GTR2 ROC 第四戦 セパン

ROCも4戦目となります。今回は灼熱の地マレーシアはセパンサーキット。間違いなく暑いはずなので、普通にフリー走行をオフラインで行っても参考にならないかと思い、今日は休みだったので(明日は仕事ですが・・)昼間にサブPCで鯖を立てて、GTR2 Manager/Weather Generatorを使って40kgウェイト+気温35度辺りに設定して走りこみしました(笑)。使い方が全く分からなかったので手探りでしたが、案外すんなり出来るものなんだなーと思いました。
ある程度のセッティングを作った状態でいざJOIN。プラクティスから予想通りの灼熱地獄(笑)。今回はNSX勢の一人、HunkyDoryさんが欠場となってました。感覚的には練習時と同じような感じでしたので、迷いなく走れます。プラクティスはずっとトップタイムを維持出来たのでレースセッティングを作ったりと色々と走りこみました。そうそう、40kgのウェイトハンデを貰った私が今回体重を5kg軽くして気合入れてるって話、ちゃんとしていただきありがとうございます(勿論ネタですよ(笑))。
プラクティス終盤にR35GT-Rのお披露目があって走行シーンを見ていましたが、いやーかっこいいですね!。早くこいつで走ってみたいです。SC430も控えてるみたいなので、スキン制作のご要望があればお気軽に(笑)。
予選は53秒台を目指して走りますが、タイムの伸びがイマイチ悪く、54秒フラットで終了。53秒後半に3~4台ほど入ってましたので、もう少し頑張ればセカンドロー辺りはいけたかもしれないので勿体なかったです。何はともあれここからのスタートでどのような展開になるか、レース内容を見つつ走っていこうと思います。

SC先導でレーススタートです。

今回タイヤはS/Sでスタートする事に。何となく最後まで持つかなって思ったのと、M/Mで走ってもタイヤ温度の上がり方はそんなに変わらないかなっていう部分もありましたので。よって序盤でどれだけ攻めていけるかという部分が大事になると思います。

そして一斉にスタート。5番手takkamさんのアウトラインから一気に仕掛けていきます。アウトから回り込んで次のS字のインを取って5番手浮上。

maxiさんが逃げていき、ZERO1さん先頭の2位争いに加わります。

その状態のままメインストレートへ。RodgersさんはタイヤM/Mだと思うのですが(以前タイヤが厳しいとおっしゃってましたので)、コーナーで詰まる感じでしたので、チャンスがあれば何とか前に出たいところ。

S字区間で左右から揺さぶりを掛けていって前をうかがいます。

しかしなかなか抜けません。この辺りは焦らずチャンスをじっと待つ事に。その時3番手走行だったzerosikiさんが痛恨のスピン。今回予選でも好調だっただけに勿体無かったですね・・。

最終コーナー立ち上がりで少し鈍った私の後方からwhite tailさんが一気に仕掛けてきます。アウト側からかぶせてきて抜かれてしまいますが、

若干膨らんだスキにインに飛び込んで何とか順位を死守します。Rodgersさんの横まで並んだので次の左コーナーをアウトから一気に仕掛けようと考えます。後方からはtakkamさんも来ています。

しかしRodgersさんとwhite tailさんの接触がありイン側に居た車が混乱に巻き込まれます。

これで3番手になりmaxiさん、ZERO1さんを追い上げるべく走ります。後ろにwhite tailさんが来ていましたが、先ほどの接触でドライブスルーペナルティを受ける形になったみたいで、後方からのプレッシャーはひとまず無くなります。しかし空の色がおかしくなってきたのですが・・・。

空は暗く、遂に雨が降り出してきました。まだ小雨程度ですが一体どうなるのか判断がつきません。後方ではペナルティを受けたwhite tailさんがピットイン、そしてxanavi-yuukiさんもピットに向かいます。xanavi-yuukiさんはここでタイヤを変更されるようです。

1コーナー。ますます暗くなってくる空模様。完全に雨が降り出します。

この辺りから路面コンディションが明らかに変わってきて、かなり滑りやすくなります。車の後ろから水煙が立つようになってきたのでかなり注意して走行します。

とその時、急激にコンディションが変貌します。一瞬で路面コンディションがフルウェットに変わったので(笑)、一瞬にしてグリップを失います。ちょうど私は後半セクションの高速コーナーを通過中だったので、そのまま真っすぐ突っ切ってしまいます;;。リプレイを見ている時、他の方はどうだったんだろうと思いましたが、ほぼ全ての方がこの瞬間にスピンorコースオフされてて非常にカオスでした(笑)。

当然の事ながら1~2位を走行されていたmaxiさんとZERO1さんもスピンアウト。その手前でコースオフからスピンしていた私が復帰してもまだコースに復帰出来ていませんでした・・。ここでトップに浮上しますが、ドライタイヤで走行はほぼ不可能な状況・・。今年のF1のセパンを思い出しました(笑)。急激な天候変化だったのでSCが入る事に。

何とかピットにたどり着きます。路面状況からエクストリームウェットに履き替えますが、タイヤ交換中に雨が止み空が明るくなってきます;;。これはまずいかも・・。

maxiさんがピットアウトされるタイミングで辛うじて順位をキープ。SC先導の箇所まで走ります。

この時点で順位は3番手。トップでピットインしたのに何故なんだろうと思ってましたが、リプレイを見るとxanavi-yuukiさんがやはり天候が変わる直前にタイヤ交換されていたみたいです。素晴らしい読みです・・。そしてZERO1さんはタイヤ交換に入ったもののピットスルーされていたので、もしかしたら所定位置に止まりきれてなかったのかもですね・・。

SCがピットインして再スタート。ZERO1さんはやはりドライタイヤのままだったみたいで、一気にかわして2位浮上。トップのxanavi-yuukiさんを追いかけます。

ZERO1さんがスピン。かなりキツい感じでした;;。

xanavi-yuukiさんとは周ごと離されていく感じに・・。というのもエクストリームウェットだとタイヤがあっという間に異常発熱してしまい、全くグリップしなくなってます・・。タイヤ温度150度とか初めて見ましたので(笑)。後ろからTORAOUさんが一気に迫ってきます。これはスタンダードウェットで良かったのかも・・。

全くグリップしない私はコーナーで強烈に遅く、TORAOUさんに一気にパスされてしまいます。

しかしTORAOUさんもスピンされたりとミスがあって再び順位を2番手に戻します。しかし抑えきれる自信は全くなく(笑)、レース残り1/3程をこの後どうしようかという状況でした・・。

高速右/右のコーナーでドアンダーが出てコースオフ。また抜かれてしまいますorz。リプレイで気がつきましたが、このコーナーに進入した時点で右フロントがバーストしたようです;;。

たまらずピットイン。

タイヤをスタンダードウェットに変更します。3番手になりましたが4番手とはかなりのタイム差がありました。何とかなるかと思いましたが、ピットイン中に2台に抜かれて5番手に。

おそらくドライタイヤで走り続けていたZERO1さんでしたが、ここでスピンコースオフ。4番手に上がります。

3番手にYakkunさんでしたが、もう20秒先でしたので順位キープに。スタンダードウェットでも2周でタイヤが真っ赤っかになってたので、かなり厳しい状況でした。水煙が上がるポイントも少なくなってきたので、路面コンディションはどんどんドライよりに変化していったのでしょう。とにかくラインを外してタイヤを冷やす以外にありませんでした。完全にタイヤのチョイスミスです・・。

かろうじて4番手でチェッカー。この順位でフィニッシュ出来ただけでもラッキーでした。

-------------------------------------------------------

しかし大波乱のレースでしたね・・。あの路面コンディションの変化が一瞬でやってきたのはご愛嬌としても(笑)、ああいう変化の仕方は初めてみましたので本当にビビりました;;。
優勝したのはxanavi-yuukiさんで、後からお話を聞くとやはり雨が降り始めたタイミングでインターミディエイトに変更されたようです。いやー素晴らしい判断としか言いようがないですね。私の方は土砂降り状態でピットインし、タイヤ交換した途端に晴れてきたという悪いタイミングもあって、運が無かったような感じです・・。やはり路面温度が高かっただけに乾くのも早く、エクストリームウェットではどうしようもなかったという事ですorz
それでも4位になってポイントを加算。ポイントリーダーだったwhite tailさんがリタイア(間違ってESCを押されたみたいですが;;)されたものの16ポイントでポイントトップ。逆に2位以下が超混戦となってきています。今回優勝したxanavi-yuukiさんが14ポイントで2位に、13ポイントで私が3位に浮上。ZERO1さんと今回2位だったTORAOUさんが12ポイントで同率5位、maxiさんが11ポイントといった具合です。次回SUGO前には各車アップデートが施されるとのことですので、その手前での合同テストでどのような勢力図になるか、結構楽しみです。ただ実況でも言ってたように、耐久レースはポイント倍となるようなので、そのレースに焦点を合わせるのは必須かもしれないですね。
とにかく大波乱のレースでしたが、参加された皆さん、鯖缶さん、お疲れ様でした!

■リザルトデータ

日時:2009/06/27
コース:Sepang International Circuit
車種:HONDA NSX RAYBRIG NSX
予選:6位 1:54.089(+0.584)
決勝:4位 30:38.995 LAP12(+1:24.655)
レースラップ:3位 1:56.818 LAP4(+1.793)

詳細データ:http://www.jods.jp/roc/schedule.html

■ポイントランキング

Pos Drivers Name Total
Point
岡山 鈴鹿 富士 セパン 菅生 鈴鹿
耐久
オート
ポリス
富士
耐久
5/2 5/23 6/6 6/27 8/1 8/29 9/19 10/3
1  white tail 16 6 6 4 DNF        
2  xanavi-yuuki 14 2 DNF 2 10        
3  SYORI 13 0 DNE 10 3        
4  ZERO1 12 10 0 0 2        
5  TORAOU 12 DNE 0 6 6        
6  maxi 11 DNF 10 1 0        
7  Yakkun 9 3 2 0 4        
8  Rodgers 8 4 4 0 0        
9  takkam 5 1 1 3 0        
10  zerosiki 3 DQ 3 0 DNF        
11  pjm 1 0 0 0 1        
12  HunkyDory 0 DNF 0 0 DNE        
13  gole7412 0 0 0 DNE DNE        
 
※DNF:決勝リタイア DQ:失格 DNE:決勝未出走

GTR2 ROC 第四戦 セパン” に対して16件のコメントがあります。

  1. maxi より:

    乙でしたー^^
    通り雨での判断ミスが全てでした。ピットレーン入り口の時点で雨が止んだのでピットスルーでのドライタイヤに賭けてみましたが、結果はご覧の通りでした。
    まあ、ある意味とてもセパンらしかった、と言える気がしますw
    性能調整&テストが入って次のレースは少し先になりますが、次回もヨロです~

  2. ゆっき より:

    お疲れ様でした。
    序盤はずっと下位をうろちょろしてましたが、丁度小雨が降り出したときに最終コーナーだったので、下位にいて正解だったのかもしれませんw
    ここで一発逆転しないとタイトル争い的にもキツかったんで、とりあえずギャンブルしてみたんですが、ここまでうまくハマるとは思いませんでしたね。
    後半はスタンダードウェットでも温度がキツかったですが、濡れているところを走りながら温度上昇を防いでました。
    というわけでまたよろしくですー。

  3. KNIGHT より:

    ROC第4戦お疲れ様でした。凄いレース展開でしたねー!
    雨が降りはじめて1・2周くらいはドライタイヤでいけるのでは?と思って観てましたが、路面状況は一気にツルツルに変化したみたいで他の皆さんもPITに辿り着くまで大変そうでしたね。
    そんな中xanavi-yuukiさんは凄かったです!PIT INのタイミングやタイヤ選択等の判断力というか読みというか素晴らしかったですねー!
    SYORIさんが二回目のPIT INされる時、私は「何でPIT INするねん?抜かれるやん」と思いましたがバーストだったんですね。
    二回のPIT INにも拘らず4位という結果はさすが師匠!
    次戦からはウエイト軽くなるんでしたっけ?師匠の活躍に期待します!

  4. takkam より:

    お疲れさまでした
    レース中はモニターで皆さんの様子を見ていましたがホント大変なレースでしたね
    ポイント争いが熾烈になってきてますね
    活躍に期待してます
    今回はあっさりパスされて何も良い所が無くリタイアとなってしまいましたが次回もよろしくお願いします

  5. white tail より:

    お疲れ様でした。
    あの1コーナーではIN側に着ける余力はあったのですが前後関係からして危ないラインだと思いロジャさんの後ろに着いたのですが、それが反ってあのザマでした(ヽ'ω`)
    2周目に何度か仕掛けましたが華麗にブロックされて鼻血が止まりませんでしたw
    SYORIさんとはまだまともに絡んだことが無いので菅生ではどうかデートに付き合ってくださいませw

  6. Rodgers より:

    ROCおつでした
    自分はM/Mでは無くH/Hだったんですが…(;^ω^)
    NSXだと余裕?なM/Mですら3周すれば120度前後まで上がって選択肢から余裕で消えてましたよw
    完全にペース違って抑えるのに必死でした
    というか、後ろしか見てませんでしたw
    その後の雨降った辺りからはもう記憶にございません( ´_ゝ`)

  7. SYORI より:

    maxiさん、先日はお疲れ様でしたー。
    通り雨の判断ってホント難しいですね。私も今回はパラパラと降ってきたので、レース終了まで緩やかに濡れていくレベルなのかなって思ってたら当然あの状態だったのでビビりました;;。maxiさんもピットスルーでドライタイヤでしたか・・。レースがもっと長ければその判断も生きたかもしれないですね。確かにセパンらしい凄いドラマティックなレースでした。
    性能調整とテストでどうなるか分かりませんが、後半戦も宜しくです!

  8. やっくん より:

    RoCお疲れ様でした。
    私は最初の雨のSCの時にエクトリームウェットに履き替えたのですが発熱が酷くすぐにインターミディに履き替えたところ3位ゲットという結果でした。
    棚から牡丹餅とはまさにこのこと^^;
    今後もタナボタを狙ってまったり行きます(ちがw)

  9. SYORI より:

    ゆっきさんどうもです、優勝おめでした!
    あのピットインのタイミングとタイヤチョイスが完璧に決まりましたよね。この辺りは運もあるでしょうが、読みが完璧にあたって優勝となると嬉しさも別格かと思います。スタンダードウェットに変更だったんですねー。インターかと思ってました;;。エクストリームで出て数周でバーストして(笑)、即スタンダードに変更しましたが、それでもチェッカー直前まではかなりきつい状態でした。
    次戦は性能調整・テストとありますが、また宜しくです!

  10. SYORI より:

    KNIGHTさんどうもです。このレース、客観的に見てたらめっちゃ面白かったんじゃないですかね(笑)。走ってる方はホント必死でしたが(笑)。ヘヴィウェットになる前はドライでも問題なかったんですが、だんだんアクセルオン時にリアタイヤが激しくスライドしてたので、かなり気をつけて走ってましたが、後はご覧の通りで(笑)。ドライタイヤではほぼ走行不可能な感じでしたので、即ピットに向かいましたがタイヤチョイスミスでバースト・・。GTR2-XDという情報ツールで画面上にタイヤ情報を表示しているのですが、おかしいなと思って目をやると灰色(バーストorパンク)だったので終わったと思いました;;。
    4位は様々なタイヤチョイスをされていた方の状況で何とかその順位に入れたといった感じですので、実力云々よりもかなり運の部分が大きかったと思います。次戦からは-20kgずつウェイトが軽くなっていくはずです(確か)。師匠だなんてとんでもないのでオッサンで良いですよ(笑)。

  11. SYORI より:

    takkamさんどうもお疲れ様でした。
    大きなスピンをされたのはリプで確認しましたが、配信映像でどこかの縁石上?で引っかかってしまわれてリタイアされたのですか?どちらにしても残念でしたね・・。1コーナーはセパンのレイアウト上、アウト側から仕掛けていくのが有利だと思って一気にいかせてもらいました。その後はとんでもないレース展開となり、普段の倍は疲れましたけども(笑)。
    また次戦宜しくです!

  12. SYORI より:

    white tailさんお疲れ様でしたー。なるほど、あの時はラインを開けておられた訳ですねー。私はあの瞬間ちょうど良いラインが見えたみたいな感じで(笑)、即飛び込んでいった訳ですが、結果それが良い方向にいった感じでした。2周目に強烈なプレッシャーがありましたが何とか抑えられて良かったです。あの時は正直アドレナリン出まくりで超必死で走ってましたよ(笑)。
    菅生は得意なのか苦手なのかイマイチ良く分からないコースですが(笑)、結構テクニカルコースなので頑張ります。デートお付き合い出来る時は宜しくです(笑)。

  13. SYORI より:

    Rodgersさんどうもお疲れ様ですー。H/Hだったとはビックリです。Zはかなりタイヤに厳しい感じですね・・。S/Sは消耗的には耐えられそうでしたが、熱が大丈夫か?という懸念はありましたねー。ただ何となく行けそうな気がしたので思い切ってS/Sで行きました。それでコーナーであれだけの差があった訳ですね、納得です。今後の性能調整でどうなるかが楽しみですが、Zもその辺りがアップデートされて良い進化を遂げればいいんですけどね。ただRodgersさんプレッシャーに強いですので、後ろを走るのはホント厳しいですけど(笑)。
    次戦もまた宜しくです!

  14. SYORI より:

    やっくんレースお疲れ様でしたー。
    SC時のタイヤチョイスはエクストリームでしたか。私と同じですが、そこでこれはまずいとタイヤ交換を直ぐされたのが3位に入った要因でしょうねー。私はバーストするとは思いませんでしたので(笑)、そのまま何とか走り切りたかったのですが甘かったです;;。棚ボタというよりは状況を見切っての素晴らしい判断の賜物だったと思いますよー。
    次戦も宜しくです!

  15. 零式 より:

    今回もお疲れでした。
    あのスピンはほんとにもったいなかったですね;;
    予選はほんとに死んだ気で走って二番手をもぎ取って決勝もNSXを2連勝させる気満々でいたのですが・・・(;´・ω・`)
    前回は予選すら駄目だったので今回の結果は前向きに捕らえてますねー。
    それにしてもチャンピオンシップ的には歯車が噛み合わなくてヤバそうな感じです;;本当なら今回のセパン、開幕戦の英田と2位に入っていたはずが両方とも失格&リタイヤでふいになってますから;;
    菅生も苦手コースではないのでここで次こそ結果を残したいですね。
    次もNSX勢頑張りましょう。宜しくお願いしますm(_ _)m

  16. SYORI より:

    zerosikiさんどうもです。先日はお疲れ様でしたー。スピンのシーンは直接見ていませんでしたが、最終コーナーでコースオフされてる姿を見て、思わず声が出てしまいましたよ・・。今回予選から好調でしたので残念過ぎましたね;;。
    今シーズン4戦を終えて、非常にツキに見放された感じに思えます。速さは申し分ないのですし後は少しの運が見方さえしてくれたら好結果は直ぐに出てきそうな感じだと思いますので、頑張ってください!
    次戦、NSX勢同士の熱いバトルが出来るようお互い頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です