ヴェッテルの時代 - 2009年 F1 第15戦 日本GP

決勝日10万人ちょいという入場者数に少し寂しさを感じた今回の日本GP。上空カメラやレース中の映像からも、各スタンドに空きがチラホラ目立つ感じでしたが、2006年の鈴鹿(SAF1琢磨+ミハエル引退)の時と比べると流石に今年はホンダも居ない、日本人も一貴だけ、チャンピオンもほぼ決まりみたいな雰囲気もあって、なかなか入場者が伸びないのでしょうかね・・。
そんな中、ヴェッテルはPPを獲得し決勝も圧勝という結果に終わりました。今回見てて思ったのは、完全に次世代のチャンピオン候補になったなぁっていう印象でしょうか。表彰台に上がる時の喜びを全身で表す仕草が、ドイツ国歌というのも影響してるでしょうが、ミハエルを思い出して仕方が無かったです。本人はどう思ってるか分かりませんが、ドイツF1人気を完全にミハエルから引き継ぐ形になるんじゃないでしょうかね。ユーモアセンスも抜群ですし、日本人の私ですらそう思う感じです。
ブラウン勢は予選のペナルティもあり低調な結果と終わりました。コンストラクターズタイトルも次戦持ち越し、バトンのタイトルもブラジルGPで3位以内のチェッカーが条件と、だんだん行方が見えかけてきていますが、2007年も2008年も終盤にとんでもない結末を迎えていますので、まだまだ油断は禁物です。ブラジルGPは放送が毎回凄まじい遅さなので辛いのですが(笑)、絶対見逃せないレースになりそうですね。

ヴェッテルの時代 - 2009年 F1 第15戦 日本GP” に対して4件のコメントがあります。

  1. りょ より:

    > ミハエル
    あのダサいガッツポーズはそっくりですよね…
    今回初めて見てびっくりしました(笑
    > 放送時間
    忘れもしない、去年。
    途中で寝てしまって最高に面白いところを見逃したという_| ̄|○

  2. SYORI より:

    りょさんどうもです。表彰台に上がってジャンプしながらのガッツポーズはホントそっくりでした(笑)。まあダサいガッツポーズはハッキネンがNo.1だったと思いますが(笑)。去年のブラジルは絶対寝てはいけないレースでしたね;;。というか、最後はあまりにも興奮し過ぎて、その後眠れずに思わず即ブログ記事を投稿しましたよ(笑)。今みたら記事投稿時間「05:19:07」ってなってました(笑)。

  3. きんなん より:

    こんにちは、きんなんです。
    今回は日本GPというだけあって、それなりに面白いレースでした。やっぱり富士より鈴鹿が良いと思いました。
    今回はベッテル完勝、スーティルも結局スピンしましたが、それなりに存在感を見せてくれて私としては嬉しい展開のレースでした。
    次回はブラジルですね。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?
    とりあえず私はブラジルGPを2年連続で見逃しているので、今年こそ見逃さないようにせねばなりません(笑)。

  4. SYORI より:

    きんなんさんどうもです。
    やっぱり日本GPは鈴鹿ですよねー。富士も悪くは無かったですが初年度の惨状と、2年開催して儲からないから逃げたみたいな印象しか残ってませんので、私的にはかなりイメージが悪いです(笑)。
    今回はやっぱりヴェッテルに尽きますよね・・。マシンがマッチしていたとはいえ、全くの初コースであっという間にポール獲って勝ってしまうんですからね・・。速いドライバーはどんな条件下でも速いんだなぁと改めて思ったレースでした。
    ブラジルはかなり見どころが多いので、絶対に起きてみないといけませんね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です