2006年 F1 第7戦 モナコGP

    2


今回の決勝は久しぶりに面白い内容でした。勿論モナコはオーバーテイクポイントが皆無と言っていいくらいありませんので、戦略的な部分とアクシデントがあるときに限られると思いましたが、上位陣のトラブルやSCでの順位変動、渋滞につかまって速いマシンも下位に沈んだ状況など、見所沢山で最後まで睡魔に襲われる事なく見続けました(笑)。


しかし今週末では大きな出来事がありましたね。予選での前代未聞のPP取り消しとなったミハエル。予選を生中継で見ていましたが私もこれはヤバいんじゃないの?と思いましたし、川井ちゃんも後から揉める事になりそうだと言ってましたが、まさかPP取り消しになるとは思いませんでしたね・・。予選後7時間にも及ぶ協議の結果との事ですが、こういうのは真相を知るのは本人だけと言う部分があるでしょうし、個人的には確証がないグレーな状況をクロに変えた今回の決定はかなり異例(色々な意味で)な決定だなって思いますが・・。
協議ではミハエルのテレメトリーデータも提出させられたようですが、情報ではセクター2時点では最速ラップより遅かった(ミスしていた)のに、何故ラスカスでミスをするような攻めの走りを?ということみたいです。また問題のストップしたラスカスコーナーでの進入速度等についても、本人は限界を攻めてミスしたと言っていたようですが、テレメトリー上ではその前の周と進入速度は変わってなかったそうです。だから協議では、あの周はセクター2時点で最速ラップより遅かったのにラスカスで限界を超える走りをするとは考えられない、しかもラスカスでは前周と進入速度も変わらないのに「あの時だけ」ミスをするとは考えにくい、すなわち故意にあの場所でマシンを止めたとしか考えようがない・・という結論になったようですね。

ミハエル本人は何を思っているんでしょうね。本人のみ真実を知る結果となりましたが・・。


さて今回はアロンソ以外に表彰台に立てる可能性があるドライバーが沢山いましたが、完走台数は多いもののかなりサバイバルレースを様相を呈していました。可哀想だったのはやはりウィリアムズのウェバーでしょう。自身2度目の表彰台を目の前にしてのリタイアは、その悔しさにステアリングを思い切り放り投げてしまった事からもわかります。あれはちゃんと着けてマシンを離れなければペナルティがあったように記憶しているのですが・・。
それにしても今回のウィリアムズマシンはBSとの組み合わせでかなり最強に近いパッケージングだったかもしれませんね。それだけにニコも渋滞につかまった挙句スロットルトラブルでクラッシュはホント勿体無かったと思います。
またトヨタのトゥルーリも今シーズンノーポイントだっただけに、表彰台のチャンスを逃したのは惜しいですね・・。勿論キミもマシントラブルで止まったのは残念だと思います。CSでも言ってましたがやはりクーリングの問題が多かったのかもしれません。渋滞でフレッシュエアもなかなか取り込めませんし、低速ギアが多いコースなので車速のわりにエンジン負荷は大きいので冷却に結構難があったマシンが多かったのかもしれません。

クルサードは2年半ぶりの表彰台だったという事で久しぶりに顔をゆっくりみれましたね。大分老けた気がしましたが(笑)、本人にとって今回の表彰台は大きかったでしょう。来年はあのニューウェイが完全設計するマシンをどうしても乗りたいでしょうし、チームに向けての大きなアピールになったことでしょう。

さてSAF1は今回良い走りを見せていましたが、琢磨はリタイアで終わりました。モンタニーは何とか完走を果たし自身初のF1完走となりました。フランス圏のモナコで完走できたのは本人にとっても嬉しい出来事だったでしょう。MF1をひたすら押さえ込んでましたからね(笑)。
しかしSAF1もかなり競争力が出てきたように思えますし(あくまで開幕戦から考えて。他のチームとは明らかな差がありますが)、フランスで出てくるSA06は3秒速くなると亜久里代表が言ってますので期待したいですね。まあ3秒速くなると、ルノー・フェラーリの次くらいに速くなってしまいますので(笑)まあそれはあくまで希望値であると思っておきましょう。