2006年 F1 第13戦 ハンガリーGP 君が代が遂に・・

    6


今非常に興奮した状態で書いてます(笑)。
遂に第三期HONDAが初勝利をあげました。同じくバトンにとっても113戦目の初優勝。見る人にとってはウェット状態の波乱のレースでしたので、棚ボタだと思う人もいるかもしれません。実際戦力的にはホンダの戦闘力はルノー・フェラーリ・マクラーレンには及んでいないと思います。しかし、今回アロンソに肉薄した後、ピットイン後のバトンのラップタイムはアロンソを遥かに凌駕したタイムでしたので、アロンソが不運なリタイアを演じたとしても十分に勝利に値する素晴らしい走りだったと思います。バトンは2005年の件があってあまり好きではないのですが、今回だけはそんなことを忘れて素直に祝福したいと思います。


レースは荒れに荒れた展開でしたので、ミハエルもアロンソがリタイアした後はどうしても2位を欲しかったのでウェットタイヤのまま走り続けましたが、結果論的には完全に裏目に出てしまいました。デラロサに抜かれ、ハイドフェルドとのバトルでテレビには映っていませんでしたが、恐らく接触して足回りを痛めたのでしょう。ステアリングが効かない状態でピットに入るシーンは本当に最悪の状況でした。ドライに変えたマッサがミハエルより6秒くらい速いタイムで走っていたのですから・・。しかしこれもレースなんでしょうね。これでアロンソとのポイント差は11のまま、アロンソは本当に運が良かったとしかいいようがないです。

※クビサ(プレスリリースで「クビサ」と読んで欲しいと発表したそうです(笑))が重量違反失格の為、ミハエルはポイント1を加算し、差は10となりました。

表彰台でバトンの為のイギリス国歌が流れた後、ホンダのための「君が代」が遂に流れました。恥ずかしながらこの国歌が流れているときに、涙が出て止まりませんでした・・;;。今宮さんも実況の声が完全に涙声でした・・。
中嶋悟の時代に淡くも思い続けた君が代、片山右京の時代にもしかしたら聞けるかも?と少し思った君が代、佐藤琢磨の2004年BAR時代にかなり現実になりそうで聞けなかった君が代・・。まさか2006年に聞けるとは夢にも思いませんでした。これがレースなんだなって実感です。

君が代を聞いたことの無い(若しくは覚えてない)観客・関係者が殆どだったのかもしれませんが、曲が終わっても誰も拍手もない時間が少し流れました(笑)。どこで終わる曲なのか殆どの方が知らなかったのでしょう(笑)

※↑はフジ地上波を見られた方は不思議に思うでしょうが、生放送では明らかに数秒の「間」がありました(笑)。フジ地上波も勢いで見ましたが、「間」が無いように上手く編集されてましたよ(笑)。