2008年 F1 第13戦 ベルギーGP

    12



いやー、今回は凄かったですね。レース中盤から後半くらいは退屈すぎて気が付いたら転寝してたような感じでしたが、レース途中の「20分後に雨」という情報が殆どピタリと当たったのはビックリでした。あの情報ってかなりハズしてる時が多かったですよね?(笑)。
スパは私もゲーム内でよく走るコースなので結構分かるつもりなのですが(笑)、雨が降って路面が濡れるとホント怖いです。その中、優勝をかけて限界越えのバトルを見せてくれた2台は素晴らしかったです。久々に体が熱くなるような感じでしたが、やっぱり優勝したハミルトンはペナルティでしたか;;。CSでも川井ちゃんがヤバいんじゃないの?って感じで言ってましたけど、レース終了後暫く経ってから画面上にハミルトンとライコネンのバトルが審議対象となっている旨メッセージが出ていたので、直ぐにタイミングモニターでタイムギャップを調べたら25秒ペナ(レース後のペナは概ね25秒加算なので)で3位に落ちる事が分かったので、シーズン後半でありチャンピオンシップを面白くする為にもこれは十二分にありえるなー、と。その後は情報を求めて1時くらいから地上波まで見てしまいましたから(笑)。そこでやっぱりペナルティ確定の情報が。
マクラーレンは上訴する事を決定したそうで、現状のマッサ優勝も再度暫定となり、最終結果は国際控訴裁判所の審判を待つ事となりました。でもこれは抗議した方がいいでしょう(決定は恐らく覆らないでしょうが)。



私個人的にはレース後の審議というのは好ましくないと思います・・。それは関係者にとってもそうだし観ている者にとってもそうです。そもそもショートカットで順位を上げたら「元の順位に」戻らないとペナ、というのは明文化されてる訳ですから、それは今回ちゃんと守ってる訳ですからね。ただその後の追い抜きが「速過ぎた」(明文化されてない曖昧な部分)というスチュワード側の判断で決まってしまった訳ですから・・。これでペナルティだったら、90年代前半(何年だったか失念)のホッケンハイムでセナに迫るあまり何度もシケインショートカットしていたマンセルはどうなるんだと思ってしまいますが(笑)。 まあ、ポイント上は非常に面白い事になってきましたけど、どうもシーズン終盤でこういう事が起きると「操作されてるなぁ」という印象が拭えません。今回は間違いなくハミルトンが勝者に値する走りだったと思います・・・。
あの場面に関しても、ライコネンが完全にドアを閉めてる訳ですし、行き場のなくなったハミルトンはああするしかなかったでしょう。フィニッシュライン手前で後ろに下がり再度オーバーテイクした訳ですが、元々ショートカットする前と後で得になるような事があってはならないという事なので、カット前後のギャップだけを見ても完全に合法?だったと思います。

でも国際控訴裁判所が結果を覆したとしても後味が悪いのは変わりませんけどね。まあシーズンを面白くする為に、FIAの息が掛かった(というかFIAの組織内ですが(笑))国際控訴裁判所が逆転判決を下すとは到底思えませんがどうでしょうね(笑)。

それにしてもライコネン。完全に今シーズンは脱落したといってもいいんじゃないでしょうか。チャンプ経験者としてあそこで8ポイントを取るという事を考えるのでは?と思ったのですが、やはりどうしても勝ちたかったんでしょうね。そこまでさせる何かがあったのかもしれません。既にマッサが優位になればシーズン終盤はサポートもありえると発言しているようですが、ここで優勝していれば(結果的に2位だったとしても)まだまだどうなるか分からなかったですし、少なくともマッサとのポイント差は詰まる訳ですから、フェラーリ陣営としてもどちらかをチャンプ争いの本命としてはまだ決められなかったでしょう。
でも今回の結果でマッサに大きく差を開けられ、しかもペナルティの恩恵で本来8ポイントだったハミルトンとの差が2ポイント差になった訳ですからね。今週末のモンツァはマッサがフェラーリのNo.1として走る姿を見ることに恐らくなりそうです。

レースでの見所といえばやはりハイドフェルドでしょうか。3~6位のマシンより最終ラップで20秒くらい速かったので、ファイナルラップで7位から3位まで上がったのは近年では見たことのないジャンプアップだったんじゃないでしょうか。残り周回数を考えてもピットさせるのは勇気ある決断だと思いますが、ドライバーが自ら入っていったっぽいので、この辺りは流石の判断だなと思いました。BMWにしてもハイドフェルドの将来を未だ決めていない状況なので、ここぞという時のアピール力というか底力というのはブルデーもそうですが凄いなと改めて思います(笑)。

そのブルデーですが、トロ・ロッソにW入賞(Wセバスチャン入賞ですね(笑))を果たし、大きく来季に向けてアピールしたんじゃないでしょうか。残り1~2周には一時3位と出ていましたから、大きく順位を下げたのかもしれませんが・・・。
それにしてもこのトロ・ロッソ/レッドブルは話題沸騰ですね。昨日の今宮さんもチラっと言ってましたが、もしかしてもしかすると今季中のドライバー移動という事が起こりえるかもしれないと。クルサードが今季終了を待たずに引退、空いたレッドブルのシートにヴェッテルが座り、トロ・ロッソのマシンにもしかしたら琢磨が・・というシナリオが起こりえるかもしれないですよねー。

全ては18日のテスト次第といったところでしょうが、予想通り噂になっているホンダエンジン持込のことも含めて、どう考えても琢磨の方がレッドブルグループ全体にとっても良い影響を及ぼす訳ですからね。エンジン開発凍結をマジメに守ったルノーエンジンの劣勢振りは明らかですし、そのエンジンを使っているレッドブル本家は面白くないでしょう。トロ・ロッソがフェラーリエンジンをレッドブルに契約譲渡すればレッドブルはメリットがありますし、トロ・ロッソにしてみれば高額なエンジン代金が無くなりホンダエンジンを持ち込んでくれる(であろう)琢磨は自身の経験も含めチームにとって大きなメリットとなるでしょう。
ベルガーにしてもホンダを持ち込んでくれるならって言う思いは絶対あるでしょうが、ホンダ側はエンジンの機密事項等が本家レッドブル(フェラーリエンジンになったとして)を通じてフェラーリに漏洩するのを嫌っているという情報もありますし、琢磨がトロ・ロッソに行くためにはこういった部分がクリアにならなければいけないんだろうなと思っています。でもビッグサプライズを期待せずにはいられませんね。今年乗れたら最高ですけど、そこまで贅沢は求めません(笑)。シート決定してくれれば最高なんですけどねー。