2008年 F1 第11戦 ハンガリーGP

    8



ハンガリーGPはオーバーテイクが少なく、尚且つ完走率も高いコースなので退屈なレースになるだろうな・・と思ってましたが、意外な展開が待ってましたね・・。
グリッド的にもPP有利のこのコース、ハミルトンが圧勝かと思ってましたがマッサの素晴らしいスタートに思わず声を出してしまいました。アウト側から回り込んでハミルトンをオーバーテイクしたシーンは、マッサを見る目が少し変わった気がします(笑)。その後もハミルトンとのギャップを広げ、中盤のハミルトンの左フロントのパンクもあり、マッサ自身ミスらしいミスも無く圧勝と思えました。それが残り3周でエンジンブローですからね。レースは本当に最後まで分からないものです。優勝は何時か来るだろうと思っていたコバライネンが遂に初優勝。チェッカー後にロン・デニスから無線で「優勝クラブへようこそ」と言われてたみたいですが(笑)、GPウィナーになったという事は、どういう展開であったにせよコバライネンの大きなターニングポイントになるレースとなる事でしょう。2番手は成長著しいグロックが今季2度目のトヨタ表彰台に導きました。前戦で激しいクラッシュに遭い心配された今レースですが、本当に力強いレースでした。GP2時代にポールを取っていたコースとの事なので、かなり得意なのかもしれませんね。上位陣の脱落もありましたがレースペース的にも実力でもぎ取った2位と言っていいでしょう。3位はライコネンが入ってポイントランキング2位に浮上。予選順位を上げればもう少しコンスタントに上位が狙えるとは思うのですが、レースペースが良いだけに毎回勿体無いなあと思います。


それにしても初優勝シーンを見るのは何時も良いものですね。ウィニングランのときは意外と冷静だなって感じましたが、パルクフェルメに到着してからは初優勝者らしいガッツポーズでした(笑)。表彰台裏でライコネンと握手してた時が印象的でした。やはり同郷という事でライコネンも若干笑顔を見せてましたし、表彰台でもフィンランド国歌を聞いているときには、今までライコネンの為に鳴ってたのを聞いてたことかと思いますが、今回は自分の為に鳴っていた訳ですし、感慨深かっただろうなーと思いながら見てました。
ハミルトンに関しては何が問題だったんでしょうね。特にクラッシュも無かったですから破片が影響したとも考えにくいですし、やはり負担の大きい左フロントにハミルトン特有のドライビング負担が大きかったのかもしれませんね。去年もそういう事があったみたいですし。でもポイントランキングではトップを死守してますし、マッサのリタイアに本当に助けられたかもしれません。

そのマッサも今回優勝していればポイントランキングトップに立っていたはずですし、夏休み期間に入る前の最高の週末になっていただけに本当に勿体無かったですし可哀想でした・・。フェラーリは伝統的にシーズン終盤に向けてポイント上位のドライバーをNo.1扱いにする傾向があるので、このレースを取っていればマッサにとってシーズンそのものの行方が大きく自分に傾く事になっていたかもしれませんしね・・。私個人的にはまだ7レース残っているものの、このレースがマッサの今シーズンの悪い意味でのターニングポイントとなってしまったような気がしてなりません。何とか挽回して最終戦ブラジルGPを地元でのチャンプ争いレースにしてもらいたいと思ってはいるのですが・・・。
そう考えるとライコネンがこの抜きにくいコースで予選が悪かったにも関わらず3位になったという事が、チャンプを取ったことのあるドライバーとの運命的な差なのかなって思わずにいられないです。

日本勢ではやはりトヨタの活躍は特筆すべき部分でしょう。シーズン中盤から尻上がりに調子を上げてきていますし、ここ最近はトゥルーリよりもグロックの方が好調な感じです。シーズン序盤は全くダメな感じに思いましたがようやくGP2チャンプとしてのポテンシャルを出してきたような感じです。ヴェッテルといいグロックといい、ミハエルの後継者たるドライバーが育っているというのはドイツにとっても良い事ですね。シーズン後半、展開次第では君が代を聞かせてくれるのでは?という気持ちにさえさせてくれますね。
ホンダは相変わらずと言った感じなので割愛(笑)。中嶋も今回厳しいレースでしたね。このコースに全く合っていないウィリアムズでしたので1ピット作戦で13位まで上げられたのは上出来と言うしかないでしょう。

それにしても今回給油時の火災が多かったですよね・・。これは一体何だったんでしょうか。ブルデーにいたっては2度も火災発生し、バイザーが消化液で見えなくなって再度ピットインして拭いてもらったそうですし。熱による金属膨張等でもあったんでしょうかね・・。それにしても不自然な光景でした。
また今レースからシャークフィンのエンジンカバーをつけるチームが激増してますね。唯一ザウバーBMWとマクラーレンが付けていませんが、この2チームは元々エンジンカバーのデザインが若干後部寄りに伸びたような形状をしていますよね。なのでシャークフィンに近い効果を以前から既に出しているんじゃないかなって思うんです。マクラーレンもテストで使ったそうですがあまり効果が無いとの事らしいので・・。その代わりダンボの耳をつけてきてましたが(笑)。あれって効果あるんですかね。まあ効果があるから付けてるんでしょうが、見た目は本当にイマイチですね;;。

さあ夏休み期間が終わってからは、いよいよ初コースですね。バレンシア市街地コースと言う事ですが、市街地だけにコーナー数は25もあるらしいですが、平均時速が200km/hオーバーというハイスピードレイアウトになっているようで、コース幅も広くかなり面白そうなレースになりそうです。ただ市街地コースにこの平均時速(最高速は300km/hオーバーらしい)というのは少々危険な気もしますが・・。