C.1さんのリプレイ公開!

    8


本日C.1さんよりリプレイデータが届きました!早速アップさせていただきましたので皆さんじっくりご覧ください。なお、前回大会のマツダスピードアテンザでの筑波アタック優勝タイムもアップしておきます。



■MAZDASPEED ATENZA TIME TRIAL 優勝タイム 1'04.305 ドライバー:C.1さん
http://www.pushpushpush.net/movie/atenza/c1_tsukuba.wmv(WMV形式 8.3MB)

■GTFORCE Pro CHAMPIONSHIP2005 Spring 暫定トップタイム 7'19.726 ドライバー:C.1さん
http://www.pushpushpush.net/movie/logicool/c1_nur.wmv(WMV形式 55.7MB)

---------------------- 解 説 ----------------------

T1 最初のS字への進入が明らかに私よりスムースかつ高速です。またS字最後の左コーナーも脱出速度が私より速いです。このあたりが0.5秒も私が失っているポイントでしょう・・。

T2 シュヴェーデンクロイツでの速度の差が私と若干ありますが、それでも0.073秒差です。恐らくアーレムベルグでのコーナリング速度を見る限りでは、ここで若干取り戻されていると推測しますが私もここでは3速キープでシフト時のロスは取り戻しているはずなのですが殆ど差は無いですね・・。

T3 ここは数少ない私がマイナスタイムを出している地点です。フックスレーレ後の左ブラインドコーナーへの飛び込み速度は私が若干勝っていますが、その後のアーデナウアー=フォルストの走りが非常に安定かつコンパクトです。ここでT3 1'50.986が出ていますが、T1~T3まで高いレベルでまとめあげている事が良く分かります。私はここで50秒台は一度たりとも出したことがありません(最速が幻タイムの1'51.135);;

T4 まず最初のメッツゲスフェルトであの速度で曲がれるとは思ってもみませんでした・・。私より5km/h近くは速いです・・。さらに右→右→右と続くコーナーでも脱出速度だけでみても私より4~5km/hは速い感じです。しかしここのタイムは私がマイナスタイムなんです。もしかしたら私がヴェーアザイフェンで取り返しているのかもしれません。あの部分だけはちょっと自信がありましたので(笑)。

T5 エクスミューレ、ベルグヴェルグとも私が理想と思えるコーナーリングでどちらとも抜けられています。これがなかなか決まらないんですよ、肝心なところで(笑)。

T6 クロスタータルで1速落として走っておられます。コーナー速度も高く安定感がありますね。ここは私は5速のまま走っていたポイントですが、車速が落ちすぎてしまうと加速が鈍りますので安定度で言えば1速落として通過したほうが良いのかもしれませんね。しかしT6までは「T1を除いて」(笑)結構良い勝負なんですけどね・・。

T7 ここはまず、シュタイルシュトレッケでのライン取りで確実にタイム差が出ていると思われます。インよりのコンパクトなライン取りですので、オーバースピード気味にアウトに膨らんだ私が確実にロスしています。その後のホーアハエトでも確実に車速が乗った状態で脱出後加速されてますので、ここでまず私が0.5秒失った理由が何となく分かりました・・。

T8 ここも全体的に速かったです。特にエシュバッハからギャラリーコーナーの通過速度が速く、ここで私は大きくロスしている感じです。その他私のほうが速いと思えるコーナーは無かったように思えます(同じくらい?と思える部分はあるにせよ)。その結果、ここでも0.5秒失っています。

T9 ここは今までと一転、ほぼ0.1秒くらいのタイム差となっています。それにしても各コーナーとも本当に安定した走りです。それでいて速い(だから速いとも言えます)のですから・・。

T10 最大の差がついたこの区間、シュヴァルベンシュヴァンツ区間はやはり綺麗にまとめられています。脱出速度も申し分ないです。ミニカルッセルも3速かつコンパクトに回られていて良い感じで加速していってます。この後のガルゲンコップフが驚きでした。1個目はアクセルを抜いて回っていくまでは同じなのですが、それ以降なんと全開のまま2個目を回っています!あそこが全開でいけるとは夢にも思いませんでした(笑)。

T11 ここの差はガルゲンコップフ脱出速度の差、それとアントニウスブーヘのアプローチではないかと思います。一番右端から緩やかに曲がっていき出来るだけ加速の妨げにならないように大きなRで曲がられています。

FIN ホーエンライン区間での突っ込みで驚きました。ストレート後の最初の左は全開、その後の右に入った時点でフルブレーキング開始しているのですが、アクセルは全開のまま!!そして一旦ブレーキを戻し(まだこの時点でアクセル全開)ホーエンラインの飛び込み(左側からコースが合流?している区間辺りから)でようやくアクセルを戻してのフルブレーキング開始です。恐らくこれは車体が非常に不安定になる高速域からの初期ブレーキング時の挙動安定を狙った操作ではないかと思います。勿論アクセルオフのフルブレーキングよりも減速度は鈍いので、当然速度は普通より出るわけです。そしてホーエンラインでのアプローチ時はしっかり車体がインに向かって直進状態になったところからブレーキングが始まっていますので、当然マシンは安定するわけです。

------------------------------------------------------

今回このリプレイを見て思ったのは、タイムだけを見たときと同じく高い次元で全ての区間をまとめられていることですね。多少のミスがあったということですが、私にはミスらしいミスというものが分からないくらいのレベルです(笑)。一つのコーナーをより速い速度で抜けるということよりももっと難しいであろう、「ある一定の理想とするレベルで1周をまとめる」という部分において非常に高いレベルを発揮されていると言わざるを得ません。特に今回7分20秒という超ロングコースなのでそれが出来る・出来ないでは相当な差が生まれてしまうでしょう。

筑波に関しては私はコメント出来るようなタイムではなかったのですが(笑)、1コーナー・ヘアピン・ダンロップ・ヘアピン・最終コーナーと完璧です。特に第2ヘアピンのライン取りが印象的でした。あそこはRがきついので出来るだけワイドに走りたいのですが、飛び込み直前車体が半分外側に出ていて、そこからインに向かって入っていってます。1/1000単位で削っていったという話が思い出されるライン取りでした。