえばベッテルはアロンソをよくおさえてましたね。
    ライコネンの件は知らなかったです。マッサが良く思えます。
    今年は一貴がハミルトンをズバ抜いてほしいとおもいますよ。

  5. SYORI より:

    >りょさん
    どうもです。やっぱりこの辺りは日本人的な考え方なのかもしれませんね(笑)。あの世界で生きていく為にはそれくらいの図太さというか、相手ドライバーに対する自身の強さみたいなものを植え付けさせる為にも必要な行為かもしれませんけどねー。
    ただやっぱり「スポーツ」であるだけに、速いドライバーはすべての見本となってほしいですし、フェアプレーという精神は忘れないで欲しいですけどねー。世界中のファンからいずれやって来るであろう世界チャンピオンになったときに、心・技・体とも王者だと認めてもらえる為にも。これも日本的な考え方なんでしょうが(笑)。
    でもCS中継時の今宮氏発言(クビサはフェアなドライバー)、ハミルトンがオーバーテイクした際に執拗にそのシーンをリプレイで流し続けた事、そう考えると同じような思いを感じていたのは日本人だけではないかと思いますねー。

  6. SYORI より:

    >SumiGTさん
    どうもです。当日はお電話でお話させていただきありがとうございました。ちょっとテンション高めな私でしたが(笑)、まだあの頃は意識も正常、完全体でしたよ;;。3時間後にもう一度電話します、といっておきながら半暴走気味ですっかり忘れてしまい申し訳なかったですorz
    ハミルトンのデビュー前とデビュー直後はかなり礼儀正しい好青年という話だったんですけどね。チーム内での挨拶もどんな立場の人にも同じようにしっかりこなしていたというし、私自身はデビュー時のハミルトンには良い印象しか持っていなかったんですよねー。去年のモナコで少しだけ「あれ?」って思いましたが、ハンガリーで「おいおい」ってなって、今回で「あーあ」って感じです(笑)。F1人生となって1年半くらい過ぎたかと思いますが、やっぱり人間的にも変わっちゃうんでしょうかねー、F1という華やかな世界に身を置くと・・。
    まあ歴代チャンプを見ても一癖も二癖もあるような人ばかりですし(笑)、ハミルトンも逆の見方をすればチャンプの風格が出てきたとも言えるのかもしれませんが・・。
    新ホッケンハイムは私もGTR2でよく走ってますが、確かに抜きどころは多い感じですねー。走っていてもなかなか楽しいですし、コース的にはニュルよりもこちらの方がドイツGPという感じが大きいです。ちなみに旧ホッケンはゲームで走っていても恐ろしいくらいです(笑)。
    今回の日本勢は残念でした。特にトヨタ勢は予選が良かったものの決勝は散々でした。グロックはなかなかマシンから降りなくて、しかも背中を痛めていたように見えたのにそのまま降ろして歩かせていたのはちょっと問題ありですよね(既に問題になってるみたいですが)。

  7. SYORI より:

    >Qchan_PSさん
    どうもです。オフ会、やっぱり距離がネックになりますねー。今回も関東・東海方面や四国方面から来て頂きましたが移動も大変かと思いますし宿泊必須ですしね・・。
    しかし皆さんアンチハミルトン?が多いのにはビックリです(笑)。私はそこまで毛嫌いしている訳ではありませんが(笑)、今回のオーバーテイクは流石に苦言を呈してしまいましたけど・・。
    最近は無線内容を完全に記録されているのであからさまなチームオーダーはペナルティ対象になりますが、それと分からないような内容なら問題ないみたいです。この辺りもうやむや過ぎて意味が無いと思ってますけどね・・。恐らくコバライネンには無線で「後ろから早いペースでハミルトンが来ているぞ」みたいな内容だったんだと思います。それをどう受け取るかはコバライネンなんですが、その辺りもチーム内で事前打ち合わせしておけばオーダーと何ら変わりありませんしね。抜かれ方からしてもどう見ても譲ってますし、そもそも優勝会見でハミルトンはコバライネンに礼を言ってますから(笑)。
    次戦はハンガリーGPでしたね。コース的にもマクラーレンが強そうな気がしますが、そういえば最近急激にマクラーレンが力をつけたのは、何でもMobilの特殊オイルだという噂がありますねー。通常のエンジンオイルで発生するフリクションロスをとてつもなく低減する=パワー損失が最小=パワーが他よりも出る、という流れのようです。

  8. SYORI より:

    >Rest0gさん
    どうもです。宿題大変みたいですね(笑)。ウチのチビ(小2)も宿題山盛りあるみたいですが、毎日少しづつさせてます。盆休みまでに終わらせろ!と指令しているので頑張ってますよ(笑)。
    モントーヤ、懐かしいですね(笑)。彼は何と言うか良き時代のレーシングドライバーっていう感じでした。もう少し早い年代に出てきていればもっと活躍できたんじゃないかなっていう感じですね。アレジタイプといいますか。ハミルトンはまんま21世紀の現代ドライバーといった感じですかねー。
    ピケJrはルノーテストドライバー時代から速さを見せ付けてきてた訳ですし、その頑張りがあってこそ今年のレギュラー昇格だったんですからねー。才能は間違いなくあるはずです。でもF1の世界ってほんの少し運が遠ざかったり、流れが上手く自分にまわってこなかったらとことんダメになりますからね(2005年の琢磨もそうですし)。これをキッカケに後半戦は頑張ってもらいたいと思います。ベッテルは来期レッドブルでウェバーと一緒になりますが、去年の富士で衝突した因縁の二人だけにいろんな意味で楽しみなペアになりそうです(笑)。もしかしたらウェバーを食うかもしれませんよ。
    ライコネンの件に関しては、イギリスメディアの情報操作だの悪いのは母親の方だと色々言われてますが、誰が悪いとか悪くないとかではなく、原因はどうあれそこでどういう気遣いを見せてあげるかという事が大事なんだと思いますよ。ライコネンは好きなだけに残念なシーンでした。

  9. SumiGT より:

    こんばんは。
    こちらこそ、その節は有難うございました。少しですがお話出来て嬉しかったです。申し訳ないなんてとんでもないです。不参加にも関らずSYORIさんのお声を聞く事が出来、会場の盛り上がりまでも感じられたので十分に幸せであります。バチが当たりそうです(笑)
    グロックの事故の時のマーシャルの対応は確かに問題ありですね。SCが入っているのだから、焦らずにしっかりとした対応をすべきでしたよね。

  10. SYORI より:

    >SumiGTさん
    ありがとうございますー。でも私の声なんか全然有難いものではありません(笑)。ANI16さんやかるちょさんにヘッドセットを購入するようにずっと言われてますので(笑)、手に入れましたらPS3のチャット?の方に寄せてもらいます。まあ普段から声がデカいみたいで夜は嫁にうるさいといわれた事もありますので(笑)、ボイチャはあまり出来ないかもしれませんけど・・。
    グロックの件、ドライバー本人が親指を立ててOKサインを出していたから、という事もあるかもしれませんねー。まあそれでもシート固定のままドライバーを出すとか出来るみたいですし、首固定とかも全くされてなかったみたいなのでちょっと問題ありですね、やっぱり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です