2008年 F1 第6戦 モナコGP

    6



まず始めに、今回のハイライトはやはりスーティルだったんじゃないでしょうか。フォースインディアを駆り、終盤4番手まで上昇していた事実は、彼の並々ならぬポテンシャルを改めて見せ付けられた感じです。それにしても今回のレースは勿体無いという言葉では片付けられないくらい惜しい事になりました・・。
最後のSC中のピット無線交信でも「前にマッサ、後ろにライコネン」という内容の会話が放送で流れていましたし、スーティル自身も燃えに燃えてたんじゃないでしょうか。もし何かあれば表彰台ですし、何も無かったとしても4位という最高の成績だっただけに、ライコネンがヌーベルシケイン進入でバランスを崩した時は「当たらないでくれ!!!」と思わず声が出てしまいました;;。しかし結果は接触。ダメージは無さそうな感じでしたがピットインの表示がラップタイムモニターに表示された時は本当に気の毒だと思いましたし、ダメだと分かった時のピットマン達やドライバーの落胆振りもそうですが、マシンを降りた後のピット内で涙を流してうずくまっていたスーティルを見て、可哀想という言葉しか出てきませんでしたね・・・。

昨年のモナコGPでのFP3で最後の最後でトップタイムを出したスーティルでしたが、あれがフロックではないという事の証明にもなったんじゃないでしょうか。特に今年のシーズンオフはマクラーレンからのオファーもありましたし、契約上の問題でマクラーレン移籍を果たす事が残念ながら出来ませんでしたが、彼の将来は物凄く明るい未来が待っている、と確信したレースでした。



予選・決勝とウェットレースとなった今年のモナコGP。しかし物凄いレースでしたね・・。特に今年は電子デバイス系が廃止され、ウェットレース(特にモナコ)になるとかなり危険だとドライバー達がかなりコメントしていたので、どうなる事かと思っていました。勿論アクシデントは多かったですが、それでもレースを走りきってしまう辺り本当にこの人達は凄まじいな・・と思ってしまいます。

下馬評で強いだろうと予想されていたマクラーレン。予選ではフェラーリにフロントロー独占されてしまいましたが、フェラーリ実は燃料が少なかったという事実をCSで解説してましたので、実際はマクラーレンが優位だったことは間違いなさそうですね。ハミルトンは遂にモナコで初優勝。ミスしてタイヤバーストした時は終わったと思いましたが、運は見放さなかったようですね。それに引き換えコバライネンは本当に残念。ステアリング交換を行ってスタートを切れたようですが、今回十分に優勝候補だったと思いますし、ハミルトンのミスなど考えてもかなり勝機はあったんじゃないでしょうか・・。次戦に期待ですね。

フェラーリ勢は、マッサのPPも雨に翻弄され戦略ミスや自身のミスも響いて3位。しかしポイントランキングはトップと4点差ですので、全体を考えても悪い結果ではなかったような気がします。ライコネンに関してはあのスーティルとのアクシデントでポイントも逃してしまう最悪の結果に。まあでもフォースインディアの気持ちを考えると、この結果は仕方ないかなとも思いますが・・。ただあの接触直前のコントロールは本当に凄かったですね。ああいうのを見ると、F1ドライバーという者、ましてやチャンピオンは凄いな、と思ってしまいます。

日本勢では、トヨタはこの波乱のレースを生かす事が出来ませんでしたが、ホンダに関してはバリチェロがようやくポイント獲得。この辺りはベテランの経験が生きたのでしょうか。コンストラクター争いではフォースインディアを除いて最下位のホンダですが、シーズン中盤から後半にかけて巻き返しに期待です。
中嶋一貴はここモナコで入賞と素晴らしいレースでした。ピットで大幅にタイムロスしてましたが、自身には殆どミスは無かったんじゃないでしょうか。父の悟氏が苦手としていたモナコでポイントを獲得という事でしたが、レース中には一時ファステストラップを出したりと、何だか雨の中嶋を思い出しましたね(笑)。それにしてもミス無く走りきったのは素晴らしいと思いました。ロズベルグは酷いクラッシュで戦線離脱していただけに、チームにとっても貴重なポイントだったと思います。

次戦はカナダGP。アメリカGPが無くなって北米ラウンドはこの1戦だけですが、また眠い目を擦って観戦するレースの時期がやってきましたね(笑)。