スーパーアグリF1撤退

    18



GW期間中に最悪のニュースが流れてきました・・。昨日に5/6(祝)16:00から緊急記者会見を行うというニュースを見た時点である程度覚悟はしていましたが、こうやって改めて正式に発表されると何とも言いようの無い気分になりますね・・。
2006年シーズンに琢磨・井出のペアで始まったSAF1チームですが、去年中盤くらいにSSユナイテッドとの契約不履行が大きく響いたような気がします。その後は慢性的な財政難に陥って、開発どころじゃありませんでしたから・・。そんな中、スペイン・カナダで獲得したチャンピオンシップポイントは素晴らしかったですし、特にカナダでのアロンソをオーバーテイクしたシーンは忘れられないシーンとなっています。今年に入って提携を詰めていたマグマ・グループとの契約が上手くいかなかったのが結局今回の撤退の大きなターニングポイントとなったっぽいですが、シーズン中の撤退というのは色々な面でマイナスな部分が数多くあります(確か参戦委託金も返ってこないような)。それでもこうせざるを得なかったのは、時間的猶予も含めてもうどうしようもなかったのでしょう。

今後に関して、琢磨・デヴィッドソン両ドライバーの処遇は今後ホンダと煮詰めていくということですので、何らかの動きが今後見られるかと思いますが、まず何よりも鈴木代表には本当にお疲れ様といいたいです。彼がF1参戦を「本当に心から望んで」いたかは本人しか分からないでしょう。しかし激動の波に飲まれながら今まで必死に舵を取ってきた彼の頑張りには、心から敬意を表したいです。